FC2ブログ

いつか、花挿すその日のために

フラワーループをご存じですか?
 
ジャケットのフラワーホール(よく弁護士がバッジを挿している穴)から花を挿したとき、グラグラしないよう茎を固定するために、下襟の裏側に取り付けられる「糸」のことです。
 

 
フラワーループが付いていたからといって、着心地がよくなるわけでも襟のロールが美しくなるわけでもないのですが、ちょっとしたハンドメイドの付加価値として認知されているように思います。
 
私もいつか花挿すその日のために、できればすべてのジャケットにフラワーループを装備しておきたいのですが、既製服には滅多についていないですし、注文服でも、私がお願いしているお店では、フルハンドの仕様以外では受けてもらえません。
 
高いアップチャージを支払えば別かもしれませんが、もとより服そのものの価値とは無関係な、「茎留めの糸」に過ぎません。ただ、手縫いで作るから時間がかかり、その分高くつくだけなのです。
 
手縫いで・・時間がかかる・・ん?
 
よく考えたら、私にだって手はあります。ひょっとしたら、そんなに有難がる代物ではなく、時間さえかければ私にだってできるのでは・・。
 
失敗したって、茎が動かなければいいのです。ステッチが雑で見栄えが悪かったとしても、胸倉をつかまれでもしない限り、絶対に他人には見えないのですし。
 
いきなりジャケットで試すわけにもいきませんので(小学四年生頃、家庭科で「1(もちろん五段階の最下位の1です。」を取ったことがあるのです。課題になっているスモックをいまだに提出していないせいでしょうか。)押入れにあったハギレで実験することにしました。
 
糸は福助の絹糸。二回ほどループの芯となる糸を渡して、あとはその糸に巻き付けるようにボタンホール・ステッチをかけていくだけのようです。
 

 
完成です。こんなに湾曲させる必要はありませんが、参考書がフラワーループではなくスカートのボタン留めだったためこのような形状になってしまいました。
 
フラットにすれば茎を留める分には支障はなさそうです。そのうち紺の絹糸を買ってきて、まずは退役寸前のブレザーあたりにフラワーループを取り付けてみようと思います。
 
ただ、全てのジャケットにフラワーループを取り付けたところで、この先、自作のフラワーループに花の茎を通す機会はまずなさそうです。
 
あるとしたら娘の結婚式くらいでしょうか。それならレンタル衣装のモーニングコートに、目にもとまらぬ早業でフラワーループを取り付けられるように、今から精進しなければなりません。
スポンサーサイト



コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

カテゴリ

検索フォーム

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
400位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
服飾
5位
サブジャンルランキングを見る>>