FC2ブログ

滑らぬ底のクロケット

革靴を好きになってから11年ばかり経ちます。本日初めて,磨り減ったソールを交換に出しました。(つり込み直しで大して減っていないソールが交換されたことはあります。)

出したブツは8年くらい前にネットオークションで未使用品を購入したポールセン・スコーンのシングルモンク。ライニングに書かれた番号の特徴と両足ともに土踏まず側に記載される特徴から,恐らく断じて間違いなくクロケット製ではないかと思います。

奇をてらわないセミスクウェアの美しい靴なのですが,手持ちの靴の中で,この一足だけが妙に傷みが早く,これまでにつま先,カウンターライニング,トップリフト,金具のゴムを修理し,ついにソール交換一番乗りです。

正直なところ,アッパーは肌理が粗く,磨きがいのない感じで,ライニングは擦れやすく,ソールは滑る上に減りが早く,金具を留めているゴムもあっという間にほつれてきて,素材に関して言えば,今ひとつでした。ポールセン・スコーンをビームスがやっていた頃の製品のようなので,10年以上前の製品なのでしょうが,特に現行品と比べて,上質な素材を使っていたようには見えません。

と,素材のことだけに言及すると,ハズレ靴のようですが,履き心地はとても良いのです。木型が足に合っているせいもあるのでしょうが,中底の沈みこみが,他の靴に比べて大きく,その凹凸がとても気持ちよく,足を入れた瞬間にほっとする靴の一つです。

バナナは腐りかけが一番美味いという説がありますが,ウェルト靴は,リソール直前くらいが一番履き心地が良い,という話も聞いたことがあります。

今の状態をもう少し楽しみたい気もしますが,雨が降れば一瞬で底上浸水し,画鋲でも踏めば,一撃で湧泉を貫通しそう,バネ式のツリーを入れれば,トゥスプリングどころか,コンコルドのようにノーズが下を向く有様なので,そろそろ限界のようです。

8年かけて馴染ませた中底やアッパーに,新品のオークバークのソールが装着される,というのは,どのような履き心地を味あわせてくれるのか,靴好き11年目にして,初めて体験することになる楽しみです。

【シューケアスタジオ 修理代金】

リソール 19,000円(レンデンバッハの底材を使用した場合)

ちなみに,ベイカーだと5,000円くらいアップするようです。以前伺った話では,レンデンバッハは固く長持ちし,ベイカーはしなやかだ,というようなお話でした。

出し縫いの糸を完全に除去し,可能な限り純正の仕上げに近づけようとすると評判のユニオンワークスに出せば安心確実なのでしょうが,名古屋の修理屋さんに頑張って欲しいとの思いもあり,地元の修理屋さんにお願いしました。どうか上手く直していただけますように。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメント(12)
No title
クロケット=コロッケの話かと思いながら来てしまいました。今日クリームコロッケを食べたせいでしょう。

chargeup2003

2009/08/29 23:41 URL 編集返信
No title
クロケット=コロッケでググってしまいました。コーンが美味しそうです。「バナナは腐りかけが一番美味」説については,いかが思われますでしょうか。私は黒いスポットがほんの少し出始めた頃が好きです。

カッタウェイ

2009/08/29 23:47 URL 編集返信
No title
実は、半分くらい黒くなったものがやわらかくてウマーです。

chargeup2003

2009/08/29 23:57 URL 編集返信
No title
さすがchargeupさん。私も勇気を出して,半分黒くして食べてみますです。

カッタウェイ

2009/08/30 00:05 URL 編集返信
No title
言われてみればうちのポールセン2足も、比べてみると60年代ものよりもビームス時代のものの方が爪先とヒールが削れるのが早かったですね。

私はバナナの両端2~3cmを子供に食わせるなと教わりました。
栽培時に使われた農薬やら殺虫剤やらが凝縮する部分なんだそうです。

tas**48sy

2009/08/30 07:11 URL 編集返信
No title
60年代のポールセン・スコーン。既製でしょうか。見てみたいです。
バナナの両端の農薬の件,うちの妻も同じように教育的指導をしておりましたです。ただ,子供が生まれてから,私には何も言わず先端を手渡してくるようになりました。子供には中心部をスライスして与ええいるようであります。

カッタウェイ

2009/08/30 10:44 URL 編集返信
No title
サイズ7Eと手書きされているので既製靴だと思います。ただし昔のUKサイズは今とは違う基準みたいで、ビームス時代のポールセン6Dとアウトソールの実寸がほぼ同じ、フィッティングも同等でした。
インソックにプリントされいるロゴが、ポールセン・スコーンとジョセフ・ゲインのダブルネームになっているので、これは60年代のポールセンなんだなと判断しました。

バナナの先端の件は……え~、何と評すれば良いのか……。うちはバナナの先端を捨ててますが、捨てる際に勿体無いなと思うのも事実です。
磨り潰したペーストから薬剤分離して安全な部分を再利用できる技術が家電レベルで実現できれば、かなり売れるんじゃないでしょうかね。

tas**48sy

2009/08/30 19:32 URL 編集返信
No title
昔のUKサイズ,今と違うという話はたまに目にします。私の古いチャーチは,多分今と変わらないです。
ネットオークションで試し履きせずに買うしかない場合は,要注意ですね。
バナナの先端・・そのような家電が出るまでは,自分で先端を切り取って捨てることにします。

カッタウェイ

2009/08/30 19:55 URL 編集返信
No title
修理屋を、応援していただいて、ありがとうございます!

いい修理屋はつぶれません、悪い修理屋でも盛業のところもありますし、腕のいい職人さんがいてもつぶれるところもあります。

仕上がりの記事、期待いたします。

zakoppe

2009/09/01 01:21 URL 編集返信
No title
雑魚さん,我々靴好きが心置きなく靴を履きまくれるのも,こうした靴を丁寧に修理してくださる職人さんがいてくださるお陰です。
仕上がりがどうなるか,期待と不安が入り混じっております。

カッタウェイ

2009/09/01 07:48 URL 編集返信
No title
カッタウェイ様
私も靴に凝り始めてからそろそろ10年が経とうとしていますが、ローテーションさせて履いているせいか、オールソールの交換はまだ未経験です。
ユニオンワークスは確かにいいですよね。以前、少し大きめの靴の中にサイズ調整のために革の中敷きを貼り付けていただいたのですが、何度も履き心地を確認して革の厚さを決めてくださいました。
また、履いていくうちに革が沈みこむので緩くなりすぎたら、持ってきてくれればこんな対処方法がありますというところまで教えてくれました。
いい靴(私のはたいして高価なものではないですが)を長く履いていくためには、良い靴修理のお店のサポートが欠かせませんよね。

dunsford

2009/09/01 08:35 URL 編集返信
No title
dunsford様も約10年でしたか。10年でもローテーションするとオールソールには至らないこともありますよね。
ユニオンワークス,私も対面で修理依頼してみたいです。遠すぎる・・。

カッタウェイ

2009/09/01 20:05 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

カテゴリ

検索フォーム

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
195位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
服飾
3位
サブジャンルランキングを見る>>