FC2ブログ

旧チャーチが考えた“最高級”。125周年記念モデル/Church's 125th anniversary



今から10年前,インターネット完全普及の黎明期に始まった靴に関する掲示板でしばしば目にした「チャーチ125周年記念モデル」。

今の私にとってこの靴は,チャーチの125周年記念というよりは,靴ブームの10周年記念という位置づけです。

縁あって昨日我が家へやってきたのですが,実物を目にするのは,これが初めてです。

この125周年記念モデルについて,私が知っていることといえば・・

○1998年のチャーチ社125周年を記念して,全世界で3000足限定で製作された。

○モデルは以下の3種類
1)内羽根式(アデレイドの)のプレーンなキャップトゥであるアルフレッド
2)内羽根式(アデレイドの)セミブローグであるトーマス
3)内羽根式(アデレイドの)フルブローグであるウィリアム
いずれも,創業者の名前から命名されているようです。

○アッパーはカール・フロイデンベルグボックスカーフ。色は黒のほかに茶も存在した。

チャーチが採算度外視で製作したため,儲かったのはカール・フロイデンベルグだけだった(と雑誌に書いてあった。)

○内張り付きの豪華ボックス,ブラシ,ワックス,専用シューツリーが付いてきて,価格は10万円。現地価格は395ポンドだった。

といったことくらいでしょうか。他に何かご存知の方がおられましたらご教示くださいませ。

チャーチは定番モデルがあまりに完成しているので,マスタークラスのような上級グレードになると,高級感を出そうとして失敗することがある(ように見える)のですが,この125周年記念モデルはというと・・。

○アッパーの質感は素晴らしい。
○ソールは土踏まずの内側だけカラス仕上げになっている(四分の一カラス仕上げとでもいうのだろうか)。
○出し縫いはモロ見えだけど,ヤツメウナギのキスマークのような模様が刻まれており,高級感を出そうとしている。
○コバは遠慮なく張り出している。ごっついダブルウェルトなので,踵の周囲まで及んでいる。
○ライニングはナチュラルなのに,わざわざ窓を付けて黒い革を縫いつけてサイズと木型番号を銀ペンで記入している。(そのまま書けば見やすいと思うのだけれど)
○アッパーの縫い目は全てトリプルステッチになっている。
○羽根の付け根にはスカラップもかんぬき留めも何もなし。
○125ラストは甲の立ち上がりが強く,ショートノーズのスクゥエアトゥなのでごろんとした感じ。
○アデレイドの羽根周りのパーツが上部から縫われている。グリーンのカンタベリーのように,下側に位置するのが一般的だと思うのだけれど・・。

特徴としてはこんなところです。ヒールが大きいのでどっしりと安定した感じです。

アデレイドのプレーンなキャップトゥという,一般的なビジネスシューズとしては最もドレッシーなスタイルに,あえてこのごろんとした木型とゴツい作りをもってくるあたり,エドワード・グリーンのトップドロワーと対照的で面白いです。

グリーンのトップドロワーが誕生したのもだいたいこの頃だったと記憶していますが,当初は808ラスト・ファインブラックカーフ・専用モデルという特別なシリーズでした。

ビスポーク・シューズに近づけることで,自社製品の“最高級”を形にしたエドワード・グリーンに対し,チャーチのほうはビスポークに近づける気などさらさらなさそうです。

チャーチの考える“最高級”とは何だったのでしょう。耐久性,歩きやすさ・・?

見た目の格好良さで高級感を演出するのは不得手らしいチャーチですが,履きこみ,歩き回り,ヤツメウナギのキスマークが一つ残らず消えた頃,かつてのチャーチが考えた“最高級”が明らかになるのかもしれません。
スポンサーサイト



コメント

コメント(16)
No title
こんばんは。
ついに手に入れられたのですね。この頃の、カールフロイデンベルグの質は、よかった頃ですね。おっしゃられるように、この125周年は、ヤフオクに出てきても、法外な値段が多く、手に入れる気はうせております。どうぞ、楽しんでくださいね。往年のチャーチを!

-

2009/05/24 02:47 URL 編集返信
No title
チャーチとは縁があるようで,気になっていたモデルが一通り揃いました。カールフロイデンベルグ,タンナー廃業前は質が落ちていたとの話を聞きますが,環境保護のため規制が厳しくなったことと何か関係があるのでしょうか。いきなり廃業を決めたわけでなく,対応しようとして品質が維持できなくなってしまったのか・・・。

カッタウェイ

2009/05/24 09:47 URL 編集返信
No title
よく分かりません。禁止薬品の量を減らしたのか、換わるものを使ったのか。どちらにしても、品質を維持できないからやめたのもでしょうね。ドイツは、世界的に見ても、環境汚染に厳しい国でしょうから。

-

2009/05/24 10:20 URL 編集返信
No title
環境汚染ということを考えると,今後他国に波及する可能性を含んでいるのかもしれませんね。革製品の品質維持も大切ですが,環境には換えられません・・。

カッタウェイ

2009/05/24 11:26 URL 編集返信
No title
河川水質汚染の進行規制が絡んでいた……じゃありませんでしたっけ?
問題視されていたのは原皮生産におけるクロム滑し薬剤だけではないですが、工業排水要因によるライン川汚染は結構以前から議会に上がっていたはずですので。その後の代用薬剤あるいは代用手法が確立できたかどうかは、寡聞にして知りえていません。
が、先日、青山ストラスブルゴで見せてもらったワインハイマー社(フロイデンベルグから社名変更したそうで)のアッパーを使ったエドワードグリーン・トップドロウワーのきめの細かさに、世間で評されるほど衰えてはいないんだなと感心したものです。

tas**48sy

2009/05/24 15:05 URL 編集返信
No title
ひゃあ~!本当に羨ましいです!まだ新品が入手できるとは驚きです!僕は試着しかした事がありませんが、本当に良い靴ですよね。
カッタウェイさんが書かれている事以外に僕が知っているのは、125ラストがチャーチ創業時のラストを復刻させたラストと言う事でしょうか……。当時の雑誌に書いてありました(笑)。
あと、どうでもいい事かもしれませんが(笑)、00年初頭のセールにて、グレ○ソン銀座で6万円、池袋の西○で9万円で売られておりました。

dai*uk*_yam**ita

2009/05/24 15:08 URL 編集返信
No title
水質汚染のフォローをありがとうございます。ワインは今ー(誤変換)ワインハイマー社のボックスカーフ,良さそうなのですね。そういえばジェントリー・コンプレックスにもスワッチがありました。ストラスブルゴ名古屋店で確認しなくては!

カッタウェイ

2009/05/24 16:43 URL 編集返信
No title
山下さん,125ラストが創業時のラストの復刻・・知りませんでした。それなら色々得心がいきます。情報ありがとうございました!
届くまでの間,当時の掲示板のログを読み漁っていたのですが,読むたびに毎回「こんなことも書かれていたんだ」と驚きます。
グレンソ○がチャーチを投売りした記事もありましたが,6万円とは・・。正直なところ,私の買値より安いです。(池袋西○よりは安い。)

カッタウェイ

2009/05/24 16:47 URL 編集返信
No title
ボックスカーフタンナーに関する重箱の隅の情報です。
Gentry Complexという福岡のお店のシューズオーダーメニューで、フロイデンベルグ社とワインハイマー(ウェインハイマー)社は別のタンナーとして表記されていました。
類推するに、フロイデンベルグの社名変更がワインハイマーなのではなく、ワインハイマーがフロイデンベルグを吸収または併合した、というのが実態に近いのではないでしょうか。
ストラスブルゴのスタッフさんのお話では、フロイデンベルグのノウハウがワインハイマーに引き継がれているらしい事は間違いないようですが。

tas**48sy

2009/05/30 22:58 URL 編集返信
No title
ジェントリー・コンプレックス,私が見に行った2年前はカール・フロイデンベルグのデッドストック(黒はもうありませんでした)とワインハイマーのボックスカーフと両方の革見本がありましたです。
フロイデンベルグのタンナー廃業に伴い,ワインハイマーがその技術を継承した・・というような記事を見たような気がしますが,その実態は不勉強にして知りませんです・・。

カッタウェイ

2009/05/30 23:07 URL 編集返信
No title
初めまして。

お聞きしたい事があるのですが、
こちらの旧チャーチの125周年の Alfred は、
インソールのプリントは3大都市でしょうか?
それとも4大都市でしょうか?

rum*n*ko

2014/10/30 22:47 URL 編集返信
No title
初めまして。125周年記念のチャーチなのですが、ソックシートには4都市記載されています。あまり気にしたことがなかったのですが、1998年には既に4都市入っていたんだな、と今気づきました。

カッタウェイ

2014/10/31 00:44 URL 編集返信
No title
ご返信ありがとうございます。
やはり4都市でしたか。
実は当方こちらのモデルを所有しているのですが、

「98年なのになんで4都市なんだろ・・・
僕の物は復刻品とかなのか・・・
まさかいつの間にか復刻されてたのか・・・」

と少し不安になっておりました。

rum*n*ko

2014/10/31 03:56 URL 編集返信
No title
同じチャーチをお持ちでしたか。4都市イコール新チャーチのイメージがありますが、買収直前には4都市が既に存在していた(マスタークラス等が掲載された99年(2月)のカタログ表紙のモデルには4都市のソックシートが確認できますので、撮影時(98年?)には移行が始まっていたのではないかと思います。

ちなみに、96年12月に発行されたメンクラ別冊に掲載されていたバルモラルとチェットウィンドはいずれも3都市でした。

カッタウェイ

2014/10/31 22:27 URL 編集返信
No title
ご丁重にありがとうございます。

不安が解けてホッとしました。
本当にありがとうございました。

rum*n*ko

2014/11/01 00:25 URL 編集返信
No title
お役に立てて嬉しいです。お持ちの125周年記念のアルフレッドがよい味に育ちますことを祈っています。

カッタウェイ

2014/11/01 18:25 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

カテゴリ

検索フォーム

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
400位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
服飾
5位
サブジャンルランキングを見る>>