FC2ブログ

アシックスがオニツカタイガーブランドでアシックスタイガーの名品「ニューヨーク」を復刻していたお話。

現アシックス、新旧オニツカタイガー、新旧アシックスタイガーの関係が複雑すぎて、よくわからないタイトルになっております。

つまり、1980年代初頭に販売されていたアシックスタイガーの名品、ニューヨークが、なぜかオニツカタイガーブランドを冠して、復刻されているようなのです。

ただ、どうやら国内では正規販売されていない様子・・、こはいかに?

【参考】
オリジナルのニューヨークはこちら↓です。




地味といえば地味なカラーリング・デザインなのですが、箱から取り出すたびに独特の迫力を感じます。

このアッパーとサイドラインとカウンターライニングの配色の妙。復刻版は入手していないので比較できませんが、どこまで再現できているでしょう・・。

それから、ニューヨークやボストン、ホノルルといった重戦車っぽいモデルに必須の、あの「パーンと張ったアッパー」も・・。

「パーン?」なんのこと?

という方のために・・。


「お見せしよう(一文字隼人風に)」


・・偉そうにすみません。以下、ご高覧ください。



【パーン!(その1)】



内側から見たニューヨーク。

つま先上部がすごくフラットになっていて、アッパーに直線のギャザー?が走っています。



【パーン!(その2)】



こちらはホノルル。これはもう、エッジが立っていますね。なんだかスーパーカーのようでもあります。




【パーン!(その3)】



こちらはボストン。トゥが少しつぶれています(天袋で他のスニーカーの下敷きになっていた)が、こちらもアッパーが張っている感じは伝わってくるかと思います。



【パーン!(その4)】



モントリオールⅢだって負けてはおりません。

これが90年代初頭に限定復刻されたLD-2000や、その後に登場したモントリオールⅣになると、このハリと迫力が消え失せてしまうのです。

アッパーの素材のせいか?つり込みのせい?それとも木型??

・・私には知る由もないことであります。

ニューヨークの復刻版は、手に取って確かめていないので、アッパーについてのコメントは避けますが、ヒールブリンカーの文字が「onitsuka Tiger」になっていたのは少々残念でした。



ヒールブリンカーの文字はTIGERだけのほうがシンプルで好みです。

なかんずくニューヨークやボストンのような重戦車シリーズの場合は特に、TIGERと大きく書かれていたほうがしっくりきます。
スポンサーサイト



コメント

コメント(6)
No title
この問題はオニツカブランドで既にアライアンスが復刻しているのと同じ問題ですね・・・これに関してはasicsTIGERブランドが2015?2016迄なかったので仕方が無いと思いましたがTIGER復活したのでしたら、ファンととしてはasicsTIGERから出るべきですよね・・・この問題は当時のスタッフが居なくなると増々出てきますね。

またヒールOnitsukatigerロゴは商標登録の問題でTIGERのみではできない部分がありそうですよ。但、最近復刻したOKバスケットボールはお金を支払って当時のTigerタンロゴになっています。

同感です

2019/02/27 07:57 URL 編集返信
No title
素晴らしいアシックスの玉稿、堪能しました。新しいアングルからのビンテージ・アシックスの写真は格別の味わいです。ものすごい迫力ですね(ボストンのソールのカットの仕方、光が当たって最高です)。少年時代のわくわくが甦ります。購入して履き下ろすまで、枕元に置いていろんな角度から眺めまわしたものです。さて、オニツカタイガーブランドでのニューヨーク「復刻」、調べて画像をチェックしました。単純に喜んでしまっていいのか複雑な心境でした。オリジナルを知らない新しい世代の購入層にとっては、好印象をもって受け入れられるでしょうが、ソールの厚み、ボリュームが抑えられ、素材も違うような気がします。現在のオニツカタイガー全般に言えますが、「復刻」モデルは、皆シルエットがファッションユースにスマートなものとなっている気がします。 90年代に見かけた初代スカイセンサーの「なんちゃって復刻」よりは、出来栄えは断然良いとは思いますが。

inigo2012

2019/02/27 12:43 URL 編集返信
No title
> 同感ですさん
コメントありがとうございます。アライアンスがオニツカネームだと、当時を知る世代には違和感がありますね。ローテク系はオニツカタイガー、ややハイテク系はアシックスタイガーネームで展開していく戦略でしょうか。

ヒールのロゴ、商標の問題であえて・・ということでしたら仕方ないですね。なんだか残念なお話ではありますけれど・・。教えていただきありがとうございました。

カッタウェイ

2019/02/27 18:55 URL 編集返信
No title
> inigo2012さん
ボストンのソール、そういえばヤハズがけっぽくなっているのですね。気が付いておりませんでした。勉強になりました。

ニューヨークの復刻版は、シンプルな街履き向きのアシックス・・という視点では良さそうに見えるのですが、ニューヨークの復刻だと言われると少々微妙、という印象です。

仰る通りスマート、線が細い感じがします。94年頃に出回っていたエンデュローの復刻あたりでは、そんな印象は受けなかったのに・・と言っても、もう25年も前の出来事だから比較対象にならないですね・・。

カッタウェイ

2019/02/27 19:03 URL 編集返信
No title
> カッタウェイさん
ニューヨークは特に、アメリカ市場を意識したテイスト、カラーリングですね。グレー基調でまとめたのは、アディダスのニューヨークを意識して制作したのではないかと推測します。ソールがグレーのボストンも、ホノルルも、地名が示す通り、アメリカ市場を狙ったモデルなのでしょうね。私はこのグレーのソールがたまらなく魅力的に見えたものです。

inigo2012

2019/02/27 20:24 URL 編集返信
No title
> inigo2012さん
アディダスに詳しくないので(フォーミュラーⅠしか持っていません)ニューヨークが分からず、ググってまいりました。これも恰好良いですね。

砂消しゴムのようなグレーのソール。三連あるいは四連のクッシュホール・・魅力的ですよね。米国市場で販売されたのか、ペットネームは一緒だったのか、人気はあったのか等々、想像が膨らみます。

カッタウェイ

2019/02/27 20:48 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

カテゴリ

検索フォーム

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
400位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
服飾
5位
サブジャンルランキングを見る>>