FC2ブログ

ときめきがちなコレクターと「こんまり流」片付け

コレクター不倶戴天の敵、断捨離。
 
なんとなく捨ててしまったブツに十数年後「ときめいて」しまい、再びそのブツに巡り合うまで、大変な時間と労力をかけた経験のある方なら、その恐ろしさを忘れることはないと思います。
 
そんな私の断捨離アレルギーを、ほんの少しですが変化させる出来事がありました。
 
たまたま見ていたテレビ番組で「こんまり」さんという片付けコンサルタントの方が紹介されており、最初はコレクター特有の猛烈な拒絶反応に身を任せていたのですが・・・。
 
片付けを依頼した「有名人」というのが元WBCフライ級チャンピオンの内藤大助さんだったことから、若干の好奇心が湧き、そのままテレビを見ていると、何やら身につまされる光景が。
 
箱に入ったボクシング・マガジンの山。全く同じ山が、我が家の押入れに段ボール2箱分くらいあります。
 
内藤さんは「自分が載っているから捨てられない」と仰っていましたが、読者欄や懸賞当選者にも載ったことがない私はどうしたらいいのでしょう。でも、ボクシング・マガジンは世界チャンピオンのためでなく、ボクシング・ファンのための雑誌なのだからいいのです、多分・・。
 
片付けをめぐって内藤さんが奥さんに何やら文句を言っています。奥さんは取り合いません。これには「モノ」に対する男女間の溝のようなものを感じました。まるで自分の心の叫びを見ているようですが、私にはここまではっきり文句をいう度胸がありません。
 
それでも何やら仲直りして片付けは進み、最後に「ときめきのエッセンス」と称して、東洋と世界(WBC)のチャンピオン・ベルトが綺麗に飾られたとき、不覚にも「これも悪くないかも」と感じてしまいました。
 
断捨離断固反対派の私ですが、自分がコレクションした釣り具やらスニーカーは天袋へ投げ込まれたまま。スニーカーは紫外線に当てないために布袋に入れてあるため、天袋を開けても袋しか見えずときめきません。
 
大切に保管してあるというよりは、手放すとまた欲しくなるので予防薬代わりに仕舞い込んでいるといえなく・・もありません。
 
そうはいっても、ときめかずに捨てることができるブツは恐らくほとんどなく、仕分けを始めれば、手にした瞬間に忘れかけていた愛がよみがえってしまうのは間違いありませんが、大切なものを大切に扱うためにモノを片付ける、という姿勢には、ほんの少しですが、コレクターとしても歩み寄る余地があるような気がしました。
 
テレビで紹介された「こんまり」さんの言葉のうち、少しばかり心に残ったのは「モノは自分の分身です。 でも、モノがなくなっても、思い出や記憶は永遠に残るのです。 」という箇所です。
 
なるほどなぁ、と思う反面、思い出・思い入れのあるモノを手に取ったときのあの何とも言えない暖かくなるような懐かしさを思うと、全面降伏はまだできそうにありません。
 
「ときめく」モノが人並み外れて多いのが、コレクターがコレクターと呼ばれる所以なのでしょう。自分のことながら、本当に困った性分です。でも、懐かしいモノを手にしてときめかなくなってしまったら、それはもう半分私ではないような気がします。
スポンサーサイト



コメント

コメント(4)
No title
↑最後の一文、、、これを恐れてモノを買い続け、、溜めまくってる自分がいます、、、笑
今でもタミヤのセリカLBターボを箱から出して、両手で持つと、、、アルミシャーシの冷たさ、樹脂ボディの独特の香り、、、何とも言えない喜びを味わえます、、、

baja9631

2013/02/01 23:42 URL 編集返信
No title
この人の本、いつも本屋に行くと目立つところに山積みになっていて気になるのですが、手に取る勇気がありません。片づけなければいけなくなる気がして。
私はコレクターではありませんが、やはり捨てるに捨てられないものは数多くありますね。今度勇気を出して立ち読みしてみます。買わないと思いますが。

chargeup2003

2013/02/02 09:28 URL 編集返信
No title
bajaさんのようにディスプレイして楽しむ方策を考えねば、と思いました。セリカLBターボはカッコいいですね・・。ラジコンではないですが、子供会のクリスマス会で近所の子供が貰っていたのを思い出します。

カッタウェイ

2013/02/02 16:39 URL 編集返信
No title
chargeupさん、コレクターの私が感化されそうになったので、かなり影響力のある本に違いないと思っています。本屋に行ったら迂回しなければなりません。捨てるに捨てられないものを捨てた方で、後から後悔した方も少なからずいそうな気がするのですが、やはり喜びの声が圧倒的なのでしょうか。

カッタウェイ

2013/02/02 16:44 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

カテゴリ

検索フォーム

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
400位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
服飾
5位
サブジャンルランキングを見る>>