FC2ブログ

革てぶくろを買いに(デンツの手袋を紛失)



カラー軍手二枚重ねに始まり,バリバリ伝説風レーサー手袋,米陸軍御用達D3-Aレザーグローブ(すこぶる臭く,ライニングがないのですきま風ぴゅーぴゅー)と続いた私の手袋探し。

20代になって車に乗るようになり,必要性がなくなって終焉のときを迎えたはずだったのですが・・。

30代になって英国風スーツ・スタイルに惹かれだしたせいで(徒歩通勤になったせいもあります)どうしても革手袋を買う必要に迫られました。

チェスターフィールドコートにもカバートコートにも,ハンドウォーマーは付いていません。革手袋の着用を前提としているせいではないかと思います。

あるテーラーさんのコラムでも,これらの服を着るときは革手袋を着用するように,しきりに呼びかけてました。

書籍「GENTLEMAN」のモデルさんも,チェスターにタイトな革手袋を着用していました。無理矢理ポケットに手を突っ込んだり,根性で素手のまま通勤したりしては,やはり雰囲気が出そうにありません。

そういえば,アメリカ海軍のM-422A,G-1,WEPにもハンドウォーマーがありません。

これは看板上でポケットに手を入れることを禁じていることに起因するらしいですが,タイトでキビキビしたこれらの飛行服にハンドウォーマーに手を突っ込む姿は似合いません。

民間用のいわゆるボマージャケットとの違いでもあります。

難燃性繊維を使ったCWU-45/Pには「その気になれば手を入れられなくもない」大きなフロントポケットがありますが,これは空軍と海軍のフライトジャケット共通化を図ったがための良いとこ取り,悪く言えば妥協の産物とも考えられます。

海軍では,支給停止後もWEPに拘り続けたエビエーターが少なくなかったそうですが,火だるまになるかもしれないリスクを背負ってまで(ナイロンは火がつきやすくて消えにくい)CWUの着用を拒んだのは,海軍魂のあらわれなのか,WEPの魅力によるものなのか,空軍と同じ格好をするのが嫌だったのか,はたまたCWUを不細工だと感じたのか,興味深いところではあります。

話を戻して,革手袋購入を決意した5年くらい前の私に追い風が吹きました。
英国トラッド好きの憧れる手袋メーカー,創業はなんと1777年というDENTS社がオンラインショッピングを開始したのです。国内で買うより圧倒的にリーズナブル。

いそいそと他社製品でサイズを確認し「8ハーフだな・・」とオンライン注文。これは妻からのクリスマスプレゼントでもありました。

2週間後,何の事前連絡もなく,いきなり届いたDENTSの手袋は,噂どおりの素晴らしい品質でしたが,恐れていたことが発生しました。

「サイズがでかいぞ・・」

手首にストラップがあるのですが,きついほうで締めても全く意味をなしません。私の手首がなまっちょろいのか,英国人の手首がゴツいのか。

どうにも使いづらく,あるとき我慢しきれなくなった私は,ステッチをほどいてストラップを短く切断し,ミシンで縫い直すという暴挙に出ました。手縫いが売りのDENTSの"マジック・フィット"を踏みにじる行為ではありますが,実用品としては圧倒的に使いやすくはなりました。

そして一昨年の冬。妻に「どうしてもジャストフィットのDENTSが欲しい」と駄々をこねて,再度同じ黒手袋を注文(ただし,同じ品がなくてストラップなしにしました)。自分で買えば済むことなのですが,なんとなく,同じクリスマスプレゼントで欲しかったのです。

そして2週間後,今度は箱にも入らず,ポストに突っ込まれての納品でした。

さらに2月の後,ジャストサイズ(7ハーフ)のDENTSを着用して,少しリッチな気分になっていた私は,350円の指定席券を奮発して特別車でお出かけしました。

普段より高級な座席で電車に揺られていると,いつしか夢心地。そして,目的地到着のアナウンスに飛び起きる私。

朦朧とした頭で,もはや誰に見せる必要もない指定券を握りしめ,慌てて転がり降ります。

「やれやれ,寝過ごすところだった・・」

寒風吹きすさぶ地上に向かい,私は颯爽とDENTSを取り出して着用・・あれ?左手がないぞ。

10分後,血相を変えた一人のちゅうねんが鉄道落し物受付に駆け込んでいましたが,届いているはずもありません。なんせ左手だけですから。

今でも,右手だけになったピカピカのDENTSを見ると,胸が痛みます。

私のような粗忽者には,子供の毛糸の手袋のように,左右を紐で連結した手袋が適当なのですが,私がやると変○ちゅうねんのボン○ージファッションかと思われるのが関の山です。

私のような粗忽者ではない皆様には,DENTSの手袋はクリスマスプレゼントとしてお奨めです。レディスの手袋は,男性ものよりずっとシャープで,とてもエレガントです。
スポンサーサイト



コメント

コメント(8)
No title
私も片方落としてしまい、長いこと片方だけの手袋を使っていました。もう一方の手はポケットに突っこんでいました。何かのプレゼントで新しい手袋をもらうまで。

chargeup2003

2006/11/20 22:58 URL 編集返信
No title
chargeupさんも片方なくした切なさを味わっておられたとは。全手袋メーカーが片方ずつの販売に応じてくれるといいのにと思わずにいられません。

カッタウェイ

2006/11/20 23:03 URL 編集返信
No title
手袋・・・毎年なくすかダメにしているような・・・。あみあみ手袋はどこかに引っ掛けて穴がほげるわ、革手袋はなぜかセメダインがくっついてしまって懸命にとろうとしてぼろぼろにするわ・・・・向いてないのかもしれません(何に?)でも今年も懲りずに買うのです・・・

そら

2006/11/20 23:37 URL 編集返信
No title
そらさん,ケブラー糸で縫われた頑健なレザーグローブ,スワニーなんかいかがでしょう。皮革がちぎれるまで無料で修理してくれるとか。ただし,エレガントではなく,ロケットパンチみたいなフォルムです(でも欲しい)。

カッタウェイ

2006/11/21 19:34 URL 編集返信
No title
デンツですか、いいですね。ペッカリーが有名なようですが、非常に高価ですよね。日本でライセンス生産でもしてくれたらいいんですけどね。

-

2006/11/22 10:29 URL 編集返信
No title
デンツは海外通販でなければ手が出せません。ペッカリーは本当に高価ですね。海外通販でも躊躇してしまいます。日本で採寸してくれないかと思ったことはありますが,とんでもない価格になってしまいそうですね。

カッタウェイ

2006/11/22 21:26 URL 編集返信
No title
男性がこういう手袋をしてるの、結構好きです。すごくヘンな話なんですが・・・うちの親父は昔、大事にしていた革手袋の手入れに「ニベア」を塗っていました。正しいと思いますか?

ふじん

2006/11/25 22:38 URL 編集返信
No title
ふじんさん,ニベアって・・ボディクリームとかでしょうか??ホホバオイルが入っているらしいのでラナパーと近い成分ということで,有効なのではないでしょうか。

カッタウェイ

2006/11/25 22:44 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

カテゴリ

検索フォーム

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
400位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
服飾
5位
サブジャンルランキングを見る>>