FC2ブログ

シューツリーと適正価格

かつては、廉価なシューツリーというのは、ポンポンあんまのようなバネ式のものか、踵部分が非常に細い作りになっているもののいずれかというのが一般的でした。
 
しかし、最近は実売価格2千円台で、ツインチューブ、しっかりとした踵に真鍮の持ち手が付いているものがあるようです。中日ドラゴンズが優勝やCS出場した際のセール限定品かと思っていたら、ネットの世界では日常的に売られているようです。
 
試しに買ってみたところ、細かい部分の仕上げは粗いのですが実用性は十分備えており、これまでに購入した5千円台~7千円台のものとそんなに遜色がないのです。
 
 

 
踵がかなり大きいので、クロケット製ポールセン・スコーンをはじめ一部の靴には合いませんでしたが、ゴルフのように踵が大き目の靴には良さそうです。もちろん純正には及びませんが、価格が4分の一以下であることを考えると脅威的です。
 
さすれば、手持ちの廉価版シューツリーを一気にこのツリーに替えてしまいたくなるのですが、ここまでコストパフォーマンスがいいと、なんだか色々なことが心配(品質以外の面で)になってしまい、かえって手が出し辛くなってしまう部分もあります。
 
「モノには適正な価格がある。」と夜回り先生も仰っていますが、シダーウッドのツインチューブ式シューツリーの適正価格はいくら位なのでしょう?
 
あれこれ考え込んでしまい、結局ポンポンあんま式シューツリーとの付き合いはもうしばらく続きそうなのでありました。
 
 
 
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメント(2)
No title
カッタウェイ様

私は、ポンポンあんま式や、踵部分が非常に細い作りになっているバネ式から、この手のツリーに全て乗り換えたクチなんです。
前者のバネ式は、常に靴に納められているという前提からしますと、長い間にテンションが甲にかかり、甲を内部から押し広げてしまうのが気になったからです。一方、後者のそれは、サイズを間違うと、踵のトップ・ラインが妙に伸びきってしまうようなところがあるためでした。お求めになった物は確かにヒールが大きいですが、廉価版でもっと小さな形をしたもの、コルドヌリ・アングレーズのFA85と同じようなもの(つまみは異なる)が入手可能です。

monolith6

2012/11/06 16:47 URL 編集返信
No title
monolith6様、こんばんは。本当に、気づくのが遅いというか、今頃になってようやくシューツリー選びの大切さを思い知らされた感があります。私も遠からず、全て乗り換えることになりそうです。
確かに、この商品以外にも近い価格帯でいくつか選択の余地がありますね。色々試して楽しみながら入れ替えていこうと思います。ポンポンあんま式は家庭の護身具として使えそうです。

カッタウェイ

2012/11/06 19:26 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

カテゴリ

検索フォーム

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
195位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
服飾
3位
サブジャンルランキングを見る>>