FC2ブログ

ラングラーの赤いチャンピオンジャケット



ちゅうねんになると着られなくなる服,というのがあります。サイズが変わったわけでもないのに,ちゅうねんには似合わない,似つかわしくないとして,袖を通すことがなくなってしまう服のことです。

この赤い綿ツイルのジャケットも,そんな一着です。20代前半の頃は,大変なお気に入り服だったのですが,もう着る機会もないかと思うと寂しさがこみ上げます。

周囲には,「ジーンズが似合うのは30代まで」と主張する人もいます。ジーンズも履けなくなってしまったら,休日は何を履けばいいのでしょう。チノパン?キャバルリーツイル?モールスキン?

どれも悪くはないのですが,ジーンズを履いたときの開放感はまたそれとは全く違った喜びがあるのです。

私は多分,死ぬまでジーンズを履き続けると思います。銘柄はもちろん,三種の神器です(501,101,11MW)


*************** 以下,過去記事です *****************

結婚当初、妻に「私と一緒のときはその服着ないで」と実質的に着用禁止令が出てしまった赤ジャンパー。古着マニアにとって、赤いドリズラージャケットと、このラングラーのチャンピオンジャケットは欠かせない重要なアイテムだったのですが、ジェームス・ディーンでもロデオチャンピオンでもない私が日常着として着こなすのは難しかったようです。

この真っ赤なチャンピオンジャケット、ラングラー社がロデオ大会のチャンピオン用に作成したもののレプリカ(1992年製くらい)らしいです。本物のチャンピオンジャケットは、白のデッドを見たことがありますが、数が足りなく譲ってもらえませんでした。

ラングラーのジャケットのうち、いわゆるセカンドと呼ばれているモデルの一つ(品番は忘却のかなた)がベースになっています。ジップフロント、首元だけボタン。左胸だけのパッチポケットにハンドウォーマー・・普通なら着丈がズル長にしてしまいそうですが、思いのほか短い着丈、リーバイスの1st、2ndのようなフロントプリーツ、ウェスト部分にはシャーリングが縫いこまれ、タイトさと動きやすさと見栄えのよさを確保しています。

・・・今検索しましたら、なんとまだ売っているんですね、これ。先ほど忘却のかなたと申し上げました品番は、12MJZだそうです。
http://www.beyes.jp/shop/repronal/603438.php

しかも、今の商品のほうが良さそう・・。これじゃ、売却して小遣いをかせぐことも期待できなさそうです。

スポンサーサイト



コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

カテゴリ

検索フォーム

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
239位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
服飾
3位
サブジャンルランキングを見る>>