FC2ブログ

ドッグタグ,20年前に随分流行りました。


80年代後半,映画「トップガン」や「プラトーン」の影響で,一大ドッグタグブームが巻き起こりました。

ドッグタグとは米軍の認識票のことです。大小2つのチェーンで同じ認識票が取り付けられているのは,着用者が死亡した場合,小さい方を外して持ち帰るためだとか。

ドイツ軍の認識票は楕円形で,真ん中に切れ込みが入っていて,上下に割ることができたそうです。これも着用者が死亡したとき,下部分を持ち帰るのでしょうか。

画像のブツは,80年代に大阪のMASHという店で購入・打刻してもらった1950年代プロトタイプのドッグタグです。

斜め下にスリットがあるのは40年代の支給品と同様ですが,きっとどこか微妙な部分が違うのでしょう。

このスリット,「何のためについているのだろう?」と思っていたのですが,実際にぶら下げてみると,下の認識票が上の認識票のスリットに固定されて,あまりチャラチャラいわなくなります。この後スリットはなくなるのですが,なんだか退化しているような気が・・。

映画「トップガン」では黒いゴム製のサイレンサー?が取り付けられていました。「グース,グース,守ってくれ・・」でトム・クルーズが握り締めたり,その後海に放り投げたりしていたあれですね。

当時は何の抵抗もなく購入して身につけていた(チャラチャラ音をさせるのが好きではなかったので,こっそりTシャツの下につけていました。)のですが,今こうして見てみると,着用者が殺されることを想定して作られた,とても悲しい工業製品だと感じます。年を取ったから余計にそう思うのかな。

もう手放してしまいたいところですが,私の名前やら血液型やら,個人情報が打刻しまくりなので,簡単には捨てられません。

いっそ上下に穴をあけてヴィンテージ・スプーン(ルアー)にするのはどうでしょう・・動かなさそうだけど,スリットが微妙なアクションを生んでナマズの反射食いを誘うかもしれません(またナマズか)。
スポンサーサイト



コメント

コメント(4)
No title
私の友人も付けていましたね。独特のシャラシャラ音が聞こえると友人が近づいて来たことを知らせてました、、、。ルアーですか、、確かに根掛かりしても個人情報には影響なさそうですね、、笑

baja9631

2008/02/02 12:47 URL 編集返信
No title
こんにちは。
根掛かりしてロストした後、これを釣り上げたら何か嫌ーな感覚に襲われるので、ルアー化はやめた方がよろしいかと。(笑)

山男

2008/02/02 13:04 URL 編集返信
No title
bajaさんのお友達もシャラシャラいわしてましたか。今でも人気はあるのでしょうか,クロムハーツ等がドッグタグをモチーフにしたアクセサリーを作っているとか,そんな話を聞いたことがあるのですが,自分の名前を刻印したりはしないのかな・・。

カッタウェイ

2008/02/03 19:19 URL 編集返信
No title
山男さん,確かに認識票を湖で発見したら釣りを中断して帰りたくなってしまいますね。ロザリオを見つけたことがありますが,あの感覚に近いのでしょうか・・。

カッタウェイ

2008/02/03 19:21 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

カテゴリ

検索フォーム

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
400位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
服飾
5位
サブジャンルランキングを見る>>