FC2ブログ

グレートマジンガー観察記「勝利目前!!ふるい立つ暗黒大将軍!!」

宮部みゆきさんのチヨ子」を読んで以来、子供の頃に好きだったヒーローは、今でもその人の心の中で、その人の大切な何か(多分、自己愛とか倫理観とか色々なもの)を守ってくれていると信じ、ヒーローセラピーの名のもとに、ときどきヒーローの存在意識を補充するようにしています。

つまり、年がいもなく、仮面ライダーやらマジンガーZやらの動画を、GYAOストアあたりで購入して見ているというわけです。

本日は、先週閲覧したグレートマジンガーと暗黒代将軍の果たし合いについて、少し紹介させていただきます。

「勝利目前!!ふるい立つ暗黒大将軍!!」


ミケーネ帝国では、前回の戦いで勝利目前のところを「秘密兵器」によって撃退されてしまった暗黒代将軍が、帝国の支配者である闇の帝王に拝謁を求めていた。

闇の帝王「暗黒代将軍、話というのは何だ?」

前の敗北は諜報担当者の失策である由、申し開きをする暗黒代将軍。

闇の帝王「きさまたちの手抜かりには飽き飽きするわ・・。それで、どうしようというのだ?」

暗黒代将軍「戦闘を指揮する者として責任を取りたいのです。私自ら出撃して決着をつけるつもりです」

闇の帝王「貴様がそれを話した以上、おめおめと戻ってくることは許さんぞ」

退路を断って、最後の戦いを挑む決心をした暗黒代将軍。ただし、自ら出撃するとは言ったものの、自ら「だけ」で戦うつもりはさらさらない模様。

戦闘獣バニガンとともにミケロスで出撃すると、ヤヌス侯爵(やんごとなき身分なのにどうして軍属のようなことをするのだろう)に前回の敗退の原因となった「秘密兵器」の発射口の破壊を命じる。

ヤヌス侯爵「お任せください。ミケーネス!戦闘獣ジュランを出撃させろ!」

マゴチの化け物のような戦闘獣が海中に出現、グレートマジンガーを擁する科学要塞研究所へと出撃する。

一方の科学要塞研究所では、前回の戦いで大きく傷ついた研究所の復旧工事真っ最中。復旧度合いは60パーセント程度らしい。

そこへボスボロットが手伝いに現れる。いつものブルーグレーのサファリジャケット?に身を包んだ剣鉄也が声をかけると、

「これがライバルってもんよ」

と男意気を見せるボス。ほどなく、調子にのって復旧中の外壁を壊してしまう。

そして復旧作業の後は、研究所の食堂で食べ放題のボス。

「ここの料理は特別おいしいのヨ」

そこに非常事態を告げるサイレンが鳴る。

「ついに来たか」

復旧途上で戦わなければならない科学要塞研究所とグレートマジンガーを案じる所長と、食べ過ぎてすぐに立ち上がれないボス。

「戦闘獣よ、きっと・・」

心配するジュン。グレートマジンガーを出撃させようと飛び出す剣鉄也。

「ブレーンコンドル、スイッチオン!」

・・キーを回すのではなく、スイッチで始動させるのは何やら斬新に見えたものですが、最近の自動車もすっかりブレーンコンドル同様、スイッチオンでエンジン始動させておりますですね・・。

海中から飛び出すグレートマジンガー。いつもどおり垂直に突き刺さるブレーンコンドル。

・・カウンターで合体するから、その衝撃たるや、3倍・・いやさ、4倍・・(丹下段平のおっちゃん風に)

スクランブルダッシュで翼を伸ばし、戦闘獣を迎えうつべく、飛び去るグレートマジンガー。

ほどなく、レーダーで敵位置を補足するコクピットの剣鉄也。

「スクランブルオフ!」

海中へ飛び込むため、翼を格納しようとするが、前の戦いの修理が完全でないのか、翼が完全には引っ込まないグレートマジンガー。

「ええい、このまま突撃だ!」

戦闘獣ジュラン(イマージナーリードール・・と歌いたくなるのは年のせいです)を発見した剣鉄也。

「あいつか、それ、アトミーックパーンチ!」

両腕をロケット噴射させて先制攻撃するグレートマジンガー。

・・ええ?海中ですよ。水の抵抗とか影響しないんですか?

期したるごとく、飛ばしたパンチをかわされるグレートマジンガー。

「こいつ!グレート・ブーメラン!!」

胸のV字型の放熱板を取り外し、いつもどおりブーメランだと言い張って投げつけるグレートマジンガー。

・・水中でブーメラン投げてもなぁ。

これも難なくかわし、反撃のミサイルを発射する戦闘獣ジュラン。回避するグレートマジンガー。

「マジンガーブレード!」

水中では飛び道具の威力が著しく低下していることに気が付いたのか、脚部に仕込まれた刀を手にするグレートマジンガー。

そこへ戦闘獣ジュランが茶色い腐食剤を発射。グレートマジンガーは、マジンガーブレードを右手で振りかざしたまま、腐食剤の泡に包まれ、身動きができなくなってしまう。

「グレートマジンガー、どうもがいてもダメだ」

暗黒代将軍の声が響く。腐食剤に固められ、もはや腐っていくのを待つばかりのグレートマジンガー。

よせばいいのに、武将の情けとやらで、

「みっともないことにならないうちにトドメを刺してやる」

と何やらビームを浴びせてくる暗黒代将軍。

ビームのおかげで腐食剤の大半が吹き飛んだグレートマジンガー。身動きが取れるようになったものの、グレートマジンガー目掛けて降下してきたミケロスの下敷きになってしまう。

しかし、すんでのところでミケロスのスクリューの隙間で命拾いするグレートマジンガー。

「助かったぞ・・今度はこっちから行くぞ!スクランブルダッシュ!」

折りたたみ自在の翼を伸ばし、苦も無くミケロスの中央部をぶち破った後に、海中から飛び立つグレートマジンガー。

「こうなったらバニガンを上陸させろ」

穴の空いたミケロスの中で、ジュランとの二面攻撃を命じる暗黒代将軍。

・・こうなってしまう前に上陸させてもよかったのではないでしょうか?

他方、科学要塞研究所へ向けて飛行中のグレートマジンガー。

「所長、早くバリヤを外してください。すごい速さで腐っていきます」

傍目には分からないものの、ピラニアスと戦ったときの兜甲児と同様に、操縦席にいながらにして、愛機の腐食具合をリアルタイムで把握する天才操縦士、剣鉄也。

そのころ、科学要塞研究所は、戦闘獣ジュランの猛攻を受けている真っ最中。

バリヤを外すことはその間、無防備となることを意味するものの、所長の英断でバリヤをいったんオフにし、その間は魚雷攻撃で戦闘獣ジュランへ反撃することでグレートマジンガーの収容を試みる。

なんとか科学要塞研究所に帰着したグレートマジンガー。ベルトコンベヤーで修理部門へ運ばれ、洗浄と腐食止めを施される。

そのころ、上陸した戦闘獣バニガンは、右手の刀を振り回して、ビルを次々と切り倒していた。

「所長、そっちはあたしが片付けます。グレートマジンガーの修理を急いでください」

大口をたたく、ビューナスAのパイロット、炎ジュン。勇んで出撃するも、いつもどおり、ボロットと一緒にコテンパンにやられてしまう。

さらには、科学要塞研究所も、戦闘獣ジュランの猛攻を防ぎきれず、「秘密兵器」の発射口もジュランの腐食剤で使用不能となってしまう。

この発射口はグレートマジンガーの射出口でもあったらしく、グレートマジンガーをいつものように海から射出することも併せて不可能となってしまう。

・・さっきまで刺さっていたブレーンコンドルはいつどうやって外したのか?

・・なぜ、再度結合させるのに、わざわざ海と空からカウンターで激突させなければならないのか?

腑に落ちない点ばかり残るものの、どうやらグレートマジンガーの再出撃はできないらしく、科学要塞研究所は遂に八方ふさがりになってしまう。

無条件降伏を勧告してくる暗黒代将軍。無条件降伏の条件はグレートマジンガーと所長である兜剣三の身柄引き渡し。

所員に脱出を命じ、エレベーターでグレートマジンガー(ブレーンコンドルなし)とともに暗黒代将軍の前に姿を現す兜剣三。

「勝ったぞ!俺はとうとう勝利を手にしたぞ!」

勝利を目前にフライング気味の勝利宣言を口にする暗黒代将軍。

グレートマジンガーは、このままミケーネ帝国に引き渡されてしまうのか?

兜剣三の、そして鉄也やジュンやシローの運命は?

・・次回、「死闘!!暗黒大将軍の最後!!」へと続きます。多分・・。
スポンサーサイト



コメント

コメント(2)
No title
この話は記憶にありませんが、次回が楽しみです。

chargeup2003

2019/03/10 08:02 URL 編集返信
No title
> chargeup2003さん
ありがとうございます。そういえばウルトラ五兄弟も磔になったまま続きを書いておりませんでした。

カッタウェイ

2019/03/10 17:15 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

カテゴリ

検索フォーム

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
480位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
服飾
5位
サブジャンルランキングを見る>>