FC2ブログ

粉吹く青いキーケース

さる高名な占い師によれば,私のオーラは青色なのだそうです。

もっとも,私はその方に会ったことはなく,妻がたまたまその方の受注会・・じゃない出張占いに参加する機会があり,占ってもらったついでに私のことにも少し話が及んだだけなので,本当かどうかは分かりません。その方に会っても,やはり分かりませんけれど。

オーラの話に影響されたわけでもないのですが,最近少しずつ革小物をネイビーに買い換えています。

先日購入した財布は,ネイビーと言い張りながらも,ほとんど黒に近かったのですが,今回は素材をコードバンからブライドルレザーに変えたお陰で,かなり青っぽく見えます。

財布のときと同じお店から通販で購入したのですが,やはり本体にはブランド名もロゴマークも一切入っておらず,袋も箱も無地,あまつさえ納品書すら入っていない・・。

「大事なのは中身だけ」というところでしょうか,この潔さ。私は好きです。なんだったら,袋も箱も要らないので,中日スポーツにくるんで発送してもらっても構いません。

日本の職人さんが作られたものを見ると,なんだか安心します。ビスポーク・シューズも含めて,なんだか最近,日本の職人さんがとても気になります。愛知県にも,魅力的な靴を作る職人さんが出てこられたようで,嬉しい限りです。私の場合,本当に微妙なニュアンスを伝えるには,地元の名古屋弁に限られますから。

「まーちょっと,先っぽを右に振ったってちょ!痛ぁーてかなわんでかんわ!」

スポンサーサイト



コメント

コメント(2)
No title
ご無沙汰してます。
自分のオーラの色は知りませんけど、ブルーは大好きな色です♪

>ブランド名もロゴマークも一切入っておらず・・
いいですね・・・そういうものに頼らなくても自身を持って商品(作品)を送り出している職人さんの心意気が感じられます。
嬉しくなってしまいますね。

3ヶ月ほど前でしょうか、本屋さんで‘日本の革と工房’(タイトルは不確か)という本(雑誌の特別号のような感じでした)を見つけました。迷った挙句買うところまでいかなかったのですが、買えばよかったとちょっと後悔。。。

立ち読みしただけでも、手にしてみたくなる製品がいっぱいでした。

冬生

2009/09/03 20:40 URL 編集返信
No title
冬生さん,こちらこそご無沙汰しております。「日本の革と工房」ですか・・タイトルだけで読みたくなってしまいます。どこの工房が載っているのだろう・・。
私は今まで,イギリスの老舗にばかり目がいっていたのですが,最近,俄然国産が気になっています。
国民性ともいうべき気質の細やかさに加え,クラシックな格好よさを備えた作品を目にする機会が増え,とても魅力的に感じられます。応援したくなります。

カッタウェイ

2009/09/03 22:04 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

カテゴリ

検索フォーム

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
480位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
服飾
5位
サブジャンルランキングを見る>>