FC2ブログ

ウェルトに革,ハンバーガーには肉

本日,某ファッション誌を立ち読みしたところ,「エドワード・グリーンはウェルトに革を使っている!」と写真付きで賞賛されていました。さすがグリーン。が,待てよ・・。

「ウェルトは,普通革なのではないだろうか。そう信じてきた自分が世間知らずだったのだろうか?」


都市伝説だとは思うのですが,どこかのファストフード店が「これからは本当の牛肉を使います」と言ったとかなんとかで,それまではなんの肉だったのだろう,と顧客が青ざめたとかいう話を聞いたことがあります。今,そんな気持ちでいっぱいです。

憶測ですが,グリーンは故フルスティック氏が遠山氏のインタビューで「新しいグリーンはシャンクに革を巻いたものを使用している」と言っていたので,シャンクのことを言いたかったのではないでしょうか。もっとも私は,革が巻かれたグリーンのシャンクを見たことがありません。写真も小さくてよく分かりませんでした。

もう一つ気になったのは,トリッカーズが何足か並べられている写真の解説に「やっぱりブックバインダーカーフ」との一言が添えられていたことです。

チャーチから姿を消したブックバインダーが,トリッカーズで復活!??


恐らく,このアッパーはC Shadeと呼ばれていたものではないかと思いますが,ただの間違いなのか,表面加工されたテカテカの革を広くブックバインダーと呼ぶようになったのか,はたまた,ブックバインダーが本当に復活してトリッカーズに供給されているのか??分かりません。

と,重箱の隅をつつくような瑣末なことに突っ込みを入れておりますが,この雑誌は手頃な価格帯の商品が沢山掲載されているので,実は立ち読み雑誌として愛読しております。買うのは5年に一度くらいですが・・。

「本格靴メーカーの歴史的名作を全部分解して大比較!」なんて特集をしてくれたら,私も必ず買います。ビ○ン様。
スポンサーサイト



コメント

コメント(7)
No title
う~ん、チャーチはタンナーではない訳で、他の靴メーカーがチャーチのブックバインダーと同じ製造元から同じ革を供給されていてもおかしくはないですが、他メーカーでブックバインダーという呼称は聞き覚えがないですね。
その記事のライターが「英国では光沢革をブックバインダーと呼ぶ」と勘違いしてる可能性はありそうですけど……。

tas**48sy

2009/09/18 02:32 URL 編集返信
No title
通りすがりが蛇足ながらちょっと・・・

ウェルトですが、リーガルの一部のライン(少なくともインペリアルグレード)は樹脂製です。リソール回数を増やすためのアイデアとは思いますが、履いても履いても返りの固さが抜けません。
インポート靴で使っているのは見た覚えが無いですね。

また、ブックバインダーですが、AllAboutの倉野氏の取材によれば、ポリッシュドバインダーと「名前を変えた」というのがチャーチの言い分の様です。同様の革質と思われるものが他のメーカーでも「ポリッシュドカーフ」と名付けられて売られています(ローク等)。C Shadeとはベースの革が違うのか、もっと滑らかな印象がある気がします。どちらにしても一種のガラス加工された革の事を指すようですね。

以上、初カキコでした。いつも楽しませてもらってます、これからもちょくちょく覗きに来ま~す。

I.S.

2009/09/18 22:41 URL 編集返信
No title
エドワード・グリーンより下の価格帯ですと、ウェルトに圧縮ボール(←正式名称は知らないです)を使用してコストダウンを図っている高級靴は結構ありますよね。圧縮ボールですと、耐水性に難があるそうですね。
僕も分解しての大比較、読みたいです(笑)。

dai*uk*_yam**ita

2009/09/19 10:59 URL 編集返信
No title
ブックバインダーはタンナーにおける名称だったのか,チャーチがそう呼んでいたのか・・。薬品規制で従来の加工ができなくなったとか,ポリッシュドバインダーとは名前だけでなく品質も変化したとか,いろいろな説を目にしましたが,実際のところどうなのかは,不勉強にして知りませんです・・。

カッタウェイ

2009/09/19 21:28 URL 編集返信
No title
mimiccyoさま,いらっしゃいませ。リーガルの一部で樹脂製のウェルトを使っているのですか。履き心地に影響するというのは残念ですね。こんなブログを立ち上げていながら,私はあまり靴屋巡りをしておらず,現在の靴メーカーのラインナップや特性について,知らないことが多すぎるなぁ・・と再認識しました。

カッタウェイ

2009/09/19 21:33 URL 編集返信
No title
山下さん,グリーンより下の価格帯・・というと,かなり多数の高級靴が該当しそうですが,そんなに圧縮ボール(パーティクル・ボードと同じものでしょうか・・違うかなI)を使っている例があるとは知りませんでした。かなり前,あるメーカーが積み上げをパーティクル・ボードに変えたのが残念だ,という話をどこかで目にしたような気がしますが,革でないウェルトが出回ったのは,最近の話なのでしょうか?それとも随分前からそうだったのでしょうか・・。
今日リソールしたクロケット製のモンクが,ウェルトの表面にあちこち割れ・剥がれができており,???と思ったところなのですが,ひょっとしてこのウェルトも圧縮ボール??
見分け方がよく分かりません。「素材を調べるときは燃やす」のが古着屋の師匠直伝の必殺技ですが,ウェルト素材比べにも有効でしょうか・・。
分解大比較,バラしたあとは組み立てなおして,読者にプレゼントしてくれると言うことなしです。

カッタウェイ

2009/09/19 21:42 URL 編集返信
No title
鍵コメさま,情報ありがとうございました。うーん,色々考えさせられます。

カッタウェイ

2009/09/20 10:08 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

カテゴリ

検索フォーム

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
480位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
服飾
5位
サブジャンルランキングを見る>>