FC2ブログ

イギリスのシャツ屋さん

私は,イギリスのシャツが好きです。

ほとんどの場合,通販やオークションで手に入れるので,品質を見てガッカリ,シルエットを見てビックリ(袖がボンタンバギー状態だったり),ということもあるのですが,私が「いいなぁ」と思うシャツは大抵イギリスのシャツ屋さんのものなのです。発色が綺麗で派手なのだけど,柄そのものはオーソドックスなチェックやストライプ,カッタウェイした小さめの襟,というのが私の好みです。

品質から見れば,ブリーニやマトッツォ,ボレッリやフライといったイタリアのシャツメーカーのほうが立体的で手がかかっているそうなのですが,私にとっては,「いいなぁ」を通り越して「すげーなぁー」になってしまい,購買対象として見られないのです。値段的にも,ちょっと手が届きません。

そんなイギリスのシャツ屋さんの一つ,T.M.Lewinから,ついにカタログが届かなくなってしまいました。だからという訳ではないのですが,手持ちのシャツがだいぶ痛んできたので,久しぶりにシャツとタイをいくつか注文しました。

シャツは好みの柄がセール品となっており,VAT控除後,17ポンド少々という破格値で購入することができました。私の頭の中では,1ポンドは200円で固定されていますので,「3,400円か・・」と換算してしまうのですが,ポンドは今いくらでしょう・・226円??一頃よりは下がりましたが,200円の頃には当分戻らなさそうです。うーん。

シャツを物色するにあたり,LEWIN以外にも色々なシャツメーカーのサイトをうろうろしたのですが,かつてオンライン・ショッピングに対応していなかった Emma Willis,Hawes & Curtisあたりがオンラインショップを開いていて,心惹かれました。

わけてもEmmaWillisのサイトは,トップページを見ているだけで魅了されてしまいましたが,最低で85ポンドと,お値段も相当なものです。オンラインでのビスポーク・サービスにも興味深々なのですが,こちらは170ポンドでした。

イギリスのシャツは,概して身幅,袖幅,着丈が長すぎる(私には)ので,「この生地,このデザインでジャストフィットだったらなぁ・・」といつも思うのですが,170ポンドでは私には手が出ません。シャツは着れば汚れたり擦り切れるし,洗えば縮むので,無理して買っても,着る度に胸が痛みそうです。情けないけれど。

巨大なオオクワガタでも我が家に迷い込んできたら,話のタネに,2,3枚頼んでみることにします。
スポンサーサイト



コメント

コメント(10)
No title
T.M.Lewinは良いですよね。
シルエットはともかく、しっかりした生地で、4着100ポンドで買えるのは魅力ですよね。
1ポンド=200円オーバーになってからは買ってませんが、いつもHPはチェックしてます。

APPLE

2007/12/05 00:00 URL 編集返信
No title
APPLEさん,Lewinは価格と品質のバランスが非常に良いと思います。ボタンホールが取れたり(ボタンではなく,ボタンホールの下半分が取れた)しても許せます。サイトが閲覧しやすいのもいいです。PINKやHAWES&CURTIS,COLESのサイトは全部閲覧する前にギブアップして帰ってきてしまうことが多々・・。

カッタウェイ

2007/12/05 00:56 URL 編集返信
No title
Hilditch&Keyもオンラインやってますよ。1度ご覧になってみてください。袖の長さもも、有料で直してもらえます。

-

2007/12/05 08:47 URL 編集返信
No title
こんにちは。
イギリスのシャツもいいですよね。
通販だと値段も安いし。
ただ仰る通りサイズが・・・。リサイズされていないと間違い無く袖が長いし。
やはりシャツは試着して買いたいのでどうしても手が出ないです。
最近のセレクトショップだとほとんどがイタリア物になってしまっているので
イギリス物を沢山扱っているところが無いですね。
アッサーやヒルデッチあたりはデパートに行けばありますが、やはり高いし。

で、最近はギーブス(ダイドー物)のシャツが一番気に入ってます。(トルコ製ですが・・・。笑)
生地もそこそこいいし、何よりもサイズが合っているので。(最近流行りのスリムフィットじゃないので)
しかもアウトレットなので(ってかそれしか今は買えないですが)値段も安い。
最近はちょっと値下げされたので8000円くらいです。

人によっては、シャツのサイズ直しは当たり前の行為かも知れませんが、
どうも私はシャツくらいそのまま着たいと思っています。

山男

2007/12/05 11:29 URL 編集返信
No title
deibuさん,ヒルディッチのサイトも時々見にいっているのですが,まだ注文したことはありません。アッサーと並び,最も有名な英国のシャツメーカーのひとつですので,いつか試してみたいと思っています。

カッタウェイ

2007/12/05 20:58 URL 編集返信
No title
山男さん,ギーブスは8千円ですか・・。メルボ時代のギーブスのプロパー品に比べれば安いですが,アウトレットでもそれなりの値段がついているのですね。私もシャツは買ったらすぐ着たいです。たまに失敗すると,お直し屋さんにかけこみますが・・。

カッタウェイ

2007/12/05 21:02 URL 編集返信
No title
こんにちは。
ギーブスのシャツ、今?のプロパーは3万円くらいしますので、8000円ならかなりお徳かと思いますよー。
メルボの時はそんなにしませんでしたからね。

山男

2007/12/06 11:44 URL 編集返信
No title
山男さん,ギーブスのシャツが3万円!?メルボ時代の倍くらいですね。熱烈なG&Hファンが買っていかれるのでしょうか。

カッタウェイ

2007/12/06 17:06 URL 編集返信
No title
シャツはトルコ製、スーツやジャケットなどは中国製、
なのにその値段だったから撤退する事になってしまったんじゃないでしょうか?(笑)

山男

2007/12/06 17:53 URL 編集返信
No title
サヴィルロゥ・テーラーをライセンス生産で国内展開しているケースは意外に多いのに,成功しているケースはとても少ないような気がします。ブランドではなく,仕立て屋さんとしてのイメージが確立しているからでしょうか。ギーブスやハンツマンはともかく,DAVIS&SONやDEGEあたりになると,ライセンス生産を行うメリットがあるのか心配になってしまいます。一般的にはほとんど知られていないだろうし,知っている人は名前だけのライセンス品には手を出さないだろうなぁ・・と。

カッタウェイ

2007/12/06 20:48 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

カテゴリ

検索フォーム

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
480位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
服飾
5位
サブジャンルランキングを見る>>