FC2ブログ

小学30年生の読書感想文「かあさんは魔女じゃない」

本書は,私が小学生のときの高学年向け課題図書でした。もっとも私はまだ対象年齢に達しておらず,この本を読むことはありませんでしたが,異様なタイトルにドキリとしたことを覚えています。

やがて,私がその恐怖に直面できる年齢になった頃,既にこの本は本屋さんから姿を消していました。

それから30年近い時が流れた今,たまたまネットでこの本を見つけたので,取り寄せて一気に読了し,ついでに感想文らしきものを書いてみることとしました。

「・・・人間はどこまで残酷になれるのでしょうか。幸いにして,これは異国の,しかも遠い昔の物語です。しかし,気をつけなければなりません。私たちは,火あぶりにされたお母さんや主人公のエスベンであったかもしれませんし,あるいは,お母さんを裁判にかけた役人や牧師,それを嘲笑する村人たちであったかもしれないのですから。」

「願わくは,エスベンに手を差し伸べ,悪魔の使いとの疑いを抱かれることを承知で村人を治療したハンスの勇気のかけらが,自分にも備わっていますように。そして私は,その勇気のかけらを失わないように,日常で目にする不条理な出来事から,目を背けてはならないのです・・。」


・・・これくらいのことを小学生のときに書けば,及第点をもらえたでしょうか。私は作文は大好きでしたが,どうも,読書感想文というものは好きになれませんでした。

なぜなら,毎年,これを読むべしという「課題図書」が提示されて,それ以外の本をいくら読んで感想を書いたところで,夏休みの宿題を終えたことにはならないからです。志賀直哉の「灰色の月」を読んで涙しようとも,夏休み中,本の虫となってマルセル・プルーストの「失われた時を求めて」を完読したとしても,その感想を書いただけでは,夏休みの宿題を終えたことにはならないのです。

「課題図書」が私に感動を与えなかった場合,素直に

「つまらなかった。「ジキル博士とハイド氏」のほうが面白かった。人間の感情というものは非常に多面的で・・」などと課題図書を裏切り,他書の供述を始めたら0点間違いなしです。

読書感想文というものが,読後の感想を魂が叫ぶままに書きつづることより,むしろ読書を通じて自己点検・自己評価を行うことのほうに重きを置いていることに気が付いていれば,当時の私でも,もう少し前向きな感想文が書けたかもしれません。

ところで,本書の重要なテーマの一つに,「勇気」があります。「勇気」に関係する名言は,小説にも,教科書にも,漫画にも存在します。


「勇気というのは、いつの世でもすたれることのない大事なものです
(ジャック・ヒギンズ著「鷲は舞い降りた」」

「やめとこう。女の子を殺したら朝めしがまずくなる。朝めしがまずくなるくらいなら死んだほうがましさ(寺沢武一「コブラ」)」

「勇気というものは,我とわが身を危険にさらす可能性を高める場合があります。それでも,勇気を奮う人が少なからず存在しましたし,これからも存在することでしょう。」

「何がその人たちを突き動かしたのか。自分は,いかなる場合に,あるいは,いかなる場合までなら,勇気を振り絞って行動することができるのか。今の自分には分かりません。それでも,そうあれかしと告げる,自分の心の小さな声に耳を閉ざさないようにすることはできます・・。」

おっと,読書感想文が続いてしまいました。私の場合に限って言えば,本当の感想は,クラスメートの前で発表などせずに,ひっそりと心に秘めておきたいものです。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメント(2)
No title
私も高校の模試か何かで、脳科学の権威・養老猛先生の文章に平然と反対の意見を書いたことがあります。^^;
そのときの点数がどうだったは、今となっては知る由もありません…。

絨毯のようなツイードスーツに膝裏がなくてちくちくしたお話、
オーダーしたスリーピースの裏地が派手で職場から追放されたお話(されてないか…笑)、
毎度楽しく拝読しています、遅ればせながら、本年もよろしくお願いいたします!(^O^)/

オリグチ

2010/01/21 01:02 URL 編集返信
No title
オリグチさん,こちらこそ今年もよろしくお願いします。
絨毯は上下丸洗い中,ベストの背中はやはり気になって居心地の悪い思いがするであります。「作業服やジャージよりマシじゃないか!」という理屈は服好きの視点によるもので,生徒手帳によくある「華美でないもの」というルールに抵触してしまうようです。
次回は背中だけブラウンのビスコースにするであります。でも,あそこの裏地(リア・ブラウン・ダンスフォードの生地かな?)はどれも光沢が強くで派手そうです。例え黒無地でも,「お前,その裏地,玉虫じゃないのか。」と上級生に絡まれそうです(なんのこっちゃ)

カッタウェイ

2010/01/21 07:49 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

カテゴリ

検索フォーム

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
195位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
服飾
3位
サブジャンルランキングを見る>>