FC2ブログ

消えたシャープと失われた信頼感


「ない、シャーペンがない!」

ウルトラアイを盗まれたモロボシ・ダンよろしく、胸のポケットをまさぐる私。

コーリンの金色のシャー芯を入れたシャープペンが見当たらないのです。  

「おかしいなぁ、ピット星人にもマゼラン星人マヤにも会ってないのに・・。」

新幹線の中でモゾモゾすること10分。ブツは実に意外なところで発見されました。  





買ったばかりのブレザーの裾裏からです。

胸ポケットに挿したはずなのに、一体なぜ?




どうやら、胸ポケットの裏側がきちんと縫われておらず・・。 

そこにペンが差し込まれた結果・・。




裏地の中へ吸い込まれたようなのです。

接着芯ベタベタの仕立てのせいか、あまり引っ掛かるポイントもなく、裾までまっ逆さまに落ちてデザイア・・。




胸ポケットをめくってみると、豪快に縫えていません。

縫製が粗いのも、検品が甘いのも慣れっこの私でも、今回のことは少し堪えました。

数年前、150年の歴史に幕を降ろしたこのお店。

色々なファクトリーで生産させていたでしょうが、これはちょっと、あんまりではないでしょうか。

せっかくなので、縫製ミスの箇所から指を入れて、接着芯の貼り具合を確かめてみました。

半・分解せずとも内部の仕立てを触って確かめることができます。

これはひょっとして、不本意ながら、このような簡素化された上着を作らねばならなかった、老舗用品店のファクトリーの職人さんの怒りの表れでは・・?

と、一瞬思いましたが、もちろん考えすぎに相違ありません。

ともかく、シャープペンが見つかって良かったと、前向きに捉えることにします。
スポンサーサイト



コメント

コメント(4)
No title
こんなところで明菜が出るほどにショッキングな出来事と拝察し、いたたまれぬ気持になりました。

inigo2012

2019/03/21 19:25 URL 編集返信
No title
> inigo2012さん
何かと80年代に支配されているのか、つい出てしまいました。

カッタウェイ

2019/03/21 20:27 URL 編集返信
No title
マジック用のジャケットでは??

がらくた・おやじ

2019/03/21 21:24 URL 編集返信
No title
> がらくた・おやじさん
イリュージョンな体験でありました。

カッタウェイ

2019/03/21 21:37 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

カテゴリ

検索フォーム

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
400位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
服飾
5位
サブジャンルランキングを見る>>