FC2ブログ

革靴のクリーニングが完了しました(旧CHURCH'S)。

名古屋駅地下にある靴専科さんにクリーニングに出したチャーチが帰ってきました。

古い靴ゆえ,とにかくダメージ軽減を最優先にしようと「内側だけクリーニングしてください」と頼んだものです。

クリーニングに出そうと思ったのは,半世紀前の靴だけあって,古物特有の匂いがあったのと,なんとなく完全な新品ではない靴を履くことに抵抗があった(新品に近い状態で手に入れた靴なので,汚れはないのですが)ためです。

気になる匂い,どのくらいカットできたのだろうか。

結果は・・明らかに匂いが軽減しました。70%カットくらいです。アッパーのダメージ,染み,ライニングへの色移り,中底のひび割れ等,心配していたダメージはありませんでした。

履いてみて突然バキッ・・ということがない限り,内側クリーニングに関しては,安心して任せられそうです。

ヤフオクで過去の名品(チャーチの224シャノン,ボノーラLOBBのフィリップ,シュニーダーのジョッパー等)が中古で出品される度に,「いいなぁ・・でも中古だもんな・・安いけど,中古かぁ・・」とためらっていましたが,丸洗いクリーニングに出して,全敷ソックシートを貼ってしまえば気にならなくなるかもしれません。

でも,やっぱり知らない人の靴は嫌かなぁ。

キュートな女性だったらいいかもしれない,と妄想する私の足のサイズは実寸で26.5センチあります。サオリンの靴ならジャストです。
スポンサーサイト



コメント

コメント(20)
No title
サオリンが誰かわからないのであります。でもいくらキュートでもナイスガイでも、水虫だったら困るのです・・・(そんな心配?)クリーニングすれば良いのか。

そら

2007/06/30 00:32 URL 編集返信
No title
こんばんは。クリーニング意外と使えるのかもしれませんね~♪フムフム…。

lucky7investor

2007/06/30 00:34 URL 編集返信
No title
サオリンはバレーボールの木村沙織選手のことであります。そういえば菅山選手は大丈夫だったのだろうか・・。

カッタウェイ

2007/06/30 07:10 URL 編集返信
No title
investorさん,ライニングの手書きの品番なんかも消えておりませんでした。修理の部材がもう少し豊富なら,修理ついでに頼むのですが,クリーニングだけだと,今回のような場合を除き,なかなか気が向きません。

カッタウェイ

2007/06/30 07:13 URL 編集返信
No title
無事に戻ってきたようですね。
東京にも安心して出せるショップ探してみます。
そうそう、中古の靴を購入するのもチョット躊躇しちゃいますが、
身内から古いアディダスのフランス製カントリーを貰った時は
そんなことも考えずに履いちゃいましたが・・・。
まあ身内ですからね。

ohy*ma3*55

2007/06/30 09:37 URL 編集返信
No title
ohyamaさん,私もスニーカーの中古は平気でした(洗うので)。フランス製のカントリーも自分で丸洗いしたことがあります。オキシドールをインソールにつけると,シュワワワワ~っと白い泡が立ちますです。泡は殺菌の証拠だと(多分迷信だと思うけど)いう意見がありますが,だとすると相当雑菌まみれです。
自分の革靴にオキシドールをかけるとどうなるだろう・・。

カッタウェイ

2007/06/30 11:26 URL 編集返信
No title
無事のご帰還、お喜び申し上げます^^v
時々ユーズドの靴で底が相当なことになっているのを待ちこまれることがあります。実際ご感想をお聞きして、中の消毒もオススメできそうです。

長年今の仕事していて、私の手が水虫にならないのも、不思議のうちです。

zakoppe

2007/07/01 01:00 URL 編集返信
No title
雑魚さんありがとうございます。消毒の必要性について,私もよく認識していないのですが,ファッション誌が実際に複数の履きこまれた靴を無作為に抽出して検査し,結果を載せてくれないかな,と思いました。特別な場合以外,必要ない,という結果であって欲しいですが,さて・・。

カッタウェイ

2007/07/01 09:17 URL 編集返信
No title
私は気にならないですが、気にされる方いますよね。服はクリーニングに出せばいいですもね。靴だとそういうわけにもいかないですしね。あるホームページで、水につけると、カビやヨゴレがある程度取れると書いてあるのを見たことありますが、勇気が要りますもね。

-

2007/07/01 16:04 URL 編集返信
No title
deibuさん,私の場合,最初は気にならなくても,履いているうちになんだかミョ~な違和感を感じ,結局ざぶざぶ洗うというケースが多いです。殆どスニーカーの場合ですが,エドワード・グリーンもざぶざぶと・・。

カッタウェイ

2007/07/01 20:35 URL 編集返信
No title
>泡は殺菌の証拠だと
生物が持っているカタラーゼという酵素と反応して酸素が出ているだけで、殺菌とは関係ないようです。H2O2は、菌を酸化したり、OHが発生して強い酸化を経ると水に変わるそうです。

>オキシドールをかける
pHが3-5なので、やめといたほうがいいでしょうね。

>ざぶざぶ洗う
洗い流されるだけで、靴の中に残った菌は死んでいないようですよ。

dou**e_va*p

2007/07/02 06:20 URL 編集返信
No title
>消毒の必要性
http://www.microbes.jp/aimai/kurashi/fl402.htmの表-3によると、中3日で乾燥させると細菌は死滅するようですが、この実験のように、うまく乾燥させるのは難しいでしょうから、アルコール系の消臭スプレーも一緒に使えば、細菌は全滅するはずです。ただ、アルコールは細菌の蛋白質の構造を壊して、やっつけるそうなので、革のコラーゲン線維も同様に、やっつけられそうな気がするので、使いすぎは良くないかもしれません。

カビや白癬菌のような糸状菌はアルコールでは死に難いので、紫外線やオゾンでやっつけるといいそうです。ただ、紫外線やオゾンも菌の蛋白質をぶっ壊すそうなので、やりすぎは革にはよくないかもしれません。
http://www.shimadzu.co.jp/science-east/products/health/sho.html
http://www.ishidachuki.com/product/ozon05.html

dou**e_va*p

2007/07/02 06:21 URL 編集返信
No title
蛋白質の酸化・変性=コラーゲン線維(革)の劣化、と見なしていいかどうか、google先生に聞いているんですが、中々分かりません。

ちなみに、白癬菌にも効く天然抽出成分の殺菌剤があるようですが、どんなもんでしょうね。
http://www.mom.co.jp/aqua/index.html
http://www.one-gr.com/syosyu_japan.php
cache:http://blog.mag2.com/m/log/0000202030

dou**e_va*p

2007/07/02 06:26 URL 編集返信
No title
doubule_vampさん,いつも本当にありがとうございます。それにしてもお詳しいですね。

泡が消毒の証拠ではないこと,「やっぱりか!」と思う反面,そういって子供にオキシドールの滲みる痛みを耐えさせようとしていたのかもしれない,という気もします。そう考えるとありがたいことです。

菌だけやっつけるのは難しいのですね。アロマで使うようなホホバオイルにティートリー,パルマローザあたりの殺菌作用のある精油を混ぜて塗るというのはどうだろう・・あ,でもキャリアオイルの酸化臭がしそうだ!(いくら酸化が遅いホホバオイルでも)

革が劣化しないなら,オゾンのクリーニングにどんどん出してみたいところです。アクアミストも広告を見る限りでは非常に良さそうですが,どんなものでしょうか・・。

カッタウェイ

2007/07/02 19:42 URL 編集返信
No title
こんばんは。
>オキシドールの滲みる痛みを耐えさせよう
衝撃的ですが、軽い傷は、水でよく洗う・消毒しない・乾燥させない・カサブタを作らないようにする、だそうです。
http://www.wound-treatment.jp/
http://www.araya.dr-clinic.jp/wettreattrial.html

コンビは明日うpですか? 楽しみにしています。

double vamp

2007/07/02 22:28 URL 編集返信
No title
ええ,かさぶたもダメなのですか!?新しい皮膚を作るための重要過程かと思ってました。

コレスポンデント・シューズは今日到着のはずだったのに,お中元のシーズン故,配送されませんでした。明日届く・・はずであります。

カッタウェイ

2007/07/02 22:40 URL 編集返信
No title
新しい皮膚が乾燥して死んだものがカサブタだそうで、
傷→新しい皮膚→カサブタ→剥がす→新しい皮膚→カサブタ・・・
のループになって治りが遅くなるそうですよ。

double vamp

2007/07/02 22:55 URL 編集返信
No title
かさぶたは新しい皮膚ができるまでの間,バリヤーになってくれる重要な存在だと信じていました。剥がさなければ良いのかもしれませんが,大変な精神力が要求されます。私はしばしば,敗北して流血します。

カッタウェイ

2007/07/02 23:03 URL 編集返信
No title
剥がさないのもダメなんだそうなんですよ。カサブタは治癒を停止状態にする邪魔物なんだそうです。大体は、そろそろいいか、とか、痒くてかきむしって剥がしちゃいますよね。

ティートリー,パルマローザはアルコールの仲間ですよね? 精油は脱脂力が強そうな気がするのですが、どうでしょう? 定量的なデータがないと分からないところです。臭いに関しては、アルコールには脱臭力がないそうなので、オゾンがいいそうですよ。

double vamp

2007/07/03 06:22 URL 編集返信
No title
double vampさん,ティートリーはテルピネン-4-オール,1.8-シネオールが主成分,パルマローザはゲラニオール,シトラール,酢酸ゲラニルが主成分だそうです。

ゲラニオールはアルコール,シトラールはアルデヒド類,酢酸ゲラニルはエステル類,1.8-シネオールはオキサイド類,だそうですが,文系の私には何のことやら・・。

アロマ検定で,何に効くか,は勉強したけれど,これらの成分がどんな物質か,については全く無知なままです。

カッタウェイ

2007/07/03 19:49 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

カテゴリ

検索フォーム

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
480位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
服飾
5位
サブジャンルランキングを見る>>