FC2ブログ

覆水を、盆に返せる修理屋さん

私の手持ちの靴の中で、これまで迷惑ばかりかけてきたとても不憫な靴があります。私は今日から心を入れ替えて、この靴を慈しんでいきたいと思うのです。
 
 
私はこの靴を昔「左のワンポイント」と称して脇役扱いし、しまいには「タンがあると見栄えがいけねぇ」などと言ってタンを切断させるというむごたらしいことをしてしまったのです。
 
その結果、確かに見栄えはグンとよくなりましたが、肝心の履き心地が致命的に悪化してしまったのです。
 
後悔先に立たず。覆水盆に返らずであります。
 
すると、この痛ましいギリーシューズが、太宰治の「お伽草子(舌切雀)」に出てくるお照さんのように、気の毒で仕方なくなってしまったのです。
 
「シタキリスズメ オヤドハドコダ・・」
 
舌を切らせたのは私なのですから、おじいさんとは立場が違いますが、遂に、なんとかしてこのギリーシューズを復活させねばならないと決意するに至りました。
 
恥を忍んで、切断をお願いしたのと同じ修理屋さんへ再取付けを依頼したのです。
 
この靴、オリジナルの状態ではタンのライニングはアッパーのライニングと一体になっていましたが、再取り付けにあたってはそうはいきません。
 
タン部分のライニングを貼り換えるとこのことなので、できるだけ見栄えを悪化させずに、かつ十分な強度を確保できるように縫い付けて欲しいとお願いしたのですが、さて出来栄えは・・・。
 
 

 
 
 
見事です。
 
 
ほとんど完璧に元のステッチを拾っているようです。途中から糸が太くなっているからタンを縫い付けたことが判別できるものの、何も言われなければまず気付かないようなレベルです。
 

 
覆水を盆に返すような、卓越した技術を披露してくれたUWの技術者の方に感謝。
 
かくして、シタキリギリーは2年ぶりに復活し、ローテーションに組み込まれることとなったのであります。
 
もう左のワンポイントなどというスポット起用ではなく、フォークボールの神様、杉下茂並みに活躍してもらおうと思っています。
スポンサーサイト



コメント

コメント(4)
No title
私もたまに、勤務地の近くにある青山のユニオンワークスに
まいります。
青山店はイケメンの職人さんが多いのです!
(だからというわけではありませんが…)

七草

2013/07/15 21:01 URL 編集返信
No title
七草さん、お久しぶりです。ユニオンワークスに立ち寄れるとは羨ましい限りです。私は12年くらい前に渋谷のマンションにあったお店に一回行ったきりです。ユニオンワークスのブログを見ていると、確かに端整な方がよく登場していますね。

カッタウェイ

2013/07/15 21:30 URL 編集返信
No title
御無沙汰しています。いきなりですが、レイス・ステイ下端の靴紐は、クロスさせずにそのまま真上のアイレットに通すようにした方が良いのではないでしょうか。今の状態を繰り返すと、革が切れてしまいそうです。

monolith6

2013/09/13 16:45 URL 編集返信
No title
アドバイスありがとうございます。確かに仰るとおりですね。気にしたこともありませんでしたが、革がねじ上げられていて不憫です。
scotwebのギリーシューズ画像でもそのように結ばれていました。早速悔い改めることとします。ご助言、感謝します。

カッタウェイ

2013/09/13 18:09 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

カテゴリ

検索フォーム

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
480位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
服飾
5位
サブジャンルランキングを見る>>