FC2ブログ

消えたスウェーデンの前衛釣具メーカー、ARJON

2005年09月23日
18
0
バンタムにファントムにアリヨン



画像はスウェーデンのARJON(アリヨン)という今はとっくに無きメーカーが作ったリールで、名前は・・ファイターだったかな?(訂正・・コマンダーでした。本体にちゃんと書いてあった・・)

私の所有ブツではなく、私が無理矢理この世界に巻き込んでいるうちに脳内麻薬に犯され、すっかりそっちの世界にはまり込んでしまったリアル知人、J氏のブツです。

東側戦車の砲塔のような素朴すぎるカップですが、よく見ると何やら大穴が開いています。こんなとこに穴あけたら、水が入ってくるやん!と思わずにはいられないのですが、この穴、伊達や酔狂で開いているのではなく、エア・ブレーキなんでございますよ!

エアを搭載して飛躍的な進化を遂げたナイキを連想せずにはいられません。間違ってもスバル・アルシオーネのサスペンションを思い浮かべてはなりません。

釣り師ではない、圧倒的多数の訪問者の方に解説させていただきますと、このテのリール(糸巻き)というのは、オモリやエサやルアーを、よっこらしょっとぶん投げることで、数十メートル向こうまで飛ばすことができるのです。で、付属のハンドルで糸を巻き取ることで、ルアーを泳がせることができ、その結果、ルアーに魚が襲い掛かることがある・・という作戦なのです。

その遠くへ投げるとき、このタイプのリールだと、最初はいきおいよく糸巻きの軸(スプール)が回っていたのに、だんだん投げたルアーの速度が落ちてくるので、糸が引っ張られてないのに、スプールだけ回るという世にも恐ろしい事故が頻々と起こるのであります。この現象を釣り専門用語で、バックラッシュといいます。

バックラッシュを防ぐため、遠心力を使ったり、マグネットを使ったり、指で微調整したり、色々必要となってくるのですが、ARJONは空気の力でコイツを防止しようと思ったのです。

実際にどのくらいの効果があるのか・・そもそもエアブレーキが必要なくらい、スプールは回るのか?と色々疑問があるわけなのですが、一度も実戦参加していないリールなので、定かではありません。

私が気になっているのは音です。エア・ブレーキがキュイーン!とゴキゲンなサウンドをかなでるのではないかと・・。

あと、このARJONにはクラッチもありません。ルアーを投げたとき、自動でクラッチが切れるようになってます。どうやって・・・分解されたARJONを前に悩むこと数十分。秘密はこのスプールにあり!

さらにはキャスト時にはレベルワインダー(自動糸均一巻き取り装置)が自動で左右に開き、リーリングを開始すると復活します。すごい!

・・・と、機能を書き連ねると、あたかも洗練されたハイテクリールだったように聞こえますが、その実到底実戦で便利に使えるシロモノではなかったと(容易に)想像できてしまうレベルです。結局、質実剛健なアブ社に飲み込まれてしまうのですが、このチャレンジャー・スピリッツだけは、現在もアブ社の中で、脈々と受け継がれている・・ようにも見えないし、どっか行っちゃったんでしょうか・・。

関連記事
スポンサーサイト



カッタウェイ・カラー
Posted by カッタウェイ・カラー
1)80年代アシックスタイガーや70年代オニツカタイガーを中心としたヴィンテージスニーカー,2)昔の「ジーパン」,3)英国調トラッド服,オーダースーツや革靴,4)オールド国産タックルとルアー釣り,5)ヴィンテージ万年筆,6)その他昭和レトロ・懐古趣味の雑記などについて書いております。

Comments 18

There are no comments yet.

ペーパーキャプテン・りヴぁ  

No title

こんにちは,はじめまして(eではどうもです)ARJON…どんなエアー・サウンドだったですか?そして,クラッチの秘密とは?レベルワインダーの観音開きとは如何に?…是非,ARJONの続編をお願いします。

2005/09/23 (Fri) 17:00

chargeup2003  

No title

なぜか意外な人がいる。

2005/09/23 (Fri) 17:48

カッタウェイ  

No title

リヴァさん、いらっしゃいませ。マヒマヒ談義のときはどうもでした。釣りはいいですね~。お名前のアイコンはストリーマなのでしょうか?ARJONですが、「投げてもいいけど海では使うな!」と言われているので当分実戦では使えません・・。珍機構の数々は、いずれ持ち主に解説記事を書いてもらいたいと・・。(うまく説明する自信がない)

2005/09/23 (Fri) 18:56

カッタウェイ  

No title

chargeupさんが頻繁に遊びに来てくださるおかげで、chargeupさんのお友達にも訪問していただけるようになり、とても嬉しいです。しかし、それにしても、まさかこんなマニアックな記事にまで・・。

2005/09/23 (Fri) 18:59

ペーパーキャプテン・りヴぁ  

No title

釣りに行きたいですね~!俺の名前アイコンですか?わからないでしょうから,気にしないで(笑)ARJONの持ち主様もブログを?解説記事をお書きになられたら是非ご一報をお願いします。非常に興味があるのです,ARJONのチン機構に!絶対,書かせてください。お願いします。観音様~

2005/09/23 (Fri) 19:27

カッタウェイ  

No title

ARJONの持ち主のJさま、ブログをお持ちでないJさま、熱烈な執筆要請を頂いております。800字以内で「ARJONと26の秘密」を執筆願います。実釣レポートがあると、なお素敵です。

2005/09/23 (Fri) 19:57

ミスターJ  

No title

マイARJONを掲載して頂きまして有難うございます。昼に写真を送って、夕べにコメントを書くとは思ってもいませんでした。いつもながらの行動力ですな。「万事は腐りかけが一番」をモットーとする私には驚きです。興味を持って頂いたリヴァさん、光栄の極みであります。ですが、800字で「ARJONと26の秘密」を語るのは相当難しいです・・・できれば画像を交えてお伝えしたいですし。カッタウェイさん、どうしたらよろしいでしょうか?ちなみに、土台にした「聖マッスル」と「アストロ球団」は、ARJONへのオマージュのつもりです。

2005/09/23 (Fri) 21:11

カッタウェイ  

No title

ARJONオーナーのJさま、それでは「エアブレーキ・サウンド実験編」と「消えたクラッチの謎編」最後に「レベルワインダーの行ったり来たり編」をお願いします。画像は各1Mまでで。番外として「デスマッチ!!ARJONコマンダー対アンバサダー4600CB」でレベルワインダー珍機構対決もお願いします。

2005/09/23 (Fri) 22:22

ペーパーキャプテン・りヴぁ  

No title

カッタウェイさん&ミスターJ殿,益々楽しみになってまいりました。「26」も秘密があるのですから,シリーズ化して欲しいです。800字ではさぞ字数が足りないものと思われます。字数限定なしでは如何でしょう。希望としては,最初に番外編がいいです。

2005/09/24 (Sat) 07:07

カッタウェイ  

No title

ARJONオーナーのJさま、この際、ブログを立ち上げられるのもよろしいのでは。ARJONだけで一月は引っ張れます。人気が出れば、アブ社からARJON3兄弟復刻のモニター依頼が来るかもしれませぬ。

2005/09/24 (Sat) 07:29

カッタウェイ  

No title

追記・・ミスターJさま、今後ARJONの画像掲載の際には、著作権に格段の配慮をお願いします。・・・アストロ球団はセーフなのだろうか・・?

2005/09/24 (Sat) 07:31

ペーパーキャプテン・りヴぁ  

No title

セーフです。オマージュですから。カッタウェイさん,そうですよ!引っ張れます。是非!是非!是非!

2005/09/24 (Sat) 07:39

ペーパーキャプテン・りヴぁ  

No title

追記: トリビュートということで。

2005/09/24 (Sat) 07:47

カッタウェイ  

No title

リヴァさん、全力を尽くして催促しますが、今しばらくお待ちください。

2005/09/24 (Sat) 19:05

かうたん  

No title

アリヨン・・どこかで聞いた名前だと思ったら、昔本で読んだ事が有りました。パーミングカップがプラスチックのシースルーの奴も有りませんでしたっけ??
僕の想像してた音はブゥゥゥン!だったんですが、実際はどうなんでしょう?(笑)
こう言うコンピューターの無い時代にアナログな努力で工夫をするって言うのが、なんとも格好良いですね♪
なんだかターボを使わずに馬力アップを目指した昔のホンダみたいです(笑)
ABUのアンチバックラッシュ機構も仕組みが良く分かりませんが、なんだか苦労の跡が伺えますよね。

2007/08/22 (Wed) 01:21

カッタウェイ  

No title

kautanさん,古い記事の再掲にコメントありがとうございます。赤いシースルーのアリヨン・・チャンピオンですね!レベルワインドが全く付いていないのがナンですが,抜群に格好いいです。
まだキャストさせてもらっていないので,音は聞けず終いです。
キャスト時にクラッチが切れるなら,アワセても切れるのでは?とか色々試したいことがあるのに・・。

2007/08/22 (Wed) 18:14

かうたん  

No title

ありゃ?ほんとですね、古い記事だったんですか^^;
そうですよね、どこかに工夫がしてありそうですね。例えばリールを上方向から下方向に急激に動かすとクラッチが切れる・・とか・・
ABUのABモデルも一体何がどうなってアンチバックラッシュなのか・・そう言うのって気になります(笑)

2007/08/22 (Wed) 22:56

カッタウェイ  

No title

そうなんです,旧作でして,つづきもあります。ABUのCBのレベルワインド中央制止機構は解明したのですが,ABモデルとは,これいかに・・使ったことありません。興味シンシンです。

2007/08/22 (Wed) 23:27