FC2ブログ

マジンガーZ最終回観察記(その2)

前作はこちらです。

「ジェットスクランダー!!」

空から現場に駆けつけた甲児の目に、グラトニオスにめった打ちされているダイアナンAと、ピラニアスのヒレで殴られている情けないボロットの姿が飛び込んでくる。

「さやかさん、ボス!今助けてやるぞ!!」


「ロケットパーンチ!」

グラトニオスのレーザー光線を受けて飛散するマジンガーZの右パンチ。

「ミサイル発射!!」

腹部から発射されるミサイルパンチは、ピラニアスのウロコを浴びて、到達前に腐食してしまう。

「さやかさーん!」

旋回しながら安否を気遣う甲児。

「甲児くん、あたしはやれるだけやったわ・・ウッ!・・でも、もうダメよ・・」

「しっかりするんだ、さやかさん!」

「甲児くん、あたしには構わないで、思いっきりやって頂戴!」

いつもは勝気なさやかが涙ながらにエールを送る・・これで発奮しなければ、男の子じゃない!!はず・・。

グラトニアスの金縛り攻撃を受けてコントロールを崩したところに、ピラニアスのウロコを浴びるマジンガーZ。


墜落しスクランダーの片翼が折れる。


グラトニオスのドリル攻撃を後転してかわすマジンガーZ。


やはり、ボロットやダイアナンAとは出来が違う。

立てひざをつきながら、「光子力ビーム!」


グラトニオスのレーザー光線と衝突し、押し戻される(!)光子力ビーム。


吹っ飛んだマジンガーZにピラニアスのミサイル攻撃、スクランダーの残りの片翼も吹き飛んでしまう。

再び、ドリル攻撃を仕掛けようというグラトニオスに、飛び起きたマジンガーZが反撃を試みる。

「ドリルミサイル!!」

左肘がハネ上がり、ミサイル発射口が現れた瞬間、腐食が始まりミサイルが発射できない。

「どうしたんだ、超合金Zが腐っていく!・・・マジンガーZ、マジンガーZ!!」

ピラニアスに弾き飛ばされるマジンガーZ・・もはや勝ち目があるようには到底見えない。

ここで瀕死のマジンガーZを見つめる謎の科学者と見慣れない研究所。

「甲児、しっかりしろ、そんなことでくたばってしまうマジンガーZではないぞ!甲児、決して死んではならん。戦え!戦い抜くんだ!」

なんだか支離滅裂なこと言ってませんか、そこのアナタ・・・。

どてっ腹にグラトニオスの片手を突っ込まれ、風車のように振り回されるマジンガーZ。

「おい!おい!甲児くん!!(弓所長)」

「ダメだ、マジンガーZ、どうにもならねぇんだ!(甲児)」

「甲児くん、いいか、我々はすべてマジンガーZに望みを託しているんだぞ!甲児くん!」

追い討ちをかける弓所長。やっぱり科学者には現場の人間の気持ちは分からないのか?

地面にたたきつけられるマジンガーZ、甲児のヘルメットが外れてしまう。

「マジンガーZ、お前は無敵なんだ、不死身なんだ、がんばれマジンガーZ!」

必死に残された左肘を使って立ち上がろうとするマジンガーZ。


前後に立ちはだかる2台の戦闘獣。

左肘をレーザーで吹き飛ばされ、腹部にミサイルをぶちこまれるマジンガーZ。

「いかん、もうマジンガーZにも甲児くんにも機械獣を倒す力はない(弓所長)」

「我々の力もこれまでだ・・諸君、避難を開始してくれたまえ・・」

泣き喚くシローを連れて避難するみさと達。

「さやかさん、ボス、シロー・・元気でやれよ、オレは最後までやるぜ・・」

よろめきながらも何とか立ち上がるマジンガーZ。


立ち上がった瞬間、ゆっくりと前のめりに崩れ落ち、倒れた振動でパイルダーが外れてしまい、シートから放り出された甲児の頭が衝突してパイルダーの風防が砕けてしまう。

(ミサイルや砲弾を受けても割れなかったパイルダーの風防が・・内側からの衝撃には弱いのか?)

謎の科学者

「いかん、もはや光子力研究所には抵抗する力がない・・鉄也くん、グレートマジンガーを出撃させたまえ!」

無重力遊泳中の鉄也

「なんですって?待たせるだけ待たしておいて、ウソじゃないでしょうね!」

チューブに内臓されたシートに乗り込み、パイルダー・・ではないジェット戦闘機(ブレーンコンドル)に乗り込む鉄也。


海底チューブの中を疾走(飛行?)するブレーンコンドル。

「マジーン・ゴー!」

何と海から飛び出す謎のマジンガー・・そう、今では誰もが知っているグレートマジンガー

「ファイヤー・オーン!」

垂直に突き刺さるブレーンコンドル。


コクピット部分が90度回転して水平に・・凄い、でも酔いそう。

「スクランブルダッシュ!」

マジンガーZではあれだけ苦労して開発したジェットスクランダーが、なんと内蔵されていて、ジャバラ状態がまっすぐ伸びて直ちに飛行可能に。

一方、光子力研究所を破壊したい放題に暴れている戦闘獣2台。


ズタボロになった弓所長は
「うぅっ、甲児くん、さやか、ボス、例えどうなっても、私は光子力研究所の栄光だけは守りぬくぞ・・」

さすがは所長!まったく、うちの職場のボスにもこのくらいの気概が欲しいものですな。

現場に到着するや否や、ただちに先制攻撃を開始するグレート・マジンガー。

「アトミーック・パーンチ!」

なんて物騒な名前・・でもケンカはやっぱり先手必勝!


ロケットパンチのとき同様、レーザー光線を浴びせるグラトニオス。


アトミックパンチはグリグリ回転しながらレーザーをものともせず、グラトニオスとピラニアスをまとめて壁まで叩きつけてしまう。

「オレはちょっと手荒いぜ!グズグズしてるのは苦手なんだ!グレート・ブーメラーン!!」

胸の放熱板を取り外し、ブーメランだと言い張って投げつけるグレート・マジンガー。一撃でグラトニオスの首を切り落としてしまう。


「サンダー・ブレーク!」

両耳から雷を起こし?落雷を人差し指に誘導させ、グラトニオスに放つグレート・マジンガー。


木っ端微塵に消えてなくなってしまうグラトニオス。その間、わずか30秒!!

「さぁ、貴様もいくぞ!!」


ウロコを飛ばすピラニアス。

「この野郎いいかげんにしろ!」

グレート・マジンガーが体を震わせると、全てのウロコが剥がれ落ちてしまう。そんなのアリ?

「マジンガー・ブレード!」

ジャンプしたグレート・マジンガーの右太もも横から、巨大な剣が現れる・・


しかもガンダムのビームサーベルなんかと違い、刃のほうから出てくる!刃物の取り扱いを知らないのか、この設計者は・・。

「でぇいっ!」

特に技に名前はないらしく、出てきた剣を投げつけるグレート・マジンガー。


流血(なんで?)しながら爆発するピラニアス。


ピラニアスとの戦いは・・これまたたったの30秒・・なんだったの?あのマジンガーZの大苦戦は・・。

謎の科学者は、死んだはずだった甲児の父親、兜剣造で、こんな日もくるかと、グレート・マジンガーを建造し、パイロットとして身寄りのない剣鉄也を英才教育していたらしい。


いいのか?そんなことして。

かくして、圧倒的な力の差を見せ付けて新旧交代した2台のマジンガー。


驚くのは、これがグレート・マジンガーの第一話ではなく、あくまでマジンガーZの最終回(第92話)だということ。


これほどまでに主人公が完膚なきまでにやられてしまっていいものだろうか。

そして、この回では圧倒的な強さと格好良さを見せ付けたグレート・マジンガーなのですが、いざ本編が始まってみると、やはり初代ほどのインパクトは持続できず、マジンガーZの二番煎じ的な作品に終わってしまった(個人的感想です・・あくまで)のがやや残念です。

ともあれ、この作品は数ある名作アニメの最終回の中でも、群を抜いて素晴らしい出来である(これに対抗できるのは、「パトラッシュ、ぼく、とっても眠いんだ・・」のあの作品くらいしか思い浮かびません。)のは間違いありません。

ちなみに、グレートマジンガーの最終回「平和の鐘よ勇者の頭上に鳴り渡れ!!」では、マジンガーZがグレート・マジンガーを助けるくだりがあるそうなのですが、これはまた、別の話ですね・・・。

スポンサーサイト



コメント

コメント(8)
No title
ハラハラドキドキ…ドキがムネムネしながら読みました。あーおもしろかった。原作読んでもこれ以上のおもしろさがあるのか疑問がわきます。カッタウェイさんの突っ込みがいちいちツボで爆笑しながら読み、夫にいぶかられました。はー…本当におもしろかった~。

cho*chi*un

2005/09/22 23:25 URL 編集返信
No title
ちょっちぷんさん、こんな長い読み物にお付き合いいただきありがとうございます!この最終回だけは、今見てもかなり楽しめました。やはり最終回こそは作品の真髄・・そういえばドラえもんの正真正銘の最終回が見てみたいとずっと思っているのですが、なんだか声優陣を入れ替えて、当分続きそうですね。

カッタウェイ

2005/09/22 23:43 URL 編集返信
No title
実はマジンガーZ、なつかしアニメとして存在は知っていたのですがどういう話かはさっぱりわからず、「誰もが知っている」グレートマジンガーを知らず・・・。なのにドキがムネムネ。結局甲児は助かったのですか??

そら

2005/09/22 23:50 URL 編集返信
No title
そらさん、マジンガーZは単純明快な勧善懲悪アニメなので、特に話というほどのものはなく・・。甲児くんはさやかとNASAかどこかに留学に行きましたです。グレートマジンガーのさらに続き、「UFOロボグレンダイザー」では再びレギュラー(主役ではない)の座を獲得したそうですが、ここまでは私は見てませんです。誰か見た人いないかな・・。

カッタウェイ

2005/09/23 00:05 URL 編集返信
No title
もちろんそれは私です。と言いたいがこんなに細かく覚えていません。留学から帰ってきた兜甲児はグレンダイザーの主役大介さんことデュークフリード(どう見ても永井豪の絵ではない)の引き立て役になり、ウルトラマンシリーズでウルトラマンが出てくるまで怪獣にやられる地球防衛軍のような役回りを演じさせられたのでした。涙・・・

chargeup2003

2005/09/23 00:36 URL 編集返信
No title
さすがchargeupさん!実は登場期待しておりました。グレンダイザー、私は歌しか知りません。「ゆけ~ゆけ~デュークフリード、飛べ~、飛べ~グレンダイザー・・」兜甲児が出てこないぞ・・(もらい泣き)

カッタウェイ

2005/09/23 00:50 URL 編集返信
No title
グレンダイザーはフランスで大人気だったそうですが、あの少女漫画の王子様のようなキャラはフランスを意識していたのでしょうか。役柄もどこかの星の王子で、地球に来た時は大人だったのに地球生活になじみすぎ。

chargeup2003

2005/09/23 13:05 URL 編集返信
No title
意外にも、遠いフランスでグレンダイザーが人気を博していたとは。マジンガーは男くさ過ぎて、ヨーロッパではウケないのでしょうか。そういえば、韓国には、Zによく似たテコンドー使いの巨大ロボット番組があるのだとか。

カッタウェイ

2005/09/23 13:13 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

カテゴリ

検索フォーム

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
400位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
服飾
5位
サブジャンルランキングを見る>>