FC2ブログ

くらっく くらっく くらっく

本格靴がブームとなってから、はや10数年が経過しております。あの頃買われていった靴たちはどうなったのでしょうか。
 
10数年間、変わらぬ愛情を受け、すっかり持ち主の足に馴染んだ頃でしょうか。何度もヒールを交換し、そろそろリソールを受け、まずますかけがえのない靴に育った靴もあるのではないでしょうか。
 
あるいは、買いすぎた靴に手が回らなくなったり、保管場所がなくなったり、微妙なフィッティングの難点が我慢できなくなったりで、売り払ったり友人に譲ったり、頭にきて捨ててしまったり、というケースもあったかもしれません。
 
私の手元の靴も、いつの間にやら10年選手がけっこう登場しておりますが、その消耗具合は実に様々です。
 
わけても、アッパーに入るクラック(亀裂)。これが必ずしも使用頻度や手入れの頻度とリンクせず、突然に余命を突き付けてくるのは困ったものです。
 
まずはマスターロイドのドーヴァー。買った当初から革質は磨き甲斐のない感じで、分厚くて光沢がなく、ところどころトラ?が走っていて・・というものでしたが、履き心地の素晴らしさは手持ちの靴の中でも突出していて(32ラストのハーフサイズアップがたまたま足に合った)、中底とフィラーが沈み込んだ今は、お金に換えられない大切な一足となっております。
 
しかし・・・。

 
アッパーの屈曲部に走る数本のクラック。これはけっこう早い段階で入りまして、少しずつ成長しております。
 

 
アッパーをちょいと横に曲げたところです。皺の入り方が嫌な感じなのですよね。ライニングの革質は素晴らしいし、靴の作りも文句ないのですが、このアッパーは「クラックの入りやすい革」だったと思わずにはいられません。
 
同じ頃に買ったロブパリのダービーは、まだまだクラックどころか足に馴染みきってすらおりません。「だいぶ柔らかくなったかな」と思っても長時間履くとまだまだ固いです。これはこれでいかがなものかと思いますが・・。
 
それにしても、当時の自分を振り返ってみると、靴を選ぶ基準として、「クラックが入りやすいかどうか」というのはあまり念頭になかったのです。今になって思うと、何十年も同じ靴を履くのであれば、いかにクラックを回避するか、というのは最重要課題なのでありますが・・。
 
ソールもウェルトも中底も(その気になれば)交換できなくはないですが、オールアッパー交換というのだけは不可能なのですから(不可能というより、別の靴になってしまう。)
 
 
続いては、ファイン・ブラック・カーフのチェルシーです。この靴はいかにも脆弱そうなベビーカーフを使っておりましたので、最初に昇天するかと思っていたのですが・・・。
 

 
屈曲部にクラックは全くありません。純正ツリーのおかげもあるのかもしれませんが、薄くしなやかなベビーカーフは、山脈のような深い皺が入りにくいからでしょうか?その代り引っ張り耐性は低いらしく、履き口付近のミシン目には画像で確認できるとおり、亀裂がいくつか入っています。
 
それから10年選手ではないけれどクラックが入りやすそうな靴をいくつかご紹介しますと・・。
 
チャーチの224シャノンです。これは作られたのは10年か11年前ですが、知人から譲ってもらった靴なので、実質何年使用していたかはよく分かりません。
 

 
ブックバインダーという表面加工されたアッパーなので、特有の皺の入り方がしますし、その皺からクラック発生の兆しも見えます。ただ、銀面に亀裂が入ったのか、お化粧が割れているだけなのか、私にはよくわかりません。
 
ブックバインダーは、廉価なガラス加工の革と異なり、銀面を残して表面加工をしているので強度が高い、という話も耳にしたことがあります。ひょっとすると、ここからの耐久性がブックバインダーの真骨頂なのでしょうか?
 
最後にヴィンテージ・チャーチのコーチハイド・ブローグ。シングルソールのくせに重戦車のような装甲(アッパー)を持つ大好きな靴なのですが、先日少し雨にあたってしまい、2日ほどそのまま放置してしまったら、アッパーに深い皺が入り、その一部がささくれ立ってしまいました。
 
 

 
画像ではささくれは確認できませんが、非常に分厚くて固いアッパーなので、深い皺が入りやすいです。この皺はクラックが入りやすい気がしてなりません。ヴィンテージの靴だというせいもあるでしょうが・・。
 
あと、ライニングの素材や品質も、クラックの入りやすさと無縁ではない気がします。この靴は布ライニングですので、ライニング自体に元の形に戻ろうとする力が少ないため、余計に皺が伸びにくいというようなことはないでしょうか。
 
何にしましても、この靴の場合は完全に私の手入れ不足が原因です。雨に濡らした靴は、湿っているうちにアッパーの形を整え(新聞紙で詰め物をするとか)、こまめに新聞紙を取り換えてカビを防ぎ、ある程度のところで一度ツリーを入れるべきだったと思います。
 
クラックについてまとめますと・・・。
 
1)世の中にはクラックの入りやすい革と入りにくい革がある(ように思われます)。
 
先日、ある靴好きの有識者の方がご自身のブログで、鞣し方法や仕上げ方法と関連があるのでは、と鋭い指摘をされておられました。恐らく主たる原因はそこにあるのだと思います。アッパーの厚さや固さ、皺の入り方といった触感や視覚的な要素による判別方法が整理できるといいのですが、私には残念ながらよく分かりません・・。
 
例えば私のウェストンのゴルフ(ライトブラウン)は、先のチャーチ同様に分厚いアッパーを使っており(チャーチよりずっと柔らかいですが)、チャーチなど問題にならないような豪雨に見舞われる等、散々な目に何度もあっていますが、全くクラックが入る兆しすらありません。手入れもラナパーを塗られたり、防水スプレーをかけられたりと、他の靴よりも過酷な手法によるものだというのに。
 
2)シューツリーは、脱いだらすぐ入れたほうが(クラック防止には)望ましいように思います。湿気を飛ばすという観点では問題があるかもしれませんが・・。
 
3)シューツリーは、純正ツリーが木型ごとに用意されているタイプのものであれば、純正ツリーを使ったほうが、クラック防止には効果が高いと思います。言わずもがななのでしょうけれど、私はこの点を少し軽く見ていました。
 
最後に、今やクラックは入ってしまったら終わり(パッカリいくのを待つばかり)ではなく、補修をしてくださるお店が存在するので、私のようにそのまま履き続けるのではなく、早めにそうしたお店に相談されるのも宜しいかと思います。
 
私も相談してみたいのですが、ズボラなのと、大人気で納期がとても長いというお話を聞いて、だらだら先延ばしにしているところなのです。
 
どのように補修するのか、全く想像だにできませんが、外観上クラックが目立たなくなり、クラックの進行も遅らせることができるなら素晴らしいです。私にはタミヤのポリカーボネイト用塗料でタッチアップするくらいしか思いつかないのが(お試しにならないよう)情けないところです。


スポンサーサイト



コメント

コメント(4)
No title
お久しぶりです。
確かに原皮の質やなめし等の加工によって銀面の割れ易さはあるでしょうね。
ちなみに、自分の経験で言うと、細かい皴が入る革はクラックが入りやすい気がします。
でその理由なんですが、以前どこかで聞いた話なんですが、
銀面のクラックの原因は皴に溜まった埃であると聞いた事があります。
つまり、皴に埃がある状態で履くと、その埃によって銀面が削れて行ってクラックになると言う事のようです。
更に言うと、その埃が溜まった状態でクリームを塗るとその埃が固着してブラッシングでは取れなくなり、よりいっそう銀面にダメージを与えると。
そう考えると、細かい皴が入る革の方がより埃が取れにくいのでつじつまが合うような気がします。
そして、履いた後の丁寧なブラッシングが大切である事も納得が行く気がします。
あくまで、聞いた内容をベースにした個人的な見解ですが、少なからず一理ある気はしますし、また新品時に革の優劣(銀面割れに対して)を判断するのは難しいので、使用過程で最大限割れを防ぐ配慮をするしか無い気がします。

山男

2011/07/23 17:02 URL 編集返信
No title
山男さんお久しぶりです。埃が銀面を削る・・初めて聞きました。そういう要素もあるのかもしれませんね。クリームを塗る前に古いクリームのみならず、埃を除去するのも重要ということですか・・。今後の手入れの際に、そのあたりも気を付けてみることにします。
ありがとうございました。

カッタウェイ

2011/07/23 17:59 URL 編集返信
No title
クラックによる辛いお気持ち、お察し致します。本当に悲しいですよね……。仰いますとおり、クラックは使用頻度や手入れ頻度とリンクしないから難しいですよね。価格ともリンクしないようで、おそらく僕が一番酷使しており、そして所有している高級靴の中で一番安い、雨用靴のロイド(10年以上使用)は、今のところ、クラックが入る様子がありません(笑)。このロイドはダイナイトソールで、元々雨用として作られているだけに、アッパーも雨に強い革が採用されているのかも?しれません。
履き口にもクラックが入るケースもあるのですね。考えてみれば、テンションかかる場所ですよね。勉強になりました。
ウェストンはソールはもちろん、アッパーも丈夫ですよね~!僕のもクラックの兆しが見えず、頼もしい限りです♪

dai*uk*_yam**ita

2011/07/25 03:23 URL 編集返信
No title
山下さんのクラックの記事に触発されて書いてみたのですが、大した内容でなく恐縮です。私が知りたいのはクラックが入りやすいか否かを新品時に正確に見抜く方法と、将来的に「クラック恐るるに足らず」という補修技術の発展があるのかどうかという点です。
補修不能なクラックが入ってしまった靴は、最後は徹底的に起毛させて強制ヌバック風にして履くしかないのでしょうか・・。

カッタウェイ

2011/07/25 20:36 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

カテゴリ

検索フォーム

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
480位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
服飾
5位
サブジャンルランキングを見る>>