FC2ブログ

サックスブルーの重戦車。アシックスタイガーの「ボストン」色違い編

80年代初期に次々と傑作シューズを生み出したアシックスタイガー。

その代表作のひとつである「ボストン」は、丸型クッシュホールと重厚なアッパーがマッチした名品ですが、当時よく見かけたのは赤系(赤とエンジの2種類があったらしい)と紺系のみで、パステル系の配色は見たことがありませんでした。

しかし、数年前に水色×ブルーメタリックという箱付きデッドの存在を知り、いかにも当時のレディス系っぽい配色に「ボストンのレディスか?」と思ったものですが、その箱にはきっぱりと「TJG327」と「ボストン」の文字とシールが。

あの重戦車のようなボストンに、こんな爽やかな配色があったとは・・。

レディスのような配色ですが、ホノルルのレディスは「ホノルルレディ」なのでボストンのレディスなら「ボストンレディ」を名乗ってしかるべき。 
ところが名称も品番もメンズのボストンと同じ番号ですので、今のところメンズのカラーバリエとして認識しています。

そのブツを入手することはかないませんでしたが、今回、少々日焼けした状態ではあるものの、同色のボストンを捕獲することに成功しました。




随分と雰囲気が変わるものです。このウルトラマン消しゴムのようなソールのカラーリングが何とも言えません。




やはりパステルカラー系は保存状態が命ですね。いかな屈強のアシックスタイガーでも。アッパーの変色はどうにもなりません。

軽く洗ってやれば往年の爽やかさをいくらか取り戻しそうですが、脆弱なメタリックのタイガーストライプが心配なので、当面はこのまま天袋へ放り込んでおくことにします。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメント(2)
No title
ええっ!(絶句)ボストンにこんなカラーラインナップがあったとは知りませんでした。きわめて貴重なものをゲットされましたね。

ボストンのこのソールパターンは最高にかっこいいです。その後の他のモデルにも流用され、オニツカタイガーの復刻モデルでも見られるのはうれしいです。しかし、ソールのカラーが青というのは初めて見ました。

inigo2012

2018/07/28 18:41 URL 編集返信
No title
> inigo2012さん
驚きですよね。私も数年前まで知らなかったのですが、オクでデッドが出たことがあり、「ボストン」と書かれた箱にこの配色のシールが貼られていたのです。どう見てもレディスっぽい配色なのですが、買えなかったそのデッドのボストンは確か28センチでしたので、やはりメンズとして発売されたものと思います。

このソールパターン、復刻オニツカで復活していたのですね。なんだか嬉しいです。

カッタウェイ

2018/07/28 19:44 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

カテゴリ

検索フォーム

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
195位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
服飾
3位
サブジャンルランキングを見る>>