FC2ブログ

第3のコオト,グレンフェルのトレンチコート



トレンチコートが欲しかったのです。随分前から。

きっかけは1991年のFINEBOYS別冊。「もの知り・雑学大辞典」。保存版と書いてあったので,いまだに保存してあります。けっこう今読み返すと面白いです。価格の変化も凄まじい。

例えばエアジョーダン5が1万7800円(勿論オリジナル新品)。ナイキのフランチャイズ(バージニアのほう)がデッドで3万8000円。オールデンのコードバンが6万9000円・・・。

話をトレンチコートに戻しまして,この雑誌に掲載されていたのはバーバリーとアクアスキュータム。

言わずと知れた,トレンチコートの2大ブランドです。価格はバーバリー(三陽商会のライセンス品。英国製ではない。)が8万6千円。アクアスキュータムが19万8千円。じゅ,じゅうきゅうまんはっせんえん・・今より高くないか!?さすがバブル全盛期。

当時まだ学生の私にそのような品が買えるわけもなく,「いつか買おう。大人になったら買おう。」と思いながら,月日は流れ,はや16年が経過・・。

その間,ズタボロのランバンのトレンチを手に入れたり,トレンチコートへの憧れが冷めることはなかったのですが,若造(だった)の私には,トレンチコートが似合わないこと似合わないこと。

「ちゅうねんになったら買おう」とランバンを売り払った私は心に誓ったのでありました。

そして,ちゅうねんになったかどうかは別として,数年前から本格的にトレンチコートの物色を開始したのです。

条件は,着丈が長くて,古臭いディテールがごちゃごちゃ付いていて,何よりAラインのもの。

昨年あたりから,ショートトレンチなるものをあちこちで見かけますが,ああした軽快な印象の服は私はあまり好きではないのです。今の時代には少し大袈裟な,古臭い洋服のほうが惹かれるのです。

候補1 バーバリー

バーバリーはこの16年の間に,あまりにもブランドイメージが(日本においては)変貌してしまったと感じています。

ひねくれ者の私には,街に溢れかえるバーバリー・チェックを身につけるのに抵抗を感じるようになってしまいました。

もちろんこれは,製品の本質とは全く関わりないことであり,英国製のバーバリーのトレンチコートが素晴らしいことは間違いありません。

さらに最近,バーバリーの英国工場閉鎖,中国への生産拠点移転の噂を耳にし(結局どうなったのかは存じません)結局,メンズのバーバリーのお店のドアを叩くことは一度もありませんでした。

候補2 アクアスキュータム

アクアスキュータムはバーバリーに比べるとかなり国内での知名度は低いと,1991年当時は思っていたのですが,単純に私がよく知らなかっただけで,かなりの知名度を持ったブランドであったことを後に知りました。

お店に入っても,直輸入のトレンチコートと他のライセンス製品のベクトルが,若干別の方向を向いているような気がして,何となく,足が向かなくなってしまったのです。


つまるところ,私はひねくれ者なので,もっと少数の服好きしか知らないようなメーカーの製品が欲しくなったのです。

バーバリー,アクアスキュータムに続く,第3のトレンチコート。となれば,やはりグレンフェルか!

候補3 グレンフェル

だいぶ前の記事でも書いたのですが,グレンフェルのトレンチコートは,今ではイタリア生産になってしまいました。イタリア生産が悪いわけでは勿論ありませんが,塹壕用の雨具というトレンチコートの素性と,イタリアのイメージが私の中ではうまく結びつかないのです。

そのイタリア製グレンフェル,画像も見たのですが,右肩に付く小銃のストック当てが両肩に付いており,なんだかお洒落着に変身してしまったようでそそられなかったのです。ライフルを撃つ予定なんかないので本当はどっちでもいいのですけれど。

前置きがあまりにも長くなってしまいましたが,「英国製時代のグレンフェルが欲しいなぁ・・」と思ってネットオークションをウォッチしていたら,ようやくサイズ・程度ともに納得のいく出物があったのです。

重くて,大袈裟で,ごちゃごちゃ付いていて,Aライン。USEDですが3万円程度で手に入れることができました。

ただ,グレンフェルは国内の販売体系も,本社の操業状態も今ひとつよく分からないので,アフターサービスという点だけが不安です。(アクアスキュータムは襟交換もベルトのバックルも手配すると言っていました。)本国のwebサイトも閉じられたのか移転したのか,閲覧できないのです。

袖口やベルトを擦れにくくする方法,何かないかでしょうか。barbourのワックスを塗りこむ以外に・・。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメント(20)
No title
なかなか似合ってますね!後ろからの写真だけですが、絵になってます。
私はアクアスキュータムのコートを愛用しています。袖の擦り切れは、ひどくなったらレザーか何かでトリミングしちゃえばいいかなくらいの気持ちで、あまり気にせずがんがん着ています。

ぴりる

2007/09/02 10:47 URL 編集返信
No title
こんにちは。トレンチいいですね。私も今年はコートが欲しいですがいかんせんロブパリのダービー買ったお陰で金欠で・・・。
それはさておき、擦り切れ対策ですが一般的に洗濯糊が効果的だと聞いたことがあります。
シャツに留まらずジーンズなどでも時々糊を入れると長持ちするらしいです。
そんな理由で、米軍のヴィンテージチノなどもパリッパリなのだとか。
コートに使えるかどうかは分りませんが・・・。参考までに。
ちなみに、試される場合には自己責任でお願いします。
(私はちょっと勇気が無いかも・・・。笑)
では。

山男

2007/09/03 09:58 URL 編集返信
No title
こんにちは。ロブパリのダービー、昨日下ろしましたが思ったほど硬くは無く意外と早く馴染みそうな気配です。夏だからでしょうか。ちなみに今は20万くらいするらしいです。でも流石に20万は出せないので、とあるショップで長期在庫を98000円+消費税で購入しました。
洗濯糊ですが、末盛にあるドントの社長からの情報なのでチノであればまず問題ないと思います。社長曰く、安いドロドロのやつが一番いいらしいです。コートにはちょっとですが。

山男

2007/09/04 10:02 URL 編集返信
No title
ぴりるさん、はじめまして。お声掛けありがとうございます。もしよろしければ私のブログに、かぎつきで、ご連絡場所を教えていただければ、こちらからメール差し上げます。ただ、金欠なので、そちらのご要望の金額で、譲っていただくことになるかは、わかりませんが。

-

2007/09/04 15:27 URL 編集返信
No title
deibu95 さま、はじめまして。
私も実は実際に確認した訳では無いのですが、ブルゴの方が仰っておりました。
ですので、革がどうなっているのかは不明です。
仰る通り、恐ろしい事態です。

山男

2007/09/04 19:17 URL 編集返信
No title
山男さん,ロブパリのダービー,あまり硬くないですか・・長期在庫の間に店員さんがクリームを入れていたとか・・そんなわけないですね。私は踵にデリケートクリームを塗りたくったり,V字曲げをしたりしましたが,ビクとも・・。98000円は適正価格だと思います。今の定価から考えると,お買い得価格ともいえますが,絶対的な値段としては,やはり高価です。

カッタウェイ

2007/09/04 20:48 URL 編集返信
No title
deibuさん,ダービーがこの有様では,フィリップ2やヴィンテージシリーズがどうなっていまったか,もう想像するのも恐ろしいです。ダービー,バロスはロブパリの傑作だと思っているので,適正価格で供給を続けて欲しいものです。

カッタウェイ

2007/09/04 20:54 URL 編集返信
No title
91年の保存版系FINEBOYS、、、私もコレではないですが、一冊保存してあります、、、。トレンチはまだまだ似合わない私ですが、いつか手に入れるなら同じくディテールの多い、古くさくて重いものと決めています、、。

baja9631

2007/09/06 20:44 URL 編集返信
No title
bajaさん,古い雑誌をキープされていらっしゃること,羨ましいです。1989年くらいのLeeとエドウィンの広告をもう一度見たいなと思ってたまに古本をあさったりしていますが,意外と残ってないんですよね~。Leeの「街に知らない人はいない,知らない場所もない,いつかは街を出る。そう言って彼らは笑った。彼らが履いていたのはLeeだった・・」は格好よかったです。う~ん,取っておけばよかった!!エドウィンはフロステッド・ブルー(だったかな)の広告が好きなのです。
トレンチのお好み,同じ趣味のようで嬉しいです。是非いつか出会いがありますように!

カッタウェイ

2007/09/06 20:57 URL 編集返信
No title
こんにちは。
先日書きました通り、私もコートをと思っていたところ、
買い物ついでに寄ったリサイクル屋でアクアスキュータム(もちろん英国製)のトレンチ(ネイビー)を発見したので購入しました。
あまり着込んでいる気配も無く、値段も12800円でしたので。
しっかし重いですね・・・。
近々ブログにアップしますので、また見てやって下さい。
それはさておき、高級靴読本3を見たらダービーが載っていませんね・・・。
もしかして廃盤でしょうか?
だとしたら、ロブパリの行く末に一抹の不安が・・・。

ttp://blue.ap.teacup.com/yamaotoko/

山男

2007/09/07 12:03 URL 編集返信
No title
山男さん,おお早くもトレンチを!しかもアクアスキュータムを・・12,800円!羨ましいです。
靴読本3,やはり買ってしまいました。値札を見ずに買う靴・・私はセカイチョーの体育館シューズであっても値札は見ます。買えるか買えないかだけでなく,いくらで手に入れることができたかも買い物の重要のプロセスなのです。・・とこんなことを考える私にはロブパリはやはり圧倒的に不釣合いです。でも,買ったからにはあの靴は私のしもべです。

カッタウェイ

2007/09/07 21:33 URL 編集返信
No title
トレンチコートはものすご~く似合いません・・・。すらりとした長身の方が似合うのかな。バスローブのように、オトナのイメージであります。憧れるんだけどな~。

そら

2007/09/09 00:45 URL 編集返信
No title
そらさん,きっと年月を重ねるうちに英国陸軍兵士のためでなく,そらさんのためにデザインされたのではないかと囁かれるほどにお似合いとなる日が来るはずであります。
そのときは,是非ダブルのトレンチを,ベルトをぎゅっと締めて颯爽とお歩きになってください。

カッタウェイ

2007/09/09 01:12 URL 編集返信
No title
値札を見ずに買う。私にも出来ない芸当です。ってことで私もロブパリは分不相応かと・・・。(笑)
しかし、値札を見るタイミングにはいつも悩まされます。
そう言った意味では、ストラスブルゴの方は何気なく値札を見せてくれるので助かります。ああ言った接客を見るとプロフェッショナルを感じます。

ttp://blue.ap.teacup.com/yamaotoko/

山男

2007/09/10 10:30 URL 編集返信
No title
正直なところ,たとえアンパン1個であっても値段を見ないではいられません。ストラスブルゴの接客は定評がありますよね。以前は名古屋でグリーンを買うのは骨が折れましたが,今は良い時代です。

カッタウェイ

2007/09/10 20:32 URL 編集返信
No title
貧乏な私ですが、トレンチコート、バーバリーのが何故かうちに有ります(笑)
実は今となっては形見ですが、オヤジが随分昔に海外旅行に行った際、買ったらしいのですが、向こうで買っただけあって、サイズが大きすぎたらしいのです(笑)
オヤジより二回りは大きい私には丁度良いサイズだったんで、くれました。久しぶりに今年は着てみようかな。

かうたん

2007/09/16 02:23 URL 編集返信
No title
かうたんさん,お父様から受け継いだ昔のバーバリー・トレンチ。親から子へ・・憧れます。是非これを着てウィンター・バスフィッシングを!

カッタウェイ

2007/09/16 08:55 URL 編集返信
No title
ええええ。あれ着てバス釣りですか(笑)てっきりスーツやチノパンにと思ってたんですが^^;

かうたん

2007/09/17 01:58 URL 編集返信
No title
かうたんさん,雨は通さず,ヤブこぎもなんのその。小銃のかわりにガングリップのバスロッドを抱えて,手榴弾の代わりにアンバサダーを4個ぶらさげる・・・というのは勿論冗談で,私もスーツやジャケット&トラウザースに合わせる予定です。

カッタウェイ

2007/09/17 11:01 URL 編集返信
No title
グレンフェル,私のはフルライニングでした。お直し・・コートではなく,ブレザーのライニング全交換を依頼しようとしたら,結構な値段で断念したことがあります。真冬は辛いかもしれませんが,そのまま秋用として着られるのがよろしいかと・・。
雰囲気は良いようで,何よりでした。トレンチの場合,私はこれが一番気になります。

カッタウェイ

2008/04/24 21:13 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

カテゴリ

検索フォーム

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
195位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
服飾
3位
サブジャンルランキングを見る>>