FC2ブログ

さらば、ガントレット・ボタン

2019年08月12日
4
それでもイギリスのシャツが好き
シャツの袖口付近、「剣ボロ」といわれているパーツに付けられている(ことが多い)ボタンがあります。

KIMG1615.jpg

一番上のボタンですね。

このボタン、「ガントレット・ボタン」という何やら大仰な名前がついておりまして・・。

ここでの「ガントレット」とは、昔の騎士が装着していた甲冑用の手袋のことだとか。

でも私は、大昔のこちかめのセリフ「ぎゃおん、ガントレット!」を真っ先に連想してしまうのです。

このセリフは、突然拳銃をぶっ放してきた両さんが、イーストウッド主演の映画「ガントレット」を想起させたためのものらしいのですが、私自身はこの映画「ガントレット」をまだ観ておりません。

それから、「ガントレット」には、2列に並んだ兵士の間を、打擲されながら通り抜けるといった刑罰の名称という意味もあるらしく、なんだか恐ろしいです。

そのせいではないのですが、私はあまりこのボタンが好きではありません(開け閉めが面倒くさい)。

また、以前よく個人輸入していた英国シャツメーカーでは、基本的にガントレットボタンがないものが多かった(ボタンダウンとかスリムフィットとか、一部のモデルでは見かけました)ので、「なくてもいっかな構わないボタン」だと認識しております。

そんなわけで、今回はガントレット・ボタンなしにてシャツを注文しました。

KIMG1617.jpg

袖まくりをしょっちゅうしなければならないこの時期には、ガントレット・ボタンはないほうが楽です。

決して袖まくりをしない季節にあっても、「ガントレット・ボタンのおかげで防寒性が高まる」効果は極めて僅少だと思われますので、ガントレット・ボタンの有無は純然たる好みの問題であるようです。

関連記事
スポンサーサイト



カッタウェイ・カラー
Posted by カッタウェイ・カラー
1)80年代アシックスタイガーや70年代オニツカタイガーを中心としたヴィンテージスニーカー,2)昔の「ジーパン」,3)英国調トラッド服,オーダースーツや革靴,4)オールド国産タックルとルアー釣り,5)ヴィンテージ万年筆,6)その他昭和レトロ・懐古趣味の雑記などについて書いております。

Comments 4

There are no comments yet.

chargeup  

シンプル

またまた記事と関係ないコメントで恐縮ですが、タイトル周りが随分シンプルになりましたね。これから画像を入れるのでしょうか。個人的にはあまり画面が白すぎると目がチカチカするので、今後の進化を期待したいところです。

2019/08/15 (Thu) 03:45
カッタウェイ・カラー

カッタウェイ  

To chargeupさん

テンプレートがしっくりこず、色々と試行錯誤を繰り返しているところであります。今度のはどうでしょう。また何かお気づきになりましたら教えてくださいませ。

2019/08/15 (Thu) 17:54

chargeup  

ホームページっぽく

目に優しくなりました。ありがとうございます。
全体がブログというよりはホームページっぽいですね。ちょっと見慣れない感じはしますが、カッタウェイさんのブログには合っているかもです。

2019/08/16 (Fri) 07:18
カッタウェイ・カラー

カッタウェイ  

To chargeupさん

ありがとうございます。他人様からどう見えるか、というのは自分では気づきにくいこともあり、とても参考になります。

2019/08/16 (Fri) 18:15