FC2ブログ

初めてのキャスティング成功。リョービCX-1

釣りはフナに始まり・・と言いますが、私が最初に釣った魚もフナでした。

最初は延べ竿を使っていましたが、近所の子供たちの間では吸い込み仕掛けを使った投げ釣りが流行っていたため、すぐに私も投げ釣りへ転向することにしたのであります。

しかしながら、財力不足ゆえまっとうなタックルを揃えることなど到底叶わず、釣り具屋さんの入り口近くで投げ売りされていた「投げ釣りセット」を購入し、キャスティングに挑むことになったのです。

1970年代の終わり頃にそこらじゅうで売られていた投げ釣りセット。グレーと黒の小さな小さな”スピニングリール”が付いていました。巻くとカリカリカリ・・と大きな音が鳴り、肝心の投げる方はというと・・。

とても初心者が使いこなせる代物ではありませんでした。

何度も何度も真下に叩きつけてしまい、周囲の釣り人からは白い目で見られたり、嘲笑されたり・・。

仕方ないので、周囲のベテランに「すみません、これ、投げてくれませんか?」とお願いしてキャストしてもらう日々。

「僕にはキャスティング、無理なんだ」と随分落ち込んだものです。

そして、翌年のお年玉で少しだけいいリールを購入し、原っぱで一人キャスティングの練習をすることにしたのです。

そうしたら・・。

何のトラブルもなく、スルスルとオモリが遠方へ飛んでいくではありませんか。

嬉しくて嬉しくて何度も原っぱでキャスティングを繰り返し、野池では数えきれないほどのフナを釣り上げました。



そのときのリールが、このリョービCX-1。確か1,500円程度で売られていたと記憶しています。

前述の「投げ釣りセット」は、竿とリールのセットでもこれより安価でしたから、私にとってはかなり思い切った買い物だったのですが、期待を遥かに上回る働きを見せてくれました。

2年くらいでストッパーが作動しなくなったため廃棄していまいましたが、ネットオークションで500円で売られているのを見かけて引き取ってまいりました。

フナに始まった私の釣りが、もしフナで終わるのであれば、そのときは再びこのCX-1に活躍してもらおうと思います。その日に備えて、まずはOHをしなければなりません。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメント(4)
No title
私も同じような投げ釣りセットが最初のリール竿でした。もちろんカリカリ言うリールです。リョービ、少年たちの味方でしたよね。赤い3000円くらいのパックロッドには本当にお世話になりましたよ。

tei-g

2017/03/25 14:44 URL 編集返信
No title
> tei-gさん
投げ釣りセットのリールでもキャストできてこそ本物の釣り師だと思いますが、初心者用としてはちょっと取り扱いが難しかったと思います。

リョービのほかダイワやシマノも売っていたはずですが、このモデルが一番安かったのだと思います。まさに少年の味方ですね。

カッタウェイ

2017/03/25 14:58 URL 編集返信
No title
僕が初めてルアーのキャスティングで使ったのは、ストロング釣具社のクローズドフェイスとロッドのセットでした。
ロッドがチャンピオングリップに似せたデザインだったので、本で見比べて、ひょっとしてこれはスーパーストライカーかも?と、今思うとあまりにバカな妄想をしていた情けない記憶があります(笑)

husky59

2017/03/26 11:13 URL 編集返信
No title
> husky59さん
クローズドフェイスリール、野池の吸い込み釣りで使っていた上級生がいて、「なんて恰好良い道具なんだ」と羨望の眼差しで見つめていたのを思い出します。ピストル型のグリップの呪縛から未だに逃れられないのはこのときの呪いかと・・。

子供時代、手持ちの道具を見て「ひょっとしてこれは・・」と妄想してしまうこと、ありますよね。

カッタウェイ

2017/03/26 12:13 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

カテゴリ

検索フォーム

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
195位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
服飾
3位
サブジャンルランキングを見る>>