FC2ブログ

パジャマか、スウェットか、まさかのナイトシャツか。

「こち亀」の両さんが、街行く女学生に“警視庁ニコニコアンケート”を騙り「あなたは夜 何を着て寝ますか?具体的にのべよ」と問いかけるシーンがありました。

そのときの答えが「わたしはパジャマです」「わたしはネグリジェ」「サルマタいっちょう」だったのですが、なんでもこのセリフは今では差し替えられているそうです。もちろんサルマタの部分が。

サルマタもナイトシャツ同様、愛用者が減って知名度が下がってしまったからでしょうか・・?

ふと思ったのが、今同じ“ニコニコアンケート”を行ったら、サルマタは言わずもがな、ネグリジェも絶滅危惧種で、その代り「スウェット」とか「ジャージ」という回答が多いのではないか、ということです。

かくいう私も若者時代からずっとスウェットで寝ていたのですが・・。

昨年、なんとなく無印でパジャマを買って着てみたら、スウェットとは違う着心地のよさに驚き、パジャマ派に寝返ることとなりました。

パジャマに興味が出てくると、せっかくなのでもう少し発色の鮮やかな生地の製品が欲しくなります。

かつてないほどのポンド安ということもあり、英国のサイトをウロウロ。結局、注文したのは
PAKEMAN CATTO & CARTERのハケ目のコットン・ポプリンのものでした。

届いたブツを見てびっくりしたのが、パンツのフロントが、単なる前空きではなく、ウエストまで全開
になっていることです。つまり、フロントがひもパン状態です。ひもを縛らないとパンツのウエストが筒状になりません。

英国の服飾店サイトでは、ひもで縛るタイプ(drawstring waistとかtie waistと書かれているタイプ)とゴムが入っているタイプ(elastic waist)とに区分して紹介されているのをよく見かけたため、「ひもでもゴムでも同じようなものだと思うけどなぁ・・」と不思議に思っていたものですが、なるほど、これは大した違いです。

きちんとひもで縛れば同じことですが、なんとなく落ち着きません。いずれ慣れるのでしょうけれど・・。

せっかくあちこちのサイトを見て回ったので、以下にお店のURLを紹介させていただきます。

http://www.pakeman.co.uk/
品揃えが豊富でコーディングズより少し安いので気に入っているお店です。パジャマは85ポンド。

http://www.cordings.co.uk/
カントリーウェアで有名なコーディングズもパジャマをオンライン販売してくれます。もちろん、ツイードではなくコットン・ポプリン製です。75ポンド。

http://store.turnbullandasser.co.uk/
パジャマは195ポンド。ポンド安とはいえ、おいそれと手が出せません。

http://www.hilditchandkey.co.uk/
どういうわけだかこのお店の製品は一度も購入したことがありません。ハーヴィー&ハドソンとターンブル&アッサーの中間くらいという微妙な価格帯のせいでしょうか・・。パジャマは125ポンドでした。

http://www.harvieandhudson.com/
ナイトウェアで有名なデレク&ローズの製品と自社ネームの製品(ガウンなど)が売られています。セール期になるとどちらも値下げし、セール期が終わると同じ品が定価に戻るようです。

ここの自社ネームのシルクガウン(紺に赤ドットの)がすこぶる魅力的なのですが、いくらなんでも狭い我が家で着る気にはなれず、何かの間違いでペチカ付きの豪邸でも相続しない限り憧れのまま終わりそうです。

http://www.newandlingwood.com/
ニュー&リングウッド。パジャマは155ポンドくらいとかなり高価です。895ポンドのカシミアのガウンもなかなか圧巻です。

http://www.jamesmeade.com/
私はここのお店を利用したことがないのですが、ナイトウェアのコーナーはなかなか魅力的です。60~70ポンド程度。

http://www.josephturner.co.uk/JosephTurnerSite/pages/home/default.asp
このお店も一度も利用したことがありません。パジャマは75ポンドで、ナイトシャツやスリッパも揃っています。

http://www.derek-rose.com/
有名なデレク&ローズ社のサイトです。自社ネームだけでなく、OEMでも製品を提供しているようなので、上記のお店のパジャマにもここの製品があるのではないでしょうか。



さて、スウェットのいいところは、そのまま近所の自販機くらいまでなら外出可能なところ。パジャマのいいところは、視覚的にも着心地としても、平和な気分になるところではないでしょうか。

私はもう夜中に自販機へ向かうこともない(自販機にはレモンバームもブルーマロゥも売っていない)ため、スウェットは必要なくなりそうです。またひとつ、若さを失ったのかもしれません。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

カテゴリ

検索フォーム

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
195位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
服飾
3位
サブジャンルランキングを見る>>