FC2ブログ

万双のコードバン財布



「長年付き合ってきた某英国サドラーの財布が寿命を迎えたため・・・」と切り出したいのですが,実のところ,名前に惹かれて購入したその某サドラーの財布が,ほんの数年使用しただけで朽ち果ててしまい,やはり革小物は国産が安心だと思い至り,万双,大峡,土屋,GANZO,キプリスといった工房の製品を物色し,その品質と価格のバランスに感服しつつも,その入手の難しさに頭を抱えていたところ,ネットオークションで狙っていたネイビーの二つ折りを新品で見つけ,定価と変わらぬくらいの価格であったものの,この機会を逃してはいつまた入手のチャンスが訪れるか分からぬと・・・つまり,オークションで国産の財布を買ったというだけのお話なのです。

財布のどこにも,工房の名前が入っておりません。箱にも包装紙にも何も書かれていません。

そこが気に入りました。

縫製も仕上げもとても丁寧です。どこの国のどのメイカーか,ということは,そのものの価値には何ら関係なく,その製品そのものが良質か,あるいは気に入ったかどうか,ということが大事なのだなぁ,とつくづく思います。そうしたモノと出会っていくのはなかなか大変なことなのですけれど。

特に雑誌関係には遠回りさせられることが多かったです。雑誌はカタログと同じだと思って割り切って読むのが丁度いいと思います。

財布を買ったとき,いつも思うのですが,新しい財布に入れるお金がほとんどないのは切ないです。今回移動させたお金は3千円でした。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメント(16)
No title
日食の写真だと言われても信じてしまうほどの光沢(フラッシュ?)です。
財布の中に、お金よりもポイントカード類の方が大量に入っているのも切ないです。

chargeup2003

2009/07/22 22:53 URL 編集返信
No title
chargeupさんのタイムリーな突っ込みがツボに入りました。私は今日,夏休みを取って自宅でその時を待ち続けましたが,日食メガネが役に立つことはありませんでした。
ポイントカード類は,大抵貯まる前に期限が切れてしまうため,臨時靴べらとしてくらいしか役立ったことがありません。財布を変えるときに一気に処分しましたが,消しポンで隠したり,はさみで切り刻んだり,カード一枚捨てるのにも神経を使う大変な時代であります。

カッタウェイ

2009/07/22 23:30 URL 編集返信
No title
カッタウェイ様
万双ですか、いいですね。私は1年前に、財布とキーホルダーをGANZOのコードバンシリーズにしました。これもなかなかのものですよ。
その前は、財布はラルフローレン、キーホルダーはクリスチャンディオールを10年近く使いました。
特にキーホルダーはとてもしっかりしていて革質も縫製もいいものでしたので、同じものをと思い、ディオールを探しましたが、現在のものは品質的にはかなり落ちていて、逆に価格はかなり上がっていました(涙)
デンツの手袋もそうですが、革物ってだんだんいいものがなくなってしまうんでしょうかね。

dunsford

2009/07/23 08:36 URL 編集返信
No title
GANZOのコードバンは格好良いですね。万双のロゴがないところが好きだと言っておきながら,ホーウィンの名前が入っているものは,靴好きとしてやはり「おっ」と思ってしまいます。
ディオールの革小物にそんな高品質なものがあったとは知りませんでした。品質低下と価格高騰の悩みは本当に深刻ですね。

カッタウェイ

2009/07/23 10:50 URL 編集返信
No title
コードバンも食指が動く時があるものの、今のところはブレイリオの二つ折りマネークリップ(バッファローレザー)とソメスのコインケース(サドルレザー)を日常使いにしております。
伊勢丹新宿に行ったときなどGANZOやキプリスも眺めつつ我慢していますが、dunsfordさんがおっしゃるように革質のいい品はこの先どんどん減っていくと考えると……今のうちにスペアを確保するのも一つの案ですね。
しかし革小物は舶来品の方がヤワだとは……全部が全部ではないのでしょうが……。

tas**48sy

2009/07/23 20:43 URL 編集返信
No title
万双は本当に良いですよね。私も雑誌ビギンの限定販売だった万双の
コードバン財布をつい先日まで使っていました。
おそらく5年は使いましたが一切へこたれること無く
質感の高さを保っています。コバ仕上げも大変きれいですし。
おっしゃるように舶来品はイマイチのように思います。
WHCのホーウィンコードバンの財布も革は良かったものの
作りは残念ながらまったくダメでした。
やはり日本の職人さんはすごいですね!
是非とも大切にされて下さい。

うつぼくん

2009/07/23 22:48 URL 編集返信
No title
マネークリップを御使用でしたか。私も使ってみたいのですが,挟むお札がなくなると悲しいので外から分からない札入れに頼らざるを得ないのでありました。舶来の革小物。勿論品質の高いものも少なからず存在すると思うのですが,「良い良い」と書かれているブツを実際に手にとって???と思うことも少なくありません。

カッタウェイ

2009/07/23 22:54 URL 編集返信
No title
WHCは雑誌では絶賛されていることが多いのですが,確かに手に取ると,そんなに凄いブツには見えないことがあるような・・。私の2枚目画像のブツは,名前だけ提供したのだろうか?という悲惨な出来でした。良いものを作る人が,良いものを作り続けるだけで十分な評価を受けられる環境であって欲しいものであります。

カッタウェイ

2009/07/23 23:10 URL 編集返信
No title
こんばんは。
いいですね。国産がやはりよいのかも。以前BBのコードヴァンを使ってました。これは7年くらいつかったでしょうか。尻ポケットに、突っ込みぱなしだったのですが、使っていくうちに、入れる方向が一緒だったためか。皮膚に近い側が、だんだんざらつき始め、光沢がなくなっていき、そのうち、縫製の糸が切れお釈迦になりました。半年ほど前に、赤のブライドルレザーに変えてみたのですが、例のごとく突っ込みぱなしですので、擦れる部分が、黒くなってきて、非常に汚らしくなってきました。というか、オイルを塗りこんだんですが、かえって、黒くなるのが早いみたいです。車の運転が多いので、シートとお尻の間で蒸れるのか、湿気が多いせいで、きれいにエイジングできません。今のところ、縫製は、大丈夫ですが、上の写真のように、曲がる部分の強度が心配です。それと、カードの入れすぎで、いつ、縫製の糸が破れだすかわかりませんね。

-

2009/07/24 00:13 URL 編集返信
No title
deibuさん,興味深い経験談をありがとうございます。赤や緑のブライドルレザーには興味があったのですが,使い込んだときどうなるか予想ができなかったので,参考になりました。
糸が切れたときのことを考えると,同じ工房へ修理に出せるか否かも一つのポイントになりそうですね。

カッタウェイ

2009/07/24 17:39 URL 編集返信
No title
私は、財布に関しては、薄くて、柔らかい(馴染やすい)を重視していて、耐久性は無視しています。硬いと服地が痛むからです。
穴の開いた財布をの画像をみて思わず革をあてて修理したい衝動に駆られます。

山田

2009/07/25 01:56 URL 編集返信
No title
財布の薄さは私も同感です。
小銭・お札・カード入れが一つになった財布だとゴツくて重いし膨らむし、スーツやジャケットの内ポケットに入れた際に懐の生地が伸びてしまわないか不安です。結果、軽くて薄いマネークリップにお札とカード数枚を挟んで懐に入れ、重量のあるコインケースは携帯と一緒にバッグの中、というのがここ数年のスタイルです。
……そう言えば私は、尻ポケットには革小物を入れません。尻ポケに入れる習慣があると、汗の水分(プラス塩分と皮脂分?)を吸いやすい場所なので革のいたみが早い、というのは考えすぎでしょうか?

tas**48sy

2009/07/25 11:44 URL 編集返信
No title
財布についても,靴や服と同様に,使い方や好みによって重視する点が異なりますよね。私は服でも靴でも固く重く耐久性があるものに惹かれてしまいますが,軽くソフトなものに魅力を感じるのももっともだと思います。

カッタウェイ

2009/07/25 15:19 URL 編集返信
No title
私は上着を着ているときは財布を上着の内ポケットに入れますが,真夏は尻ポケットに入れてしまいます。財布の痛みが早くなるようにも思うのですが,鞄を持たないときは,他に持ち運ぶ手段がなく・・。

カッタウェイ

2009/07/25 15:25 URL 編集返信
No title
生活をあずかる主婦としてあまり高額なものはかえませんし、
こだわれるほどのブランドの知識ももっていませんが、
それでも革の靴と鞄に関しては普段の買い物より、
気持ちも金額もウエイトが大きくなります。
ちょっと頑張ったら私に買えて、流行り廃りに影響されず、使えば使うほど味がでて、愛着がわくものに出逢えたら幸せだなぁ・・(^^)

冬生

2009/08/09 15:07 URL 編集返信
No title
冬生さん,革製品は奥が深いといいますが,金額やブランドと品質が必ずしも一致しないところが面白いなぁ,と思います。

>ちょっと頑張ったら私に買えて、流行り廃りに影響されず、使えば使うほど味がでて、愛着がわくもの

本当にそうですよね。ブランド名もマークも何も要りませんが,この4要素は譲れませんです。

カッタウェイ

2009/08/09 21:17 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

カテゴリ

検索フォーム

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
195位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
服飾
3位
サブジャンルランキングを見る>>