FC2ブログ

万物は劣化する。ヴィンテージの魅力は余命の短さと隣り合わせ

2019年12月21日
4
バンタムにファントムにアリヨン
先日、喫茶店の待ち時間に、お店の棚にあったスニーカームックを読んでいたら、ナイキのエアジョーダン1の当時モノが沢山掲載されておりました。

25年くらい前のスニーカーバブル期、凄まじい人気があったメタリックカラーのジョーダン1も各色が掲載されており、壮観でしたが、どれもメタリック部分がクラックだらけ。

35年近く前のバッシュなのですから、劣化して当然。むしろ現存しているのが奇跡・・ということなのでしょうが、往時の姿を覚えているだけに、劣化を止められない無常の現実が重くのしかかってきました。

自分が所有しているヴィンテージスニーカーも、日々劣化が進んでいます。真空パックに入れたりサランラップを巻いたりする方もいらっしゃるようですが、私は布袋に入れて暗室に放り込んであるだけで、特段の劣化防止策はとっていません。

万物は劣化する・・ヴィンテージ品は、未使用品で入手しても未劣化品というわけではないので、現行品に比べれば素材自体の寿命が短くなっていることが多いことでしょう。

最近気になっているヴィンテージ品の劣化は、80年代の釣り具。

ティンバーバズのスカートがベビースターラーメンのようにカチコチになっていたのはご愛敬としても・・。

名竿(見た目重視)、ダイワ・ファントムPCBシリーズのワンタッチグリップ。

これが、触るとベタベタするようになってきました。グリップの加水分解でしょうか。

ただ、グリップ自身が崩壊するような感じではない(今のところ)ので、使用は継続中です。

そういえば、もう一本、ロッドケースに入れたままのファントム(PPB)があったなぁ、と思い出して、先ほど封印を解いてみましたところ・・。

ベタベタが脂汗のようにグリップを覆っておりました。

20191221_182039(1).jpg

そればかりか、グリップのラバー部分が本体から浮いてしまっております。

20191221_182103(1).jpg

押し込んでみましたが、私の力では戻せませんでした。

ヴィンテージ品は日々劣化していくため、私のような無精者には、ますます維持管理が難しくなっていきそうです。

持ち主自身も劣化していくのですから、このうえヴィンテージ品を増やすのではなく、少し整理したほうが本当に良さそうです。
関連記事
スポンサーサイト



カッタウェイ・カラー
Posted by カッタウェイ・カラー
1)80年代アシックスタイガーや70年代オニツカタイガーを中心としたヴィンテージスニーカー,2)昔の「ジーパン」,3)英国調トラッド服,オーダースーツや革靴,4)オールド国産タックルとルアー釣り,5)ヴィンテージ万年筆,6)その他昭和レトロ・懐古趣味の雑記などについて書いております。

Comments 4

There are no comments yet.

しんのすけ  

釣具……

カッタウェイさん

お疲れ様です。ファントムとか、バンタム、80年代は憧れでしたね。一番欲しいのが、アンバサダーなんですけど、バックラッシュするので小学生には厳しかったです…。
バス釣り自体、やらなくなったんですけど、バッシュと同じで当時のワクワク感はまだありますね。

最近、夏の温度と湿度がひどいじゃないですか? 樹脂とかレザーは膨張しますよね…。それこそ、クーラー付き倉庫でもないかぎり、モノは減らす方向ですよね。唯一、保存が効くのが万年筆かと(笑)。こりゃブーム到来ですね。ではでは、失礼します。

2019/12/22 (Sun) 20:21
カッタウェイ・カラー

-  

To しんのすけさん

コメントありがとうございます。バス釣り、私も長いことやっていないのですが、ワクワク感は残っています。

亜熱帯化により、古物保管にはますます厳しい環境になってきましたね。万年筆も、セルロイド軸の劣化が進むのではないかと恐ろしいですが、小さいので保管状況の把握・管理は釣り具より容易ですね。

2019/12/22 (Sun) 21:28

tei-g  

何故かわかりませんがゴムはベタベタになりますね。20年ほど前に購入した一眼レフカメラのグリップ部分もベタベタで不快な感じに…。スピナーベイト、ラバージグのスカート劣化も昨今のシリコンでないと避けられませんね、悲しいことに。

2020/01/01 (Wed) 17:26
カッタウェイ・カラー

カッタウェイ  

To tei-gさん

カメラの世界でも同じような現象が。ルアーでは大切にとっておいたストライクキングのティンバーバズのスカートが硬化して風とともに去っていきました。

2020/01/01 (Wed) 20:56