FC2ブログ

国産ベイトリールの夜明け,ミリオネア3H

2008年02月09日
20
0
バンタムにファントムにアリヨン



シマノの名機といえば「バンタム」,ダイワの名機といえば「ファントム」が真っ先に思い出されるのですが,シマノにBMがあるように,ダイワにはこのミリオネアがあります。

初代ファントムであるSM-2がスーパーミリオネアの略であることからも,ダイワの本格ベイトキャスティングリールの夜明けは,ファントムではなくこのミリオネアシリーズがもたらしたに相違ありません(見てきたようなことを言ってますが,私はまだ釣りを始めておらず,見てきておりません。)。

アンバサダーのモロパクリだとか,パーツが共有できるじゃないかとか,色々なお話を耳にしますが,サイドプレートの「赤,黄色,青」のメタリウム光線のような矢印?に70年代中期の製品の温かみと単なるコピー製品に止まるつもりではないという,ダイワ精工の意地のようなものを感じます。

・・と言いながら,この矢印がダイワの意匠なのかどうか,実は確証がないのですが・・。

「総天然色」とでもいいたくなる,当時のカラーテレビのチャンネル付近に付いていそうなこのマーク。残念ながらその後のミリオネアシリーズからは姿を消してしまうようです。

この後,ミリオネアシリーズは,GSシリーズやらHMシリーズ(RMというのもあったっけ)へと進化しながら,主役の座をファントムシリーズへ譲り,マグサーボの登場によって完全に廉価版的存在へと身を落としていきます。

そして,80年代前半,ファントムシリーズに廉価版のSTシリーズが追加されるに至り,存在意義を失ってしまったのか,いつの間にかカタログから姿を消すことになります。

しかし,ミリオネアの物語はそこで終わらず,90年代後期,ダイワは再び,このミリオネアの名を冠したハイテクリールを世に送り出すことになるのです(高くて買えなかったので詳細は語れず・・)。

ところで,このリール,これまで温めていたわけではなく,友人からの餞別で突然いただいた品なのです。

友人(J氏)は「預けておくだけ」と言ってましたが,ジャイアンの「えいきゅうに借りておくだけだぞ」と同様,実質的には所有権の移転を望んでおられるのでしょう。

ありがとう,ミスターJ。大切にナマズをブチ抜くからね。
関連記事
スポンサーサイト



カッタウェイ・カラー
Posted by カッタウェイ・カラー
1)80年代アシックスタイガーや70年代オニツカタイガーを中心としたヴィンテージスニーカー,2)昔の「ジーパン」,3)英国調トラッド服,オーダースーツや革靴,4)オールド国産タックルとルアー釣り,5)ヴィンテージ万年筆,6)その他昭和レトロ・懐古趣味の雑記などについて書いております。

Comments 20

There are no comments yet.

山男  

No title

こんばんは。
転居されるのはMr.J氏なんですね。
へドンコレクターとしては有名な方ですので、お名前くらいは存じ上げております。
(一度、某釣具店でお見かけしたことはありますが)

それはともかく、ミリオネアは私は使った事が無いです。確かマグサーボは持っていたような・・・。多分売っちゃいましたが・・・。
使った感じはどうなのでしょう?っても、まだ使ってませんよね・・・。(汗)

しかし、釣りやらない人には「クイズミリオネアのみのもんたさん」しか思い浮かばないでしょうね(笑)

2008/02/09 (Sat) 18:59

ペーパーキャプテン・りヴぁ  

No title

Mr.J。。。「ARJONと26の秘密」ともしばらくは…。学名 Silurus asotus。蒲焼にすると,めちゃおいすぃです。

2008/02/09 (Sat) 19:15

たこ坊  

No title

ご無沙汰しております。
ミリオネアって約32年前くらいのリールですよね?
私は中学生でした。
当時ABUのリールが定価35,000円程度で手が出ない人達が
泣く泣く購入したように思います。

2008/02/09 (Sat) 19:35

カッタウェイ  

No title

山男さん,J氏・・はこのブログにたまに出没する名もない一般市民の友人でして,ヘドンもあまり持ってませんので別人かと思われます。すみません,紛らわしい書き方をしてしまったようです。
使用感は,また夏にでもナマズを橋の上からブチ抜いて判断しようと思っております。壊れたらダイワは直してくれるでしょうか・・。

2008/02/09 (Sat) 20:19

カッタウェイ  

No title

リヴァさん,ARJONの残り24の秘密が明かされないままで申し訳ないです。ARJONはくれなかったので,私が記事を書くこともできませんです。蒲焼は興味がありますが,どうにも食べる気がしません。怖いの半分,かわいそうなの半分で。

2008/02/09 (Sat) 20:21

カッタウェイ  

No title

たこ坊さん,1979年のダイワのカタログからはオミットされていたので,70年代中期から後期のリールだと推察します。アンバサダーは本当に高かったので,ミリオネアに走ったというのはよく聞きます(私の4HMもそうでした。)。今気になるのはアンバサダーより国産タックルというのが,自分でも不思議です。勿論アンバサダーも好きなのですが。

2008/02/09 (Sat) 20:24

たこ坊  

No title

カッタウェイさん、実は昨年国産S社のリール1台購入しました。
国産リールはすごく久しぶり(リール購入は10年ぶりかも?)
始めて使用したときはギア比が高くて「巻き味に違和感」がありましたが、慣れてくればワームのアタリが取りやすいように感じました。

昔の国産製は耐久性に難があったように記憶していますが、末永くしようしたいと考えています。

2008/02/09 (Sat) 20:36

カッタウェイ  

No title

たこ坊さん,S社・・軽かった・・じゃない,カルカッタとかアンタレスとかでしょうか??私の現行釣具の知識は20世紀の終焉と同時に止まっているので,今はもっとすごいのが出ているのでしょうが・・。そ,それともオールド品を購入されたのでしょうか?

2008/02/09 (Sat) 21:52

フェアチャイルド  

No title

こんばんは。ダイワのこの辺の時期は僕にとって未知の世界で、曖昧模糊としています。「ミリオネア3H」「ミリオネア5000」「ミリオネアSS5000」「ミリオネアGー5」・・・名前だけは知ってるんですけどあまり良く知らない(汗)一度調べてみたいと思っています。

2008/02/09 (Sat) 22:49

たこ坊  

No title

アンタレスDC7です。
ピカピカの外観が好みではないのですが意外にも「塗装の強度?」があり、取り扱いの悪い私には傷が入りにくいです。
今回のリール購入にはもう一つの理由がありまして、所有するロッドがロードランナーなのですが、リールシートの位置が高くて旧ABUリールでは違和感があったのです。
ギア比が高いのでトルクには不安がありますが今のところ問題はありません。

2008/02/09 (Sat) 22:50

カッタウェイ  

No title

FAIRCHILDさん,私のほうでもこの3Hや5Hまで遡ると「懐かしの」ではなく,見たことがない「アンティーク」になってしまいます。私は新ミリオネアがどうなったか,評判はどうだったか,少し気になっております。

2008/02/09 (Sat) 22:52

カッタウェイ  

No title

アンタレスでしたか!たしかに「これでもか!!」という輝きを放っていますよね。塗装が強いのは魅力的です。昔のミリオネアはすぐカップの塗装が・・(取扱いも乱暴でしたが)。
私のTD-Xもアンバサダーやマグサーボに比べてトルクが弱いなぁ,と思うことがあります。橋の上からの戦いでない限り,問題はないのですが,ハイスピード仕様の宿命なのでしょうか。

2008/02/09 (Sat) 22:58

たこ坊  

No title

昔々に所有していたシマノの2スピード(スピードマスター?)というリールを持っていました。
ハイスピードに切り替えできるレバーがあるのですが、切り替えた途端にトルクがなくなり、バズベイトでヒットしたバスを釣り上げるのに一苦労しました。このリールはバスがヒットした際にロースピードへレバーの切り替えが必要でしたよ(笑)

だからアンタレスも不安なんですが今シーズンで評価が下せると考えております。

2008/02/09 (Sat) 23:13

カッタウェイ  

No title

たこ坊さん,シマノにそんな挑戦的な機構が。まるでARJONが考えたような・・というのは言いすぎでしょうが,レバー切り替えのときにバレが発生しないか心配です。でも使ってみたい!

2008/02/09 (Sat) 23:21

たこ坊  

No title

カッタウェイさん、切り替えできる2SPEEDタイプは確かABUリールもありましたよ。
当時は画期的だと思い飛びついたのですが、通常のロースピードでバスがヒット、藻にもぐられてなかなか巻き上げられない事態となり、その日から2軍に行きました。
数年後に友人に安価で売りました(悲)

2008/02/10 (Sun) 08:26

カッタウェイ  

No title

たこ坊さん,ABUにもそんな斬新な機能が。当時の流行りだったのでしょうか。私のアンバサダー2500cはスプールの細さゆえか,遠方でヒットすると,巻いても巻いても巻いても魚が寄ってこないので,高いギアに切り替えられる,というのはそそられる機能です。ただ,ヒット直後に切り替えでバタバタするのは,スキが生じそうですね。藻から引きずり出すなら,トルクも必要になってきそうです。

2008/02/10 (Sun) 10:59

たこ坊  

No title

カッタウェイさん、シマノのギア比を切り替えできる型名がわかりました。
バンタム ビーストマスター BBM-V 2スピードでした。
ABUリールは捜査中です(笑)

2008/02/11 (Mon) 11:52

カッタウェイ  

No title

たこ坊さん,ビートマスター,ネットで見ました。バンタム100の末裔らしい形状で,「使ってみたいなぁ」と思わせる魅力を感じました。説明文によれば当時は高かったとのことですが,確かにそこはかとなく高級機種らしい雰囲気も漂わせておりました。ダイワはこの機能に参入しなかったのでしょうか。

2008/02/11 (Mon) 13:10

たこ坊  

No title

カッタウェイさん、この機能についてダイワは参入してなかったと思います。たぶんですが特許絡みかもしれませんね。

ビーストマスターは当時兵庫県の阪神御影駅近くに行き着けの安い店「ワームハウス」があり19,800円で購入しました。
残念ですがそのお店は阪神大震災で閉店です。
ご主人は大怪我、主人の奥さんが不幸にも亡くなってしまいました。
自然の力は本当に恐ろしいです。

2008/02/11 (Mon) 13:30

かうたん  

No title

昔はミリオネヤと言ってたんですね。現在、ミリオネアとして最新機能を満載して復活しましたが、オールド物はその機能を持ち合わせていない分、歴史の重みが有る気がします。

2008/02/24 (Sun) 13:24