FC2ブログ

完全復活、モンブラン146テレスコープ/MONTBLANC 146 (telescope)

先日入手した1950年代モンブラン146の書き味があまりにも酷いので、専門店の有償調整に出してきました。

やはりスリットはガチガチに詰まっていたらしいです。

ペン体を外して、軽くオーバーホールしてもらいました。




戻ってくると、とても同じペンだったとは思えないような滑らかな書き味。

テレスコープの吸入システムも異常なしとのこと。これで暫く一安心です。

ところで、テレスコープ式とかテレスコピックというと、ヴィンテージ万年筆の世界では、この1930~50年代モンブランに搭載された二段伸縮の吸入システムを指すことが多いのですが・・。

釣り具の世界では、「振り出し竿」のことを指すことが多いのではないでしょうか。

私が竿単体で初めて購入したブルーのグラスロッド(2千円くらいの安物)は、そのテレスコピック方式でした。

振り出し竿、なんて名前を付けるものですから、子供は特殊警棒のように振り回して伸ばしてしまい、もとに戻らなくなってしまったりするわけですね。

元に戻らなくなった部分の継ぎ目の上を握り、地面にカシュンカシュンとロッドを打ちつけた、あの切ない思い出が、「テレスコピック」という言葉を目にする度にひっそりと蘇ってきます。

※全くもってどうでもいいことですが、このブルーのグラスロッドは、幾多のマブナを吸い込みで釣り上げるのに貢献した後、ルアーに転向した持ち主のせいで出番を失い、最後はスピードスティック6-16HOBBのインナーロッドに使われるという屈辱的な扱いを受け、しかもその後の行方は杳として知れません。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメント(2)
No title
しばらくぶりのご訪問です。装いが少し変わりましたね。カッタウェイさんのブログは、どこのブログサービスの提供かと関係なく、中身に独自の価値がありますから、新しい出発を心から期待申し上げております。

inigo2012

2019/07/27 15:07 URL 編集返信
No title
> inigo2012さん
お久しぶりです。移転とバックアップの事前準備を地味に進めておりまして、カスタム背景の設定を外したところです。

8月上旬には、移転先を確定させて移行作業に取りかかることを予定しております。

カッタウェイ

2019/07/27 17:59 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

カテゴリ

検索フォーム

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
195位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
服飾
3位
サブジャンルランキングを見る>>