FC2ブログ

こども美術館でおとなが魅入られたモノ

子供連れだと,大人だけでは行けない・行かないようなところへ足を運ぶようになります。

本日は「こども美術館」なるところへ行ってまいりました。

最初に「子紫電」なるマシンがお出迎え。ベースはスズキ・アルトなのだとか。紫電というと私は翼が真ん中から生えた飛行機を思い浮かべてしまいます。




それから,休憩室にある「記念メダル」と「メダル刻印機」の自販機。




この素晴らしく昭和レトロな刻印機。私も子供の頃,東山動物園に連れて行ってもらったとき,親に記念メダルを買ってもらい,打刻してもらったことがあります。

私はこういうアナログな自販機が大好きなのですが,自分のために買ったり打刻するのは恥ずかしく,一度も購入したことはありませんでした。

しかし親となった今,堂々と購入し打刻しても何ら不自然な雰囲気は漂わないことでしょう(多分)。

ティラノサウルスとトリケラトプスの2種類があったので,何となくトリケラトプスを選択。

代金は400円。キーホルダーのオプションが200円です。

硬貨は100円玉のほか,500円玉も使用できるのですが「お釣りは出ません」と気持ちいいほどきっぱりと宣言されております。

500円を入れてしまった場合は,あと100円入れてキーホルダーにするしかないということでしょうか。後から100円入れても通算されなかったりすることはないでしょうか(そこまで融通が利かない機械ではなさそうだけど)。

こうやって色々心配にさせてくれるのが昭和レトロ自販機の魅力的なところです。なんと言っても相手は機械なのです。機械は元来,融通が利かないものであったはずです。

無事メダルを購入。あのメダルが出てくる「ガシャーン」って音がまたいいですね。「買ったー」という高揚感があります。

そして隣のアナログ打刻機へ。料金は30円。「一文字いくら」なんて野暮なことは言わないのです。気の済むまで打刻して,一回いくらなのです(多分・・。よく読まなかったけれど)。

ダイヤル式電話機の要領ですね。0(ゼロ)とO(オー),1とIは共通でした。

打刻したい文字に指をかけ,ダイヤルを最後まで回すと,「ガシュン!」という小気味いい音がします。かなりの音量です。子供が集まってきて取り囲まれてしまうではないですか。

今は2010年だというのに,ゼロを二つ続けて打刻してしまいそうになってしまいました。新型の打刻機はモニターが付いていて,打刻内容を確認しながら入力ができ,実行するまではいくらでも修正が効くようですが,それではスリルがない・・。

結局,ドキドキしながら途中でダイヤルを戻したところ,リセットできたようで次の打刻に影響は出ませんでした。こういうところがまた面白いではありませんか。ダイヤル回して手を止めたとき,あるバブル期に流行った曲が頭に流れたのは言うまでもありません。

打刻成功。子供はマンマに夢中でメダルどころではありませんでした。

このメダル,子供のおもちゃにしては,かなり重量感・高級感があるから,捨てないんですよね。製作メーカーのホームページを見てきましたが,経年変化も少ないとのこと。

私のも,押入れをあさったら出てきました。




刻印日付はS52.9.11。

ネットで調べたら,日曜日でした。ついでに,自分の生まれた日を調べてみたら,月曜日。

娘もいつか,このメダルを打刻した日のことを知りたがるようになるでしょうか。こうして二つ親子のメダルを並べてみると,何やらしみじみと時の流れが感じられ,この「記念メダル」もなかなかいいものだと思わないではいられません。
スポンサーサイト



コメント

コメント(8)
No title
おお、最近のは打刻前に仕上がりを確認できるのですね。見た目は昔のままのようですが。私は思い切り失敗してベソをかいたものです。しかしそのメダルがどこへ行ったかは不明です。

chargeup2003

2010/01/10 18:27 URL 編集返信
No title
chargeupさんもチャレンジされたことがおありでしたか。
この機種は一代前の機種のようでして,直しはきかないのであります。最新機種はこちらであります。
http://www.stampmedal.com/history2.htm

製造元のホムペによると,旧型は少なくなってきているらしく,何やら寂しさが。

chargeupさんのメダルが,ひょっこり出てくるといいなぁ・・。

カッタウェイ

2010/01/10 19:10 URL 編集返信
No title
小学生の折、父親が存命だった頃によく連れて行ってもらった別府の動物園兼遊園地で何個も作ってもらったのを憶えています。当時はもっと安かったような気がしますが。
あのメダル達も多分、区画整理で実家が立ち退く際に処分した有象無象の中に混じってたんだろうなあ……。

tas**48sy

2010/01/10 21:53 URL 編集返信
No title
何度もお父様が動物園へ連れて行ってくださり,メダルを作ってくださったとのこと,良いお話ですね。羨ましくもあります。
そんなメダル達が区画整理で失われてしまったとは。残念ですが,思い出は不滅ですものね・・。

カッタウェイ

2010/01/10 23:04 URL 編集返信
No title
はじめまして。いつも拝見しております。
一言メッセージで…。内山選手、なかなかいいですね。亀田兄弟によるフライ級ミジェットボクシングはもう見飽きました。やっとボクサーらしい選手が出てきた感じです。もう、亀さん親子は隅へ引っ込んでて下さいといった気持ちです。茶番は終わりです。

ドラゴン

2010/01/13 20:15 URL 編集返信
No title
ドラゴンさま,いらっしゃいませ。内山選手の動きには少し見惚れてしまいました。強豪の多いクラスなので,今後の活躍が楽しみです。応援するよりも先に見惚れてしまうような選手に,これからどんどんテレビに登場して欲しいです。

カッタウェイ

2010/01/13 20:25 URL 編集返信
No title
思い出の品をちゃんと保管されていたのですね(^^)

私は引越しが多かったので、そのつど処分されて、
子どもの頃のものは写真以外ほとんど残っていないのです。
オモチャ博物館とかで、自分の使っていたモノに出逢うと
触ってみたくて仕方がありません(^^;)

冬生

2010/02/20 10:39 URL 編集返信
No title
思い出の品,知らないうちに処分されていたものもかなりあり(ウルトラマン消しゴムは今でも口惜しい・・)このメダルは貴重な生き残りです。
オモチャ博物館。私は行った事ありませんが,自分が持っていたり欲しかったものが展示されていたら,見つめまくってオモチャに穴を開けた後,ネットオークションで延々とブツを探し続けてしまうでしょう。近寄らないほうがよさそうです。

カッタウェイ

2010/02/20 14:37 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

カテゴリ

検索フォーム

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
400位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
服飾
5位
サブジャンルランキングを見る>>