FC2ブログ

コーディングスのカバート・コート海外通販記


英国服に憧れながら、英語への拒否反応はなかなか治らないままです。

でもオンライン・ショッピングが急速に発達した現在、英語などほとんど分からずとも、ホームページの注文フォームを埋めていくだけで簡単に英国から通販ができてしまいます。電脳万歳。

小さな老舗洋服店だと思っていても、バックに巨大資本がついていたりすることが少なくない現在、下にも置かないおもてなし(通販なのに)をしてくれるお店もあったりします(その代わり、割高)

巨大資本がついていない場合は、小さなお店が海外通販に対応してくれている(ありがたや~)、と考えたほうがいいのかもしれません。発送の無断延期、問い合わせても返事なし、くらいは当たり前です。これくらいで怒ってはいけません。巨大資本が入って高額になったり、老舗なのに今風にアレンジされてしまったり、総代理店ができて名前ばかりのライセンス製品を買わされたり、海外通販を取りやめたりされては大変です。こちらも誠実かつ気長な対応をしなければなりません。

創業166年の老舗カントリーウェア屋さん、コーディングスもそんなお店の一つです。経営者は、現在なんとあのエリック・クラプトンだとか(知らなかった)。コーディングスは世界に1件しかお店がなく、ロンドンのピカデリーに行かなければ直接買うことはできません。

お店のホームページはこちらです。更新されたのは記憶にありません・・・。
http://www.cordings.co.uk/

カタログを取り寄せられることになっていますが、近年、全く送付してくれなくなったらしく、私も「カタログ作ったら送るよ!」メールだけいただいてはや幾年・・これはカタログだけ取り寄せて、何も注文しない人が多くてこうなったのでしょうか?そういう事例は少なくないようです。(逆に、一回でも何か買うと、いつまでもいつまでも豪華カタログを送ってくれるお店もあります。欲しいものがずっと載っていないと、申し訳なくていたたまれなくなるくらい)

また、コーディングスは確かメールアドレスも掲載されていなかったので、電話で見積りを取る能力が全くない私は、ファックスでコンタクトを取るしかありません。

Dear Sirs,・・・カタログに載ってるカバート・コートが欲しいんですけど、送料と合わせていくらになりましょうか・・カード払いでもよいですか?よろしくお願いします・・というようなことを事例集と辞書を引きながら完成させ、ファックスファックス・・

電話がかかってくると大恥をかくので、ファックス番号とメアドしか乗せず・・本当はファックスと電話と同じ番号なのですけど。

数日後、コーディングスから返事が来ます。
「今在庫がないよ!2週間たったら入る。430ポンドと送料が35ポンド、住所とカード番号を教えて」

早速、注文書を作成します。間違いがあるといけないので、カタログの写真も添えて、ファックスで。(メールでカード番号を送るのはメチャメチャ危険なのは言うまでもありません。ファックスでも怖いけど)

待ちます・・もちろん2週間を超えても当分待ちます・・でも何もリアクションがない。

「あの~、コート、いつくらいになりそうでしょうか・・」とメール。
「カード番号送ってくれないと送れないよ!」
「え~と、○月○日に注文書をファックスしたんですけど、確認していただけないでしょうか?」
送信記録は良好になってるのだけど・・
「すごく探したけどない!もういっぺん送って!!」
「はーい、さっき再ファックスしましたので確認して下さい」二着送られてきたらどうしよう(不安)
「届いた!送った!また欲しいものあったら問い合わせてね!」

1週間後、宅配のDHLからファックス
「これって別送品ですか?もしそうなら旅行時のパスポートコピーして送って下さい。」
「違います。通販したんです(この時点で関税ヒット確実です。)」

さらに数日後、宅配便屋さんが巨大なダンボールを届けてくれました。関税と通関手数料等を立て替えているはずです。お金を払おうと財布を取りに戻ろうとすると・・
「じゃ、よろしく!」と帰ってしまう。「あれ?税金払わなくていいの?やったー」

小躍りしながらダンボールを開封します。はさみが見つからないのでカッターを入れると・・シュッパー!!中には何も緩衝材が入っていませんで(新聞も詰めてない・・いきなりビニール袋にコートが詰め込んであるだけ)あやうくコートの襟を切り裂くところでした。あ、あせった~ふぅ・・・

それで届いたのが、このコートです。せっかく苦労して手に入れたのに、唯一新しいコートに気がついてくれた方からは、「ホテルのドアボーイみたい」と一言。・・いいのです。縫製もヨレヨレだし動きにくいけど、気に入っているのです。

いい買い物だった・・・めでたしめでたし。


ところが数週間後、DHLからお手紙が。今さらなんだろう??

「イギリスから通販したでしょ!立替納税手数料と消費税の立替金と関税の立て替え金を一ヶ月以内に支払ってね!口座はここ、振り込み手数料はそっちもちね、よろしく!」

はい・・喜んで(ぬか喜びは酷だぜ・・)

幸いにも、二重注文にはなっていなかったようで、同じコートは送られてきませんでした。今のところ。

スポンサーサイト



コメント

コメント(2)
No title
海外通販なんて大変そう、と思っていたら想像以上に大変ですね。発送が予定日をずっと過ぎても届かない、返事がないなんてことになったら私だったらパニクりそう。

chargeup2003

2005/09/03 11:06 URL 編集返信
No title
chargeupさん、ネットの普及で海外通販も随分便利になったようですが、やはり日本の大手のようなきめ細かい対応は期待できないことが多いです。多少の行き違いは海外通販の醍醐味・・と思いたい。

カッタウェイ

2005/09/03 14:46 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

カテゴリ

検索フォーム

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
480位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
服飾
5位
サブジャンルランキングを見る>>