FC2ブログ

燦然と輝くアシックスタイガーの最高傑作「ボストン」/asics TIGER「Boston」

アシックスタイガーの最高傑作は「モントリオール3」だ,と主張していながらナンですが,この赤い「ボストン」も忘れられない不朽の名作です。




「ニューヨーク」や「ホノルル」あたりと共通する重厚なデザイン。そしてクッシュホール。お得意のブルー・メタリックのサイドライン。サイドラインと調和したブルーグレーのミッドソール。





当時,赤いスニーカーといえばナイキのコルテッツ2が大人気でしたが,細身で華奢なコルテッツ2と違い,重厚かつ強靭なボストンも,また光り輝いていたものです。

ソールパターンはランウェイトレッドソールと名付けられた独特のパターンです。なんでも,「屈曲性,グリップ性に富み,舗装道路から芝,不整地までマルチパーパス(アシックスの1985年カタログから)」なソールなんだそうです。




その後も,「レーベン」というモデルに採用されておりますです。

この「ボストン」,当時はかなりポピュラーなモデルだったのに,なんとbajaさんがググっても画像が見つからなかったとのこと。

ナイキの「ボストン」や「ニューボストン」はもちろん最高ですが,アシックスの「ボストン」もスニーカー史に残る,否,残すべき傑作であることは間違いありません。

このつたない記事が,その礎になりますように。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメント(20)
No title
カッタウェイ様、こんばんは。大変ご無沙汰をし、失礼を深くお詫び申し上げます。なにとぞお許し下さい。パソコンも新たに買い求め、貴ブログに久々にアクセスしています。すごい進展があったのですね。変わらず健筆を揮われていらっしゃるようで安心いたしました。ボストンの赤をついに手にされたりのですね!きわめて良好の状態ですね!もっとワインがかった色だったように思っていましたが、意外と鮮やかな赤に近いですね。とにかくよかったですね。あとはホノルルですか。これは発掘できたらすごいことですね。とりあえず、あとでゆっくり他のページを拝見させていただきます。

アトランタ

2008/12/05 21:27 URL 編集返信
No title
変わらず温かく迎えて下さり本当に感謝です!仰る通り、私ももっと地味な赤で、サイドラインももっと薄いブルーメタリックだったように記憶していたのですが、もしかしたら、途中で微妙な変化があったのかもしれませんね。ホノルルはグレー×エンジだっんですね。はっきりした記憶はさすがに飛んでしまったのですが、とにかくNBのカラーバリエーションにありそうな色だったデス。まさにホノルルというネーミング、音感がしっくりくる、そう!シックななんだか異色なモデルでした!

アトランタ

2008/12/06 08:36 URL 編集返信
No title
いつも気まぐれな訪問をお許し下さい。当時、ホノルル(シューズ)を見たとき、ネーミングの語感とカラーリングから「ホノルル…夜景」のイメージがまっ先に浮かびました。とにかく素敵なモデル名だと思いました。ところで、ボクシングの話題もいつかUPして下さいマセ。ミニマム級で新井田から王座を奪ったニカラグアのあの選手(名前忘れました)、アシックスの「MS」(?)を履いてましたね。あのモデルはasics TIGERブランドで今だ発売しているようですね。リカルド・ロペスといい、あのモデルは海外選手に根強いファンが多いようです。

アトランタ

2008/12/06 13:24 URL 編集返信
No title
こんにちは。今放映のNHK連続テレビ小説『だんだん』はご存知でしょうか。私もたまに見る程度ですが、先日父親役の吉田A作クン(懐かし)がボクサーとしてリングに復帰するシーンがあって、なかなかの見ごたえでした。相手役は山口圭司、セコンドが赤井、その他徳山、井岡、薬師寺といった錚々たる顔ぶれが、過去の名選手として登場してました。それはともかく、吉田栄作はロッキーかぶれということもあって、ボクサー役は願ってもない配役だったのでは。でも肝心のボクシングシーンでは、元チャンプの山口との動きの違いは歴然で、改めてボクサーの動きは素人にはとても真似のできないものだと感嘆しました。それと吉田クンは赤×白のトランクス、アシックスの「MS」で、現役時代の赤井と体格がそっくりで驚きました。赤井をかなり意識したコーディネートに見えました。

アトランタ

2008/12/07 13:26 URL 編集返信
No title
wowowをご覧になってるんですね。そんなに一方的だったんですか。パッキャオが勝つこと以外には何の意義もない試合に思え、特に私はデラホーヤに対して疑問を抱いてました。ファイトマネーの総額が30億円とか。欧米、特にアメリカのプロスポーツの報酬の桁はずれなのには、正直理解できない思いです。昔はスゴイ、スゴイ、さすがアメリカと無邪気に捉えてましたが。金額の多さと夢とを引き換えにできるものか、などと考えてしまいます。特に命を張る訳でもない大リーグ、バスケットボールなどの驚くべき年俸額にはあいた口が塞がりません。スポーツ選手は、貧困をはじめ社会的問題への還元ということを、もっともっと意識するべきだと思っています。ところでデラホーヤは6階級制覇、ですか…。複数階級制覇には、今やかつてのようなときめきは感じませんね。アルゲリョの目指した4階級制覇ぐらいまでが真に価値があったと思います。

アトランタ

2008/12/08 09:47 URL 編集返信
No title
そうですか。私もYouTubeでパッキャオのその試合見つけましたよ。実力での完勝に驚きました。松田ジム、ですか!私はその政令指定都市は大学受験で一度訪れただけです。「難産」にて結局ご縁のない土地となりました(笑)。ラロンデ…色男だったですね。確かどちらかの肩が人工関節だったか。その試合は静岡時代、深夜テレビで観てそれなりに興奮しました。その試合がライトヘビー、スーパーミドルの両タイトルを賭けた試合でしたよね。「スーパーファイト」興行が隆盛をきわめ、派手さばかりが目につく試合が次々と組まれた時代でしたね。

アトランタ

2008/12/08 21:00 URL 編集返信
No title
こんばんは。カッタウェイ様は最近は日本選手の世界タイトル戦はチェックされていますか?私はこないだあったC・ジョン×榎戦は、久々に世界戦の格式、層の厚さ、そしてハイレベルな攻防に満ちたいい試合だったと思いました(榎はアシックスのシューズ愛用ですね)。何よりフェアプレイの精神に両者徹していて、それがちょっとした感動を誘いました。立派に負けるということも、勝負の世界のハードルの高さや厳しさを知るためには大切だと思います。これがボクシングの世界だと、誇りをもってファン以外の人々に紹介できるような試合が少ないのが何とも言えぬ嘆きですが、時折こんな素晴らしい試合にも出会えます。それからラリオス×粟生戦もよかったです。フェザー級はなかなか面白くなりそうです。女子ボクシングが好意的に世間に迎えられたり、ボクシングの世界にも良い風が吹きつつあるのかなと祈りにも似た気持ちで見守っています。

アトランタ

2008/12/10 19:52 URL 編集返信
No title
私の履いてたオレゴンは、カッタウェイ様の仰るそれだと思います。紺というか独特の鮮やかなブルーに、さらに淡いブルーメタリックのサイドラインです。店で見た瞬間、感電して購入を決めました。マンハッタンは私の記憶ではボストンなどより価格がお手頃で、確か7千円台だったように思います。

アトランタ

2008/12/11 21:21 URL 編集返信
No title
カッタウェイ様とのアシックス談義はわくわくします。私にとっても当時、シューズの2千円の差はホント大きな壁でした。初めて買ってもらったアシックス(スカイセンサー)は、小学校卒業記念の特例扱いでしたもの。以後、高校卒業までスカイセンサーより高いシューズは買ってもらったことはありませんでした。スカイセンサー、オレゴンなど82、83年に買ったそれらのシューズは、高校時代の体育の時間までお伴してくれました。こまめに手入れして、古臭さは全く感じませんでしたヨ。ところで、リンバーアップSP(6千5百円)が当時私にとって、アシックスの高級版、普及版を分ける境となるモデルでしたね。

アトランタ

2008/12/12 08:24 URL 編集返信
No title
ミシガンはたぶん見たらすぐわかると思いますが、今は全然思い出せないです。セイフティロック。そんな名のモデルがあったのですか。実に興味深いです。また研究課題が増えました。今度どんなのか教えて欲しーです! 少年の心をそれこそ鷲づかみした、あの頃のアシックス・タイガーの名品を、知るファンの切ない記憶だけにとどめてしまうのは本当に惜しいです。

アトランタ

2008/12/13 12:24 URL 編集返信
No title
エアーフレックスというと、今アメリカのアシックスで入手できるエクスカリバーGTの内側のソールにあるやつ、なのかなと思いを巡らしてます。なんとなく想像がつきます。それから、なるほどセイフティロックはファブレなんですね。アシックスのバッシュと言えば、私は「タイガーライン」に通気孔があけてあると、またさらにカッコよさが増すという持論がありますデス。とにかく、今のオニツカ・ブランドでもいいから、あの頃のアシックス・ファンもうならせる本格的にカッコいいのを作ってもらいたいです。カッタウェイ様、懇切にお答えいただき、有難うございました。

アトランタ

2008/12/13 16:42 URL 編集返信
No title
こんばんは。冷え込みが随分と厳しくなってきました。明日、内藤の防衛戦ですね。と言いつつ、実況に付き合う予定はありませんが。山口がどういう選手か知りたくてYouTubeで坂田戦を視聴しましたが、あのリングアナの冗長極まる選手紹介をまともに聞いてしまって、やっぱり私もどうしてもダメです(笑)。内藤もWBCのフライ級か…。ユーリが持っていたタイトルと同じもののようには、悪いですが私には思えないというか。明後日の朝刊(おっと、こちらはもう夕刊とかは無いんでした)のチェックはするつもです。

アトランタ

2008/12/22 21:58 URL 編集返信
No title
カッタウェイ様はご覧になられるのですね。私はTBSにアレルギー反応が出てしまって。チタラダ、金容江の名が出てくるとは感無量です。私も昔は本気で神に祈って世界戦中継を観ていました。ところでカマチョの試合を何気なくYouTubeで何試合か見たのですが、畳みかける連打の正確さに驚きました。バズーカ・リモン戦の時から、レナード戦に至るまで。Jライト級時代の風貌は抜群にカッコよかったですね。フレイタスにも感じが似てます。

アトランタ

2008/12/22 22:26 URL 編集返信
No title
リングジャパンにそういうサービスがあるとは知りませんでした。ところでそのリングジャパンのサイトで、WBCの「公開採点制度の是非」についてのアンケートを本日の内藤防衛戦の後から明日の24時までメールにて受け付けているようです。私もどうしようかと思案中です。ジョーさんの「ひとり言」はたまに拝見しますが、好きです。玉熊選手、懐かしいですね。華というか、派手さはなかったですが、ひたむきな感じが印象に残る選手です。ナイキのシューズ履いてましたよね。最初にナイキのボクシングシューズを見たのは、サンチェス戦でのゴメスでした。

アトランタ

2008/12/23 08:15 URL 編集返信
No title
山口選手も幼子を抱える身で、頑張りには胸が痛くなるものがありました。でも私の考えではボクシングはボクシングのレベルそのものを競う競技。根性だけで世界に通用すると勘違いして惨敗した日本人ボクサーはこれまで数えきれないほど見てきました。実力不足は否めませんでしたね。TBS製造の感動スペクタクルを見せつけられ、あとに虚しさだけが残りました。私も正味30分だけ見て、すぐテレビを消しました。

アトランタ

2008/12/23 22:13 URL 編集返信
No title
勝負の現実は残酷なもので、あそこまで実力差のある屈辱的敗北を山口選手が喫するとは予想していませんでした。でも、山口選手は持っているものをすべて出し切ったと思います。立派だと思いました。私の中では立派に負けた山口選手が「勝者」です。内藤に負けたから、彼の人生に傷がつく訳では全くありません。しかし、アナウンサーの「ラストマンスタンディング!!!最後に立っていたのは内藤大助!!!」の絶叫は、そのあまり言葉の陳腐さにしばし立ち直れないほどでした。プロレスか?

アトランタ

2008/12/24 21:03 URL 編集返信
No title
テレビ局の目玉企画として、ボクシングがテレビ局に「乗っ取られ」、お誂え向きに「加工」された、もはや全く別の世界の競技に見えて仕方ありませんでした。同じTBSが放映した畑山×坂本戦なども、実に感動的にまとめられた「企画」の匂いがしてしまいます。時を経ると、過剰で作為的な演出は、実に滑稽で空虚なものとしてすっかり色褪せて見えてしまいます。

アトランタ

2008/12/24 22:04 URL 編集返信
No title
最近のボクシングについてはあまり知りませんが、アメリカの放送ではボクシングも大リーグなどの球技も、パンチや、キャッチャーミットに収まるボールの音などをマイクが逃さず拾っていて、それがたまらぬ臨場感と興奮を誘いますね。一切の演出はありません。スポーツ中継の洗練度は、日本のメディアはアメリカに随分遅れをとっているような気がします。ともかくTBS中継に蝶ネクタイ姿で現れるあの面々を見ていると、鹿鳴館のようで滑稽で仕方ありません。

アトランタ

2008/12/25 18:23 URL 編集返信
No title
こんばんは。検索は上手ではないのですが、ヤフオクで「モントリオールⅢ」と検索すると、ベージュ×こげ茶ラインのⅢが一つ出てきますね(たぶん以前お教え下さったものかも)。その出品者の方のアカウントを開くと、2頁目に「asicsスカイセンサーGT未使用箱付25cm80年代製マニア向!」が出てきます。これこそ私のイメージする幻のアシックス・タイガーです。

アトランタ

2009/01/06 20:12 URL 編集返信
No title
ご存知でしたか。私は今日たまたま発見して、舞い上がってしまいました。アシックスの画像コレクションのフォルダに追加して、私は一人ご満悦です。私が愛用していたオレゴンの青は、まさにこの出品者の方のスカイセンサーGTの青に近いものでした。早々にお返事下さいまして有難うございました。御令嬢は健やかにご成長していらっしゃるでしょうか。こちらは冷や冷やすること度々です。

アトランタ

2009/01/06 22:48 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

カテゴリ

検索フォーム

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
195位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
服飾
3位
サブジャンルランキングを見る>>