FC2ブログ

アシックスタイガーの傑作たち「アルティメイト(完結編)」/asics TIGER「Ultimate」

1980年代初頭にアシックスが生み出した数々の傑作スニーカーたち。

その中でも、斬新なカラーリングとデザインで、圧倒的な存在感を感じさせたのが、この「アルティメイト」です。



数年前までは、このメインカラーは、画像さえ見つけることができなかったのですが、まず広告が手に入り、次いでカタログが手に入り、ほどなく色違い(青+グレー×シルバー)が手に入り、そして遂に・・。



メインカラーのワイン+黄色×ゴールドが、我が家の天袋へやってきてくれました。

このブログをご覧になったオーナーの方が譲ってくださったのです。感謝です。

このカラー、これまで「赤」と言い張っておりましたが、実物はワイン色そのもの。カタログ表記もワインでした。


早速、35年ぶりと思われるアルティメイト同窓会」を開催。



ワイン「お~久しぶり、何しとったん?」

ブルー「いや~、アメリカに行っとったんだけどさ、e-bayとかいうので急に帰国させられてさ~。そしたら持ってったドルが200円から110円くらいに下がっとるでかんわ。」

オレンジ「あんた日本で限定復刻されてたわよ。懸賞に当たらないと買えない人がいたみたい」

ワイン「なんで一番地味なのを復刻させるんだろ。」

オレンジあんたあたしみたいに気合ムンムンな靴は、PAWのジャージ以外の服には似合わないからよ」

・・そんな会話があったかどうかは分かりませんが、流れ落ちる涙をどうすることもできませんでした。



お開きの記念写真。いやいや、お互い年を取りましたな・・。

でも、まだまだ、若いモン(復刻)には負けてませんぞ。



やはりアルティメイトは、オニツカタイガーのタグでなく、asics TIGERのタグが似合うような気がします。



ハニカムソールに、EVAのテープ。迫力があります。このみなぎる気合いを是非復刻版にも注入していただきたいのです。



アシックスタイガー同窓会中部支部でも、さっそく歓迎会が。

ブログ開設当時から、「探してます探してます」と言っていたスニーカーは、これで一通りお迎えできたような気がします。

あの頃は、3足くらいしかなかったアシックスタイガーですが、この13年で随分と増殖しました。

靴の山、隆起中・・。



スニーカーコレクターとしては、まだまだ控えめなコレクションだと思うのですが、我が家で繰り広げられる断捨離攻撃を免除してもらうのはもはや限界であるようです。


スポンサーサイト



コメント

コメント(4)
No title
最高です。おめでとうございます。肉眼で実物のアルティメイトを見たのは、確か小学生時代、学校一のスーパーアスリート同級生(まさにアルティメイト)が履いていたのを、まぶしく眺めていたほんの数コマの思い出のみです。そのスーパーアスリート氏が履いていたのは、青+グレー×シルバーでしたが、その本格仕様の精巧な作りは、単なるジョギングシューズファンが手にすることは許されないと即座に悟ったものでした。アルティメイトのインパクトが、小中学生にとってどれほどのものであったかは、今のスニーカーファンには、なかなか説得が難しいでしょうね。スカイセンサーやリンバーアップ・エイシャンと同様、当時、革新的な大胆なカラーリングも話題をさらいましたね。中でもゴールドのラインは、まさに王者として頂点の風格を醸していたように思います。この最後のワイン+黄色×ゴールドを手にした当時のアスリートは、いったいどんな人だったのか、想像は膨らみます。ともかくも、素晴らしい画像をアップしていただき、感謝です。

inigo2012

2018/03/21 19:32 URL 編集返信
No title
> inigo2012さん
ありがとうございます。当時のアルティメイトは、「履く資格」のようなものが求められる、まさに選ばれし者の靴、という頂点の存在でした。

そしてやはり、私も肉眼で現物を見たのは(リアルタイムで)一度きり。やはりスーパーアスリートに近い存在のクラスメートでした。オレンジ+黄色×シルバーでしたが、まさに王者の風格で、自分には履く資格がないと本気で思ったものです。

ゴールドラインのモデルは、このオレンジのさらに上をいく派手さで、まさに王者の専用靴という印象でした。写真でしか見たことがなかったのですが・・。

今はスニーカーの配色もデザインも多種多様で、こうした当時の感覚を伝えることは難しいですよね。

歴史に埋もれつつあった、アシックスタイガーの最高傑作の実物を、こうして紹介できるのはビンテージアシックスファン冥利につきます。

カッタウェイ

2018/03/21 20:00 URL 編集返信
No title
あと、カッタウェイさんに次なる頂として気長に目指していただきたいと淡く期待申し上げますのは、以前所有していらしたミシガンと、拙コメントで先に触れたリンバーアップ・エイシャンのオリジナル(これは、オニツカタイガーの復刻版は、まるで別物と感じているモデルです)です。世界一の往年のアシックス・タイガー・ファンとして、さらなる高みを目指していただきたい思いです。

※「PAWのジャージ」、思わずクスッといたしました。懐かしくて感涙です。

inigo2012

2018/03/21 20:24 URL 編集返信
No title
> inigo2012さん
ミシガンは何度かチャンスがあったので、いつかタイミングが合えば再会できるかもしれません。

エイシャンのオリジナルは、まるで見かけませんね。これも80年代初頭に見かけたきりです。

最近はアシックスタイガー・オニツカタイガーの素晴らしいコレクションを公開しておられる方が居られ、所有数も知識も遠く及ばないのですが、ライフワークの一環として、地道に探求していきたいと思います。

カッタウェイ

2018/03/21 20:46 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

カテゴリ

検索フォーム

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
400位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
服飾
5位
サブジャンルランキングを見る>>