FC2ブログ

リーバイス,Lee,ラングラーの時代よ再び


ジーンズといえば,「THE ORIGIN」のリーバイス,「カンサスの濃紺」Leeライダース,そして「NO.1ジーンズ イン テキサス」のラングラー!の御三家だと思っていたのですが・・。

最近,めっきりこの御三家を街で見かけることがなくなりました。あと,エドウィンはステッチが筆記体っぽくなっているのを見かける程度だし,ビッグジョンは久しく見ていない・・ブルーウェイ,ボブソン,マーベリックなんかは何をかいわんや。

私のようにヴィンテージ好きだった人間にとっては,ジーンズといえばリーバイス(501),Lee(101),ラングラー(11MW,13MWZ)しか存在しないようなものなのですが,最近はこのテのジーンズを履いているとなんだかマイノリティになったようで妙な気分になります。

ジーンズは70年代のベルボトム,80年代中盤のケミカルウォッシュ,その後のスリムブームを経て,1990年頃に原点回帰し,レプリカジーンズが次々発売され,そのクオリティも年々上がっていきました。


私は「消費者は,ついにジーンズ本来の魅力に気が付いた!」と一人悦に入っていたのですが・・。時代は巡っていました。

現在街で見るジーンズは,スタイルをより美しく見せることに主眼が置かれているようです。


確かに,ヴィンテージの701XXを履いている女性より,ユニクロのブーツカットを履いた女性の方がスマートに見えるでしょう。


そう思うと,原点回帰した時点でジーンズを巡る流行の紆余曲折?は終焉したと思っていた自分は何とも浅はかで,ジーンズはもっともっと色んな魅力と可能性を持っているのだな,と改めて感心せざるを得ません。

でもやっぱり,501と101と11MWはいつの時代でもカッコいい!存在であって欲しいものです。

画像は501XXです。ドーナツボタンなのにアーキュエットステッチがあるという変り種です。

スポンサーサイト



コメント

コメント(2)
No title
本当、同感です。といいつつ僕もこの3社以外のジーンズを昨年初めて買ってしまいました。リーバイスの米国工場が無くなってしまったのは残念です。因みに写真のXXですが、コンディションが良さそうですね。

aff**to05

2007/01/12 00:03 URL 編集返信
No title
501XXですが,ひざがヤバいです。もったいなくてなかなか履けません。米国製,決してクオリティが高いとはいえなかった面もあるけれど(Leeの200の米国製の末期はひどかった!)やはりなくなってしまうのは残念です。ある意味,アメリカの象徴のようなものなのに。

カッタウェイ

2007/01/12 18:58 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

カテゴリ

検索フォーム

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
239位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
服飾
3位
サブジャンルランキングを見る>>