FC2ブログ

流行を「泥棒」と言わせないために

シェイクスピアは「空騒ぎ」で登場人物に「流行ほど厭らしい泥棒はあるまいが」と言わせていますし、正岡子規は「病床六尺」で「流行を追うは愚の極なり。」と断じています。

それでは、そもそも洋服において、「流行」とは一体何か?と考えてみるに・・。

私の勝手な定義ですが、「特定の装い、すなわちアイテム、色、シェイプやバランス、あるいは組み合わせ方などへの人気と需要が急激かつ一時的に高まる現象」・・のようなものではないでしょうか。

この「一時的に」というところが、泥棒とか愚の極とか言われてしまう所以でありましょう。

つまり、その一時が過ぎ去ってしまうと、人気も需要も中長期的に落ち込んでしまうという強烈な副作用を伴いがちなのが問題だと思うのです。

それでも、その「人気と需要が一時的に高まる現象」が、社会情勢とか景気とか新素材の開発とか、気候や他の文化からの波及効果(映画など)であれば、それもまた文化の一部たる洋服の面白さといえるのですが・・。

本来「現象」であるはずの流行が、現象発生前に決定されていたり、強く強く予見されていたりするようなことが続けば、文豪の言葉を借りるまでもなく、その時代の「文化の一部」であるはずの洋服が、流行予見者たちへの富の偏在を加速する道具になってしまいかねません。

もちろん、流行が絶対悪であるわけではなく、例えば、ある流行をきっかけに、それまで敬遠していた装いが存外自分にマッチしていることに気付いたり、それまで関心かなかったアイテムの魅力に気付いたり、という「一時的でない流行(その人にとっての)」を生み出すこともあり得ます。

流行には、こうした副次的効果もあることから、人為的に流行を惹起させんとするのであれば、起爆剤だけでなく、そうした良い残り火の火種も一緒に仕掛けていただくと、文豪からの批判にも、多少の抗弁はできるようになるのではないかと思うのです。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメント(4)
No title
例えば昨シーズン?一昨年?、フライトジャケットの再ブームがありましたけど、あれなんかも流行ですかね。個人的にはファストファッションブランドが真似し始めたらがっかりな感じです。

tei-g

2018/02/14 00:39 URL 編集返信
No title
今期、まさにその体験を実感しました!
昔なら絶対に試着すらしない流行りの服を買ったのですが、
試着したら、意外と似合うし、面白い事に気がつきました。
最近は加齢や体型変化に伴い、似合う服、着られる服がかわってしまい、しょんぼりする事が多かったのですが、新たな世界に踏み出すよい機会となりました。

大好きなクラッシックの世界が大流行しないかなぁと、夢見て。(しない(^^;)

cow*n*1

2018/02/14 06:44 URL 編集返信
No title
> tei-gさん
MA-1タイプのジャンパーをよく目にしますよね。うちの娘も昨日ピンク色のを買っておりました・・。シガレットポケットが付いているのがなんとも言えません。

カッタウェイ

2018/02/14 19:17 URL 編集返信
No title
> cow*n*1さん
よい流行に巡り合われたとのこと、そういうお話が聞けて嬉しいです。

私は最近、「フツーのジーパン」が大流行すればいいのに、とひっそりと思っています。ヒップポケットにステッチが入って、ストレッチ素材を使わない5ポケットのモデルを・・。

エドウィンがロンドンスリムやニュートンスリムを復刻すると聞いて画像を見たら、まるで別物のように感じられ、ちょっと残念です。

カッタウェイ

2018/02/14 19:25 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

カテゴリ

検索フォーム

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
195位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
服飾
3位
サブジャンルランキングを見る>>