FC2ブログ

パイロットの初代エラボーで一撃スォッシュに挑戦

鳥のクチバシかコンコルドを連想させるような独特のペン先を持ったパイロットの軟調万年筆、エラボー。

これは軸にシリアルナンバーが刻まれている勘合式の初期モデルです。

20200328_233154.jpeg

エラボーは今でも後継機種が定番品として販売されていますし、海外ではNAMIKI FALCONとして人気を博しているそうですね。

そのFALCONをカリグラフィー的に使った有名な動画がありますが、真似をすると壊れるかもしれないとか、あれは調整済の特殊仕様なので、普通はあんなにフレックスしないとか・・。

でも、見れば多くの人が真似をしたくなる動画であることは間違いありません。

極度にフレックスさせて書くのは怖くてとても真似できませんが、ひっくり返して切り割全体で太い線を引いてみたら、一筆で初期ナイキのスォッシュ調の線を引くことができました。

鍛錬すれば、タイガーストライプやミズノのMラインを書くこともできるようになるかもしれませんが、私の技量では、その前にペン先を曲げてしまうこと疑いなしなので、反転書きはこれで封印しようと思います。
スポンサーサイト



コメント

コメント(2)
お、面白い
カッタウェイさん

お疲れ様です。エラボーですか、格好良いですね。
筆のように、接地面を広げられるんですね。このタイプ、特別仕様なんですか?

万年筆奥深いなー。ありがとうございました。

しんのすけ

2020/03/31 08:14 URL 編集返信
カッタウェイ・カラー
To しんのすけさん
お疲れ様です。裏返して先端からハート穴までの切り割りが全て紙に当たるようにして横へスライドさせたものです。

エラボーはペン先が段になっているのでやりやすいです。

カッタウェイ

2020/03/31 20:04 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

カテゴリ

検索フォーム

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
480位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
服飾
5位
サブジャンルランキングを見る>>