FC2ブログ

「なんでもいい」と言うお客さんに、何を売るか。

前回、スーツの大型量販店が苦境に陥っているのに、長年の販売で培ってきた接客・販売のノウハウや顧客が必ずしもそこから脱するだけの力になっていないとしたら、それは不思議で残念なことです・・


と、いうような記事を書きました。
  

お客さんを育てたり、お店のファンになってもらったり、ということが少なかったのかな、と。


そんなことより価格で勝負するのが量販店だと言われればそれまでなのですけれど・・。


就職したての頃の私もそうだったのですが、量販店にスーツを買いにくるお客さんには、スーツにあまり関心がなく、「サラリーマンの作業着」として、しぶしぶ安いスーツを買いに来る方がけっこういるのではないかと思います。


「こんなスーツが欲しい」という確たる希望がなく、「なんでもいいんだけど(変じゃなければ)」というモードで来店し、店員さんの薦めるがままにスーツやシャツ、靴等を買っていくケースも少なくないのではないでしょうか。


ここでお客さんが口にする(言葉にはしないかもしれませんが)「なんでもいい」を、本当に文字通りの意味に受け取って、売れ残りそうなブツ極端に流行を追って、期限切れが近づいているようなもの)をさばいたりしていないだろうか・・?


街に溢れかえるそうしたアイテムを目にすると、ついついそんなことを考えたりしてしまいます。


「なんでもいい」と言っているお客さんにこそ、クセのない流行に左右されにくい、オーソドックスなデザインのスーツ、靴、シャツ等を勧めたほうが、次につながるのではないでしょうか?


後は・・





「袖ボタンが重ねてある」とか「袖ボタンが外せる」

「袖ボタンのボタンホールが一か所だけ違う色でかがってある」とか

「大身返し」とか「お台場仕上げ」とか、そんなことよりも。

「サイズが合っているかどうかがなにより大事」

「正しいサイズのスーツ、シャツ、靴を買うためにはどうすればいいか」

といったようなことを、まず伝えたほうがいいと思うのです。


正しいサイズのスーツを選ぶのは結構難しいです。

スーツに体が「入ればいい」となってしまいがちです。

本来なら買うたびに補正も必要になるはずです(大なり小なり)。

これらの検証・補正をすっとばしてしまった結果か、明らかに1サイズ大きいスーツを着ている方が少なくありません。

ということは・・

まずはお店にあるサイズの中から、もっとも体に合うスーツを選び最低限必要となる補正を提案できる店員さんがいれば・・

そのお店には付加価値が生じて、他のお店より少し優位に立てるのでは・・?という気がするのですが、絵空事に過ぎないでしょうか。

実際には、大き目のサイズに拘るお客さんも多いでしょうし、量販店のスーツの中には、ひょっとしたらジャストサイズにすると本当に動きにくい(パッドやら袖ぐりやらの関係で)ジャケットがあるかもしれず、そうそう上手くはいかないかもしれません。

それでも、本来あるべきサイズ感を把握したうえで、自社のスーツの設計上、どのサイズを勧め、どこを補正すれば一番バランスがよく、動きやすく、リーズナブルか、ということを一瞬で判断できるような店員さんがいれば・・。

「なんでもいい」はずだったお客さんが、「サイズの合ったスーツならなんでもいい」となって、再びそのお店にやってくるのではないか、と甘っちょろいことをつい考えてしまうのです。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメント(6)
No title
ゆったり着物文化、脱ぎ履きを必要とする座敷文化の日本で、スーツも靴も本国の文化ほど洗練されていないのかもしれませんね。
市場の需要があって、そのニーズに応える供給があるとするなれば、供給側の問題は市場にもあるのかもしれません。
私が社会人になったとき、父が礼服を仕立ててくれるということになりました。地元のテーラーが家に来てくれ、色々とメジャーて測って帰っていかれたのですが、後日出来上がったのが、随分とぶかぶかで、なんのために計測したのだろうと思いました。聞くと、おっさんになって腹が出ても着られるようにとのことでした。笑い話です。

Calzolai di F

2018/06/03 09:46 URL 編集返信
No title
> Calzolai di Fさん
仕立て屋さんの中には、クレームを恐れてゆったり目に仕立てる方が少なからず居られるという話をよく聞きます。

「きつすぎる」というクレームのほうが生じやすいということかと思います。

あとは、仕立服が一般的だった時代、街の仕立て屋さんがたくさん存在していた時代に、紳士服としてあるべきバランスやフィッティングを探究しながら仕立てを行ってきた職人さんがどのくらい居たのだろう?というのも気になるところです。

カッタウェイ

2018/06/03 10:35 URL 編集返信
No title
前にも書いたかもしれませんが、某スーツなんちゃらの店員に「そもそも前ボタンしめます?」って言われながらワンサイズ小さいジャケットを売りつけられそうになった経験があるので、社員教育はそこまで行き届いてないのではないかと。

tei-g

2018/06/10 00:47 URL 編集返信
No title
> tei-gさん
このお話はちょっと衝撃でした。確かに前ボタンを留めていない人は沢山見かけますが、留めるべきボタンを外して着るのと、そもそもボタンを留められないのとでは全く別のお話ですものね。

カッタウェイ

2018/06/10 07:51 URL 編集返信
No title
本当に同意です!!!!
私も正しい選び方を学びたいです。
きちんと自分の身体にあった服って、本当に格好いいし、着心地もよいと、私は思います。

本当にそこを教えてくれるスーツ屋さん(あえてこう書きます)は少ないです。
仕立て屋さんであっても、本当にきちんとあったサイズにしてくれる信頼できるお店を探すのも…。

日本は洋装文化が浅いからでしょうか?
では、海外では、きちんとしたサイズ感を勧めてもらえるのでしょうか?
親から教えてもらえるのかな?
以前みた番組では、フランスでは、自分に合わせて補正して着る(お直しに出す)のは、一般的に思いました。

cow*n*1

2018/06/13 21:22 URL 編集返信
No title
>あんぶろーしあ様
なんと申しましょうか、衣食住の中では着ることだけが、なんだか浮薄なことと思われていた時期があったのかな、と思うことが少なからずありました。

モノがなかった頃は、「服なんか1着か2着あればいい」というのが真理だったと思うのですが、その後、モノがあふれる時代になってからは洋服の簡単な歴史やルールやサイズについての啓蒙がもう少し進んでも良かったのではないかという気がしなくもありません。

なんだか、ストライクゾーンど真ん中の打撃を習得する前に、インハイやアウトローばかり投げられて、あげくの果てには分身魔球やハイジャンプ魔球に幻惑され、「すぐ着たくなくなる服」につい散財させられているのかも・・。生み出された服のうち、誰にも着られないまま捨てられる服の割合って、どのくらいなのでしょう・・。

カッタウェイ

2018/06/14 20:37 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

カテゴリ

検索フォーム

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
195位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
服飾
3位
サブジャンルランキングを見る>>