FC2ブログ
  • 娘を釣女にしたくって
    「あの娘を釣女(ちょうじょ)にしたくって・・」と自動車ショー歌の替え歌を脳内で歌いながら、娘(と妻)を連れて、河口へハゼ釣りに行ってきました。今年まだ2度目の釣りなので、ジャガジャガ釣れてもフォドフォドにはできそうにありません。【驚きのハゼング】釣具屋に寄ってハゼの仕掛けを調達しようとしたら、ハゼコーナーにクランクベイトがズラリ。なんとルアーでハゼを釣る「ハゼング」が流行りつつあるのだとか。黒潮に... 続きを読む
  • マグサーボ。憧れの名機と近所の川へ。
    近所の釣具屋(兼おもちゃ屋)のガラスケースの中で、光り輝いていた黒にオレンジのリール。大きい方が16,000円で小さい方が15,000円。それがマグサーボでした。1982年のダイワ精工カタログでは、4・5ページ目に見開きでマグサーボの写真が掲載され、8ページを使ってマグサーボ・システムの革新性が説明されています。「リール新時代。技術革新はダイワから始まる。」「20,000RPMから静止までを連続制御。異次元を感じるフ... 続きを読む
  • 帰ってくる前の「暴君ハバネロ」
    帰ってきたウルトラマンが初代ウルトラマンとは別人であったのと同様、暴君ハバネロも「帰ってきて」からは、すっかり大人しくなって(つまり、あまり辛くない)しまったとの噂です。そんなこともあろうかと押入れで有菌多湿常温保管しておいた(つまり放置)、当時モノの「暴君ハバネロ」。10年2か月ほど賞味期限を超過した、熟成のヴィンテージスナック。当時あまりのデザインの秀逸さに、「これは後世に遺さねばならぬ」とコ... 続きを読む
  • カンペン落とし、断固拒否
    大昔、クラス中が共謀して、ブリキ製の筆箱(カンペンケース)を一斉に机から落下させ、教員を狼狽せしめよう、という馬鹿げた企てが流行ったことがあります。カンペンケースはへこむだろうし、シャーペンの芯は折れるだろうし、何一つメリットを享受することができない遊びゆえ、参加したことはないのですが・・。こんな愚かなことをしていたのは、自分のクラスだけだったろうと思ってググってみると、なんと80年代の流行遊戯?... 続きを読む
  • 時には、つま先の裏の奥までお手入れを。
    10年、20年磨き込み、履きこんだ革靴は、えも言われぬ美しさと履き心地をもたらす・・・と信じ続けてはや16年。上の言葉は真実でもあり、真実でない場合もあると自分なりに結論を出したのはいいのですが、ここへきて新たな疑問が湧きあがってきました。それは、「10年履いた靴は、非衛生的か?」というものです。一日履いた靴下より三日履いた靴下のほうが非衛生的なのは明らか。だとすれば、10年履いた靴は、ひょっとし... 続きを読む
  • どこかで聞いた名前
    先日購入した米国シェーファーの55年くらい前の万年筆、PFM。PFMは、PEN FOR MENの略だそうです。どこかで聞いた名前だなぁ・・と、思っていたのですが、そういえば15年くらい前に購入して一度聞いただけ(通しては聞いていないかも)のCDのアーティストが、イタリアのプログレグループ、PFMだったのでした。こちらのPFMは、PREMIATA FORNERIA MARCONIの略なのだそうです。共通点は・... 続きを読む
  • ミクロイドSと小公女セーラ
    娘が「パソコンで妖怪ウォッチを見たい(GYAOストア)」というので、甘やかしてはいけないと思い却下するも、執拗な反撃に根負けしそうになり、折衷案として別のアニメ(無料)を見せようと思い至りました。私が最初に選んだのは、手塚治虫原作の「ミクロイドS」。人類を滅ぼそうとするギドロンによる昆虫たちの襲撃の恐怖。それに完全と立ち向かう3人のミクロイド。果たして、人類には地球の統治者たる資格があるのか・・?「こ... 続きを読む
  • 我が家の三大ギミック番長
    当時の先端技術(と発想)を惜しみなく注ぎ込んだであろう、我が家のギミック番長たちです。私の、と書かないのは、右端のARJONはお預かりしているだけだから・・(ああ、投げてみたい!)。左の時計は、ヴァルカンのクリケットという製品で、機械式(手巻き)ながらアラームが付いています。たまに職場に付けていくのですが、アラームのゼンマイが微妙に残っていて、勤務中にジジジ・・と鳴ってしまうとかなり恥ずかしいです。ス... 続きを読む

カテゴリ

検索フォーム

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
239位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
服飾
3位
サブジャンルランキングを見る>>