FC2ブログ

コレクターに先立たれたコレクションの行く末

ある古書マニアから聞いた話ですが、「ときどき、大変な希少本が同じ書店で一気に売り出されることがある」そうです。
 
それは、とりもなおさず、ある偉大なコレクターの死と、その価値を知らぬ相続者等による一括処分依頼(投げ売り)を意味するのだとか。
 
もとより、コレクションなどというものは、コレクターの人生に少しばかりのスパイスを加えるために存在するようなものなので、コレクター本人がいなくなった時点で存在意義を失った(全うした)も同然ともいえるのですが、コレクター本人がそのコレクションの行く末を見つめていた(あの世から)としたら、投げ売り、叩き売り、断捨離、という迫害を受ける姿に涙するに違いありません。
 
そうすると、やはり、コレクションというものは、コレクターが存命のうちに承継するに相応しい人物を見つけておくか、納得価格で売り払ってしまうか、そうでなければコレクター本人が消費してしまうのがよさそうです。
 
三平くんのように(彼はコレクションではなく釣りをやめようとしたのですが)全部火にくべてしまうのも、けじめの儀式としては面白そうですが、今の世の中、分別もせずにその辺で焼き払うことはできそうにありません。
 
それなら自分はどうしようか、と考えてみたのですが、
 
1)消費できるものは消費する。
 
2)消費できないものは、売却見込み額とオークションの説明文を添えて、子供に遺す。
 
3)消費することも売ることもできそうにないものは、焼き払いたい気持ちをぐっと抑えて、分別して捨てる。
アブトル・ダムラル・オムニス・ノムニス・ベル・エス・ホリマク ・・・我とともに来たり、我とともに滅ぶべし(三つ目がとおる)」
 
というのがよさそうです。もちろん、理想は1)です。
 
例えば、モントリオールⅢや赤いコルテッツを履いて、マグサーボにPCBあるいはバンタム100EXに秘宝バスワン、を片手に、吸い込みでギンブナを釣るのを、初老のライフプランの一つに加えるのも面白そうではないでしょうか。
 

 
近所にナマズでもいれば、後ろにあるシマノ・ハンマーあたりを投げてみるのも面白そうですが、年を取れば「投げては巻き、投げては巻き」のルアー釣りは体力的にもたなくなってくるかもしれませんし、やはり「釣りはフナにはじまりフナに終わる」との言葉どおり、いつかフナ釣りに戻りたいという気持ちもあるのです。
 
そういえばこの格言、最初のフナはギンブナ(マブナ)、後者はヘラブナを指している、と聞いたこともありますが、懐古主義者の私の場合は、例えヘラブナ釣りを覚えたとしても、最後はあの懐かしい「置き竿によるフナの吸い込み釣り」に戻らないではいられないと思います。
 
ピンと張られたボビン巻きの糸を見つめながら、じっとアタリを待っていると、ガリガリガリッとミリオネア(4HM)が引きずられ、鈴がチリンチリンと鳴る・・・。
 
ルアー用に買ったミリオネアをフナ中心に使う(ブラックバスなど近所にいなかった)ことへの後ろめたさを感じながら、「大鯉」をこねまわしたあの日々をもう一度味わうのです。
 
マグサーボでなくSM(スーパーミリオネア)20あたりを使えば、子供時代のミリオネアが年を取ったらスーパーになった、というオチがついて面白いかもしれません。
 
アシックス・タイガーのデッドストックと置き傷だらけのファントムが一気にオークションに流れたら、私が生き終わったと思ってください。予定(希望)では、恐らく2063年以降になるはずです。
スポンサーサイト



コメント

コメント(4)
No title
おっしゃるとおりです!

私もわりかしレアな音源、
某有名ミュージシャンから貰ってしまったデモ音源(ライブで1度演奏されただけ!)、
みたいなのが多数あるので、まとめて処分されたら寂しいですねー。


人生のスパイスに激しく共感します!

ein01

2013/12/09 00:53 URL 編集返信
No title
そうなのです。一山いくらで投げ売りされたらちょっとショックですよね(成仏できないかも)。

金額はともかく、価値観を共有できるオーナーのところへ旅立って欲しいものです。

カッタウェイ

2013/12/09 18:56 URL 編集返信
No title
こんばんは。

人生のスパイス・・・奇面組を思い出すフレーズですね。
全員がスパイスだと食べられたものではありませんが、変化をつけるためには必要でしょう。

私的な欲求からすれば叩き売り万歳!なのですが、歴史的な遺産がそうやって闇に消えていったことを思えば悲しいことですね。

I.S.

2013/12/13 23:48 URL 編集返信
No title
ハイスクール奇面組、懐かしい響きです。

叩き売りで新しいオーナーとの出会いが生まれることを思えば、悪いことばかりではないのかもしれませんね。
そういえばオーダーメイドの服飾品だけは、「自分にとっては最良品でも他人とっては体に合い難い難あり品」になりがちなので、承継が難しそうです。体型が近い知り合いに譲って仕立てなおし、が王道なのでしょうけれど、なかなか・・。

カッタウェイ

2013/12/14 11:26 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

カテゴリ

検索フォーム

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
400位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
服飾
5位
サブジャンルランキングを見る>>