FC2ブログ

蓋しレプリカは時を経てもヴィンテージにはなれない

2019年05月19日
2
0
リーバイス・Lee・ラングラー
若い頃に無理して買い求めたレプリカジーンズたち。

今でも数本、手元に残っております。



左から、どこかのオリジナルジーンズ、ラングラーの49MW、11MWZ、10MWZです。

ラングラーのうち2本(11MWZ以外)は、オリジナルがあったのかどうかすらよく分かりませんが、とにかく当時は綿糸を使ったレプリカそのものが希少だったため、随分魅力的に見えたものでした。

大体、これらを購入したのは1991年頃なので、28年くらい前のブツということになります。

それでは、これらを買い求めた1991年の28年前はというと・・。

なんと1963年。

まだ501XXは生産中ではないですか・・。

そう考えると、今となっては28年前に作られたこのレプリカジーンズも、「時を経た」という点だけを考慮すれば、ヴィンテージの一種と言えなくもないような気がしますが、「オリジナルではない」ことと、「失われた技術や素材がつぎ込まれているわけではない」こと、等から、やはりどれだけ時を経てもこれらのレプリカがヴィンテージと呼ばれることはないような気がします。

もっとも、自分自身が日に日にヴィンテージになっていく(つまり、年を取っていく)せいで、相対的にこの時代のものが古く感じられないというバイアスがかかっていることは否定できません。
関連記事
スポンサーサイト



カッタウェイ・カラー
Posted by カッタウェイ・カラー
1)80年代アシックスタイガーや70年代オニツカタイガーを中心としたヴィンテージスニーカー,2)昔の「ジーパン」,3)英国調トラッド服,オーダースーツや革靴,4)オールド国産タックルとルアー釣り,5)ヴィンテージ万年筆,6)その他昭和レトロ・懐古趣味の雑記などについて書いております。

Comments 2

There are no comments yet.

tei-g  

No title

91年、Boonやカタログ見ながら指加えてた時代です。

2019/05/21 (Tue) 23:24

カッタウェイ  

No title

> tei-gさん
私もBoonに掲載されたヴィンテージを食い入るように見つめておりました。発刊当初はそうでもなかった筈ですが、いつの間にか古着のバイブル雑誌になっていましたね。

2019/05/22 (Wed) 20:33