FC2ブログ

名古屋のオーダースーツ店 sei(セイ)にフルオーダーライン登場。

以前、このブログで少しだけご紹介した名古屋の新しいオーダースーツのお店、sei(セイ)。

移転のため、現在webサイトのリニューアル中のようですが・・。
※概要はインスタグラムで確認できるようです。

新しい場所は名古屋市東区のようですが、ほどなくリニューアルされたサイトで案内してくれることでしょう。

前回のご紹介では、「パターンオーダーのお店」で「仮縫いなしの一発仕上げ」とご案内しましたが、その後にフルオーダーの「cinqueライン」というメニューが加わったようです。

このフルオーダーのラインは、恐らく、私がseiの店主の御尊父にお願いしてきた工房のひとつで縫製しているのではないかという気がしています。

その工房がどこなのか、私は存じ上げておりませんが、もし同じところであれば・・。

少し時間コストがかかるかもしれませんが、これまでのseiのパターンオーダーラインに比して、かなり自由度の高い仕様が指定できるのではないか、という気がしています。

例えば・・。


以前、作ってもらったホワイトフランネルのトラウザーズ。

私が一番好きな形状のサイドアジャスターです。これも思い通りに仕上がるときと、微妙に気に入らないときがあるのです。



後ろから見た図です。




今度はネイビー・チョークストライプのフランネルのスリーピース。フルオーダーラインには当然、仮縫いがつきます。仮縫いを繰り返すのもまた楽しいのですが、忍耐力を試されているような錯覚に陥ることはあります。




サイドアジャスター。ホワイトフランネルのものより少し小ぶりで、前部分は逆に大き目。微妙にホワイトフランネルのほうが見栄えがいいと感じています。




ストライプの注文時に「玉縁はバイヤスにしないでね」と言えば、このように仕上がってくることでしょう。




シアサッカーやコードレーンも作ってもらいました。



袖ボタンは、「ぎりぎりくっつかないくらいで」とお願いすると、たいてい思い通りに仕上がってきます。

また、私はボタンが袖口からあまり離れているのが好きではないので、毎回位置を確認して注文しています。




アップチャージがかかると思いますが、ボタンホールやフラワーホールを手かがりにすることもできるはず。フラワーホールは1インチくらいにするのが私は好きです。




金具を持ち込むことができれば、手で縫い留めてくれることでしょう。



トラウザーズの内側にぐるりとライニングを付けることもできるはず。

このように足首までフルライニングにしようとすると、どういうわけかひざ下くらいまでで仕上がってくることがありましたけれど・・。




チェスターフィールドコートに黒いドイツ製のベルベットの上衿を付けることも可能でありましょう。

これで悲劇のヒーロー、シドニー・カートン(チャールズ・ディッケンズの「二都物語」の登場人物。フランス革命時に、自ら片思いの女性の恋人の身代わりとなり処刑される。)の死に弔意を示すことができます。

今、注文するとしたら、比翼の裏のボタンホール部分は、少しだけ奥に設置して外から見えにくくするのですが・・。

それから、この箇所のライニングはネイビーにします。いや、いっそ全てネイビーのほうが・・。

注文してから13年も経つと、好みが変わりますね。このコートは、まだまだ全然現役で活躍中であります。



とりあえず、seiのサイトのリニューアルが楽しみで仕方ありません。



スポンサーサイト



コメント

コメント(2)
No title
やっぱりスーツなんかはこうやって信頼できるお店に作ってもらうのが一番なんでしょうね。お財布がついていけばですけど・・・。

tei-g

2019/01/11 11:54 URL 編集返信
No title
> tei-gさん
信頼できるお店に早めに出会えたのは幸運でありました。

私も財布がついていかず、注文できるのは1年に平均1着あるかどうか、というところであります。

カッタウェイ

2019/01/11 12:27 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

カテゴリ

検索フォーム

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
400位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
服飾
5位
サブジャンルランキングを見る>>