FC2ブログ

パンツのホック。トラウザーズのフック

学ランの襟についているのはホック。飛行服のA-2についているのはホイッスル・フック。
 
フックもホックももともと同じもので、カタカナにしたときの表記の違いだけなのだと思うのですが、定着しているだけに入れ替えると違和感が出てきますね。
 
ググってみると同じような質問がちらほら。
 
ついでに「ンジャメナ」や「ンガリエマ滝」はしりとりで使えるのかどうかもググってみたら、既に同様の質問疑問がたくさんヒットしました。同じようなことを考える方、やはり結構居られるものですね・・。
 
この地名(と滝の名前)は、中学生のときに地理の授業中、ボ~ッと地図を眺めながら「ンで始まる地名はないのかな」と探してみたら簡単にこの二つが見つかったため、「いつかしりとりで使おう。」と誓ったものの、その機会に恵まれないまま数十年が経過してしまったものです。
 
ところで、このホックだかフックだかというパーツ、パンツ(トラウザーズ、ズボン、スラックス・・・)を履くときの最後を締めくくる、それなりに重要な資材であります。
 
私はパンツのオビには持ち出しを付けるのが好きでして、このとき、ファスナー上部を固定するパーツと持ち出し部分の先端を固定するパーツが必要となってくるのですが、ボタンやフックをどう組み合わせるか、実に色々なパターンがあって面白いのです。
 

 
コーディングズのコーデュロイパンツはフック+フックの組み合わせ。便利だし実用上は何の問題もないのですが、両方とも流動的な留め具なだけに、やや心もとない気もします。
 

 
内側がフック、外側がボタンというよくある組み合わせ。留めやすくてよろしいのですが、私は持ち出し部分からボタンが見えるのが好きではないので、今は選ばないようになりました。
 

 
内側も外側もボタン、という組み合わせです。これは金属パーツをできるだけ使いたくないというフィッターの好みが反映されたパターンです。丸で囲まれているボタンは内向きに取り付けられており、オビの下に仕込まれている隠しボタンホール(改造学生服のニンジャポケットみたい)で留められるようになっています。
 
この隠しボタンはやや留めにくいのです。位置的な問題のほか、ボタンホールに芯が入っていないせいもあると思います。当初はこのボタンホールは裏まで貫通していなかったのですが、留めにくい上に強度も低そうだったので、お願いして貫通式に直していただきました。
   

 
現時点で一番気に入っている仕様がこれです。隠しボタンホールの位置が自然で、芯も入っているので安定感があります。フックも先端を折り曲げて固定するタイプでなく、やや厚みがあるものを手で縫い付けるタイプのものです。
 

 
これがそのフックです。画像では切れてしまっておりますが、左側の銀色のタイプは3ピースになっています(メガネレンチみたいなバーを固定するホチキスの芯のようなパーツがあります)。
 
右側のフックとバーが、キャバルリーツイルのパンツに取り付けたものの同タイプ(色違い)です。
 
どうでもいいような小さなパーツなのですが、ヘビーオンスの生地にはこのような重厚なフックのほうがバランスがいいような気がして取り寄せている次第です。
 
ちなみにフックの右側にあるのは、ダックトップ仕様にしたときに使ってもらおうと思い取り寄せたエラスティック。今のところダックトップ仕様のパンツを作ってもらう予定はないので、パジャマのゴムにでもしようかと思っています。
 
下はドイツのOPTI社のジッパー。私はOPTIと聞くと、何となく西ドイツ軍のグレーっぽい飛行服を思い出します(OPTIのジッパーだったかどうかは忘却の彼方)。
 
下側のタイプは、持ち手の下に突起と穴が設けられており、畳んだ持ち手を固定できるようになっています。金属製なだけに滑りは重たいのですが、なかなか重厚で趣きがあります。
 
ただ、仕立て職人の方には使ってもらえませんでした。サイズ上の問題なのかもしれませんし、ジッパーを曲げてクセを付けなければならないようですので、面倒だったのかもしれません。
 
そういえばライニングカンパニーで扱っているYKKのトラウザーズ用ジッパーは、わざわざ「YKK Curved Trouser Zips」と銘うたれておりますので、最初からクセが付けられている仕様なのでしょう。
 
副資材の世界も当然のことながら大変奥が深いようで、ジッパー選びは素人が適当に首を突っ込んではならない領域だったのかもしれません。
スポンサーサイト



コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

カテゴリ

検索フォーム

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
400位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
服飾
5位
サブジャンルランキングを見る>>