FC2ブログ

「亀田の日」について思うこと

亀田興毅選手は間違いなく強いし,私もポンサクレックやパーラとのタイトル戦を心待ちにしています。

ただ,マスコミの煽り方やマッチメークの仕方には,若干の疑問を感じることがあります。

亀田興毅選手は,まだ同じフライ級のトップ10(WBC・WBA)の選手と戦っていないのでは?

二階級下の元世界王者(おなじみアランブレット)等,あまり「怖さ」を感じない選手を選んでいる傾向があるのでは?もちろん,トップランカーと戦っても十分に通用すると思うけれど,本当に危険な相手とはまだ戦っていないようにも見受けられます。

今日の相手も,当初はWBCフライ級32位(だったかな)と紹介されていたのに,テレビではIBF(日本ボクシングコミッション非公認の世界団体。マイナー団体とまでは言わないけれど)ライトフライ級5位で,世界のトップランカーと紹介されていました。

どうしてWBC32位と紹介しないのだろう?IBFで世界王者になった新垣選手はほとんど黙殺されていたというのに,こんなときだけIBFを公認していいものなのか。

IBFがいけないというのではなく,新しくボクシングファンになってくれた人達にも分かるように(JBC非公認)とするか,やはり正直にWBC32位と紹介してほしかった。IBFの世界戦は,日本ではできない(日本IBFは現在IBF未認可のはず)のですから。

それから,ローブローの連打でKOした(大反則)前回の試合が,今日の試合でほとんど取り上げられなかったのも気になります。なかったことになっているのか?

あの試合のローブロー連打は,当日の解説でも,「ボクシング・マガジン」誌でも(控えめに)取り上げられています。本来なら,反則を取るべきなのに,レフェリーは反則どころかカウントを取ってしまった。

そして,次男の大毅選手。長男や3男のような器用さがないから経験を積ませる,との方針らしいのですが,いくら前回かませ犬役の選手相手にKOできなかったからといって,今日の対戦相手は,「本当にプロボクサーなのか?」と疑うほどのぎこちなさでした。

タイはムエタイ(タイ式キックボクシング)が主流です。国際式に転向するボクサーは,カオサイのように「ムエタイはイマイチだけど,国際式にしたらめちゃめちゃ強い」タイプと,サーマートのように「ムエタイは極めた!次は世界だ!」というオールラウンドの天才か,かませ犬として日本に招聘される,気の毒な選手の3タイプがいるようです。

そういう事情を鑑みるに,テレビで「ボクシング王国,タイ」と言っていたのは,少し誤解を招く表現だったように思います。

今日,大毅選手がキティポップをKOした試合は,ボクシングというより一方的な殺戮に近い試合でした。私の個人的な意見では,ボクシングというスポーツが本当に輝くのは,両者ともに高いスキルとモチベーションを持っている場合に限ります。

どうか,あのような試合を見て,「スカッとした!」「これがボクシングの面白さなんだ!」とは思わないで頂きたいと思うのです。

恐らくは生計を立てるために,体を壊しながら戦い続けるかませ犬ボクサー。それを招聘する日本の名門?ボクシングジム。スカッとするどころか,私は胸が締め付けられてしまいます。

あの試合がつまらないとは言いませんが(大毅選手のボディブローは迫力十分でした),決してボクシングというスポーツにおける最高の試合ではありません。願わくは,彼らが,いつか本当に強い相手と,最高の試合を見せてくれますように。

スポンサーサイト



コメント

コメント(10)
No title
こんばんは、cut_away_collarさん。 亀田兄弟好きなのですが、見ていて、なにかすっきりしないなって思ってました。そういうこともあるんですね。

zakoppe

2006/05/07 03:06 URL 編集返信
No title
雑魚さん,ご無沙汰しております。亀田選手には全く非はなく,周囲の問題なのですが,ちょっとだけ心配なのです。リングアナウンスも演出し過ぎというか,もっとフェアーにスマートにやって欲しい,とも思いました。

カッタウェイ

2006/05/07 12:25 URL 編集返信
No title
亀田兄弟は試合でことごとく相手をKOで倒してニュースでもいかにも「亀田最強!!」という言い方をするので(誰が相手でもKOできるみたいな)ボクシングをあまり知らない私はすごいんだなぁ、強いんだなぁと思いつつもなんだか冷めてしまうのです。野球もですけどやっぱり最後までわからない接戦がみたいなぁ。

そら

2006/05/07 22:09 URL 編集返信
No title
ご説、ごもっとも、全面賛成。こんなマッチメイクじゃ亀田兄の実力、分かりませんよ。次回、世界戦になったら殺戮される可能性もあるわけで。責任はTV局を中心とする周囲の大人達にあり。

yoc

2006/05/09 00:23 URL 編集返信
No title
そらさん,意外なことにボクシングは野球よりずっとずっと番狂わせが少ないのです。接戦ばかりさせていると,疲弊してしまうので,ある程度やむを得ない面もあるのですが・・。

カッタウェイ

2006/05/09 19:57 URL 編集返信
No title
norigueiraさん,亀田が「ボコボコにしたった」と豪語しているポンサクレックとの試合を早く実現させて欲しいのですが,ライトフライに打診したりまたまた前哨戦を組もうとしているあたり,やはり陣営も怖いと思っているのではないかと思います。前哨戦はふつう一試合なのですが。

カッタウェイ

2006/05/09 20:00 URL 編集返信
No title
亀田興毅はやはりライトフライ級での王座奪取に照準を合わせてきましたね。フライ級では奪取も防衛も難しいこと、亀田陣営が当初からビジョンを描いてきた「太く長く」(王者になってから人気が出ては遅すぎる)を 実現するための算段が実行段階に入ってきましたね。

mid*re*e*kan

2006/05/14 15:34 URL 編集返信
No title
ポンサクレックはそのうち失速するだろうし,あえて今挑む必要はないということでしょうか。ライトフライがカルバハルやウンベルト・ゴンザレス,張正九のようなスーパー王者時代だったら面白かったのですが。

カッタウェイ

2006/05/14 16:32 URL 編集返信
No title
こんばんは。
自分が一番興奮した試合は、ダグラスがタイソンに勝った時なんですが、あれって見る人が見れば、落ち目タイソンの醜態さらし に過ぎなかったのでしょうか?

e90

2012/07/07 03:48 URL 編集返信
No title
e90様、色々な話題にコメントありがとうございます。90年のタイソン×ダグラス戦については、前の2試合でのタイソンの動きが明らかにおかしかったので、予兆がなかったわけではないのですが、それでも衝撃的な結末だったと思います。試合前のボクシングマガジンでダグラスの取材記事があって、確か雪の中でトレーニングしている写真が載っていたのですが、とてもいい表情をしており、「ひょっとしたら善戦するかも」という予感がしたのを覚えてます。(試合後に同じことを誰か仰ってました。)ただ、まさか本当にタイソンを倒すとまでは思えなかったし、試合終了の瞬間まで信じられませんでした。

カッタウェイ

2012/07/07 11:20 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

カテゴリ

検索フォーム

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
480位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
服飾
5位
サブジャンルランキングを見る>>