FC2ブログ

接着芯とシャツの耐久性について

ギンガムチェックを買うならここ、と決めている英国のシャツ屋さんがあります。

このお店は、今でこそ頻繁にオンラインショップのサイトを更新していますが、少し(だいぶ)前までは、年がら年中まったく同じ内容・品揃えで、年に2回のセール期になると、シャツの価格を40ポンドに引き下げ、セール期が終わると、また同じシャツを定価で販売するという、なんとも素朴な、愛すべき運営がなされていました。

2年くらい前、このお店で最初に買ったピンクのギンガムシャツが少し痛んできたので、同じシャツを注文し、「襟の形状やボタンホールのかがりが少し変わった」という記事を書いたりしましたが・・。


最大の変化は目に見えないところにありました。そしてその変化が、シャツの耐久性に大きな変化をもたらしたように思うのです。

最初に買ったシャツは、5年くらい着たところで、襟の凹凸の凸部分が少しずつ擦れて、亀裂が入るようにダメージが生じ始めました。

ところが、今度のシャツは、同じ生地にしか見えないのに、1年過ぎた頃から擦れが発生し、2年経った頃には、まるで紙やすりをかけられたように、生地が擦り切れてしまったのです。




「これは一体・・・?」

変化した点はもう一つ。洗濯すると襟に凹凸が出て、アイロンがかけにくかったのに、新しいシャツはまったく凹凸が出ず、一撃で襟にアイロンをかけることができます。

「接着芯か・・!?」

襟裏はすぐにつまむことができますが、襟の表側の生地は、なかなかつまむことができません。ただ、どういうわけか完全に襟芯と接着はされておらず、強く擦ると、分離していることが分かります。

「分解してみるか・・。」

このシャツは、修理用(同じ生地で襟・袖を作って修理してくれるお店があったはず)に取っておくにしても、襟は使い物にならないのだから、切り裂いても差し支えないはずです。

鋏を入れると、最初に買ったピンクのギンガムは、完全に芯と生地が分離していることが確認できました。




いっぽう、ブルーのギンガムの方は・・・。

驚きました。襟芯と表側の生地は分離していましたが、生地の裏側に薄い接着芯が貼り付けてあります。

手持ちのイタリア製のシャツも接着芯ですが、薄い接着芯が一枚貼られているだけなので、すぐそれと分かります。チャレンジャー戦車のスペースド・アーマーのように二重構造にするのには、どんな意味合いがあるのでしょう。

そして、襟の付け根部分。ここは紛うかたなき接着芯仕立てでした。




襟裏が擦れやすくなったのは、接着芯が貼られたことによって、摩擦力を分散させることができなくなったためではないかと推察します。

それにしても、接着芯を使うなら、わざわざスペースド・アーマーにすることなく、襟の付け根部分同様、一枚だけ厚い芯地を貼ってしまえばいいような気がするのですが、何か深遠な理由があるのでしょうか・・?

そしてチーフテンからチャレンジャーへと進化を遂げてしまったこのお店のギンガムシャツ。思いとどまってチーフテン、いやいっそセンチュリオンにまで退化してくれないものでしょうか。
スポンサーサイト



コメント

コメント(6)
No title
こんばんは、
シャツにつきましては、ほとんどわからないのですけれども、戦車の例えは、私には程好く、わかりやすかったであります☆

zakoppe

2010/10/26 01:27 URL 編集返信
No title
カッタウェイ様
接着芯についての考察、興味深く読ませていただきました。
接着芯を使用することによって、アイロンがかけやすくなっても、どこかに無理が出るんですね。
少し違いますが、某ブランドのノ○アイロンのBDシャツ(コットン100%)は接着芯は使用していませんが、糸を加工してあるせいか、全体的に硬い感じがして、カッタウェイ様のシャツと同じような擦り切れができやすいです。
便利さと引き替えに失うものも多いのですね、結局は消費者の選択次第ということなんですかね。

dunsford

2010/10/26 09:34 URL 編集返信
No title
雑魚さん、おお、戦車の例え(例えになっていない気も)が役立ったとは。チャレンジャーも強そうですが、やはり最強の戦車は「700キロを突っ走れ」の恐竜戦車ではないかと思うところであります。恐竜戦車は、スペースド・アーマーではなさそうに見えるでありますが・・。

カッタウェイ

2010/10/26 20:38 URL 編集返信
No title
dunsfordさん、昨日は久しぶりに「5年着た英国シャツ」を着て出勤したのですが、もとはどちらかといえば頑丈な生地がクタりかけたときのやわらかさは格別でした。修理して着続けたいと思わせる魅力がありました。それが失われて(接着芯でもフラシでクレリックに修理すればいいのかもしれませんが)いくのは悲しい限りです。

カッタウェイ

2010/10/26 20:42 URL 編集返信
No title
私も、5年ほど着たロンドンストライプのシャツをこの前処分いたしました。もっとも安く買ったものなのでここまで持てばいいかなという感じなのですが・・・もちろん接着芯です。襟と袖が擦り切れ、全体的に縮んできたので小さくなっていました。

英国シャツも時代の流れには逆らえないのかもしれません・・・

おとぼけ課長

2010/10/27 00:34 URL 編集返信
No title
このシャツ屋さんも、セールを頻繁にやるようになったり、価格が少しこなれてきた印象があるので、そういう点では恩恵を受けているのですが・・。うーん・・。

カッタウェイ

2010/10/27 18:47 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

カテゴリ

検索フォーム

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
480位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
服飾
5位
サブジャンルランキングを見る>>