FC2ブログ

羽根が開いたら平紐へ

靴のひもについては,これまでも記事にしてきたところですが,先日,手持ちの靴の紐がほつれたため,丸紐から平紐に交換してみたところ,意外な効果に気が付きました。

この靴は,エドワード・グリーンのチェルシーという靴です。木型は202です。

この木型202については,90年代後半くらいから「木型が変わった」「木型はいっしょで,パターンと型紙を変えた」「木型は一緒で,パターンと月型芯を変えた」等々,さまざまな憶測が飛び交っておりまして,私は未だに真相を理解できていないところです。

どうしてそんな前フリをしたか,といいますと,サンプルシューズとして試着した606のチェルシーは綺麗に羽根が閉じ,踵も足に付いて来る感じがしたのに,「つま先の形状が丸いだけで基本的に同じ木型」と聞いていた202でMTOしたこのチェルシーは,明らかに羽根が開きすぎ,踵も緩い,という有様だったのです。

木型を変えたかどうかは分からないけれど,筆記体(ソックシート)時代の旧グリーンと90年にMTOした新グリーンでは,木型(あるいは変更した型紙や月型芯の影響?)と足の相性が変わってしまっていると感じました。

それでも7年間,そこそこ履きこみ,トップリフトも交換し,大分足にも馴染んできました。それでも羽根の開きは相変わらずで,ドレッシーなデザインだけに,少し口惜しくも思っていたのですが・・。

靴紐の止め具が外れたため,新しい紐を買い求めに行ったとき,「せっかくだから平紐に変えてみよう」と平紐に交換し,足を入れてみたところ,「ん?」どうも,羽根の開きが多少落ち着いた気がしたのです。


 


実際にこれを履いて出勤してみても,やはり,羽根の開きがほとんど気にならないくらい落ち着いてきています。

「これは一体・・?」

思うに,羽根が開いてしまう靴に丸紐を使うと,紐の厚み(直径)がいくらか甲の高さに加味されて,余計に羽根が開いてしまうのではないでしょうか。







ちなみに丸紐時代はこんな感じです。





逆のパターンで,甲が薄くて,フィラーが下がると羽根が閉じきってしまう場合は,平紐を丸紐に変えるという手も・・あるかもしれないと思ったけど,既製品は丸紐が多いので難しいですね。

靴紐の種類と羽根の開きの相関関係。ひょっとしたら靴好きの世界では常識なのかもしれないし,あるいは,ただの私の気のせいなのかもしれませんが,さてさて・・。
スポンサーサイト



コメント

コメント(4)
No title
なるほどです。画像を見る限り結構効果があるようですね。
私は甲骨が出っ張っているが故に羽根が結構開いてしまいます。ですので、内羽よりも外羽の方が好みだったりします。
とは言え、エレガントさを求めるとやはり内羽の方がと思いますので今度試してみます。

山男

2007/10/08 18:59 URL 編集返信
No title
山男さん,まだ一度試しただけですので,他の方にも色々検証していただければと・・。
そういえば平紐でもパックリ開いてしまう,ヴィンテージの73チャーチがあるのですが,こいつばかりはどうしようもないか・・。

カッタウェイ

2007/10/08 20:27 URL 編集返信
No title
写真の感じだと違いが出てますねー。平紐だとちょっと雰囲気も変わりますよね。
90年代後半というと、EGがジョンロブに工場を買収された頃でしょうか?その頃に一度木型とかも全部手元から無くなったとかいう話を聞いたことがありますが…。

que*t*_13

2007/10/13 22:21 URL 編集返信
No title
Questaさん,紐の種類と羽根の開きについては,機会がありましたら是非ご検証ください。
グリーンが工場を売却した後のゴタゴタについては,NAVIに掲載されたフルスティック氏のインタビューをはじめ,諸説耳にしましたが,結局のところよく分かりませんでした。

カッタウェイ

2007/10/13 23:48 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

カテゴリ

検索フォーム

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
480位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
服飾
5位
サブジャンルランキングを見る>>