FC2ブログ

学研の「科学」以来のカブトエビ飼育

惜しくも数年前に休刊になった学研の「科学」と「学習」。私の通っていた学校では、校内での販売を許可されており、販売日には胸が高まったものでした。
 
チックンタックンをはじめとする漫画群も魅力的でしたが、なんといっても付録が素晴らしかったのです。
 
わけても、「カブトエビの飼育セット」と「アリの巣観察セット」には心惹かれました。
 
前者は双眼鏡のような形状の水槽に黒い紙を貼り、アリを飼育しているといつしか巣を作り始めるので、黒い紙を剥がすと巣の中が丸見えになるというもの。
 
後者は水槽にカブトエビの卵が付いており、水を入れて数日放置すると、いつの間にかカブトエビが孵化して泳いでいるというカップヌードル並みにお手軽な飼育セット。
 
いずれ劣らぬ思い出の名品ですが、休刊となった今、二度と目にすることはありますまい・・と思っていたら、なんとホームセンターにどちらも類似品が売られているではありませんか。
 
早速、カブトエビのほうを購入。カルキ抜きした水を入れ、「カブトエビの栄養」なるものを入れ(学研版にこんなものあったかな?)、3時間後に「カブトエビの卵」を入れて準備完了です。
 

 
この、ラーメンのスープの素のように見える「カブトエビの卵」が、いつの間にか生命体になって泳いでいる、というのがこのセットの痛快なところです。
 
まるで創造主になったような、少なくとも「停滞空間」の「最後の質問」に出てくるマルチヴァクになったような気分が少し味わえます。
 
「光あれ」
 
すると、光があった。
 
「生き物が水の中に群がれ」
 
・・・明日の朝、水の中にカブトエビは群がっているでしょうか?
 
「赤と黒」と「男の服装術」については、また後ほど。
スポンサーサイト



コメント

コメント(4)
No title
私が学習・科学取ってたときもカブトエビセットありました、、。
しかし元来、、虫が好きかと言われると、、そうでも無い私は、結局卵の袋を開ける事ができませんでした、、、、汗

baja9631

2013/08/12 23:01 URL 編集返信
No title
bajaさんも購読されていましたか。しかもカブトエビセットもお買い求めに。

え、bajaさんはあまり虫好きではない・・カブトエビの卵を開けず仕舞い・・それを発掘して水をかければ、意外と孵化したりして・・。

カッタウェイ

2013/08/12 23:57 URL 編集返信
No title
科学と学習ですか!懐かしいですね~

僕は科学は大好きでしたけど、学習は好きではなかったです(笑)

カブトエビセットがとても気になります。昔シーモンキーってのを親に買ってもらった記憶がありますが、あれとは違うんでしょうか?

husky59

2013/08/13 17:59 URL 編集返信
No title
husky59さん、シーモンキーも話題になりましたよね。カブトエビとはある程度仲間らしいのですが、別の生き物だということです。

早速孵化してチロチロ動いているのを見ると、やっぱりかわいいです。

カッタウェイ

2013/08/13 19:39 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

カテゴリ

検索フォーム

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
400位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
服飾
5位
サブジャンルランキングを見る>>