FC2ブログ

カブトムシは一年中存在している

今日は、飼育しているカブトムシの幼虫の土の入れ替えと、冬物の洋服のブラッシングをしました。
 
逆の言い方をすれば、それ以外はほとんど何もしていません。
 
あと、夕食を食べに家族と出かけたら、花見関係と思われる人々で大渋滞していたため断念して、コンビニでパスタやおにぎりを買って帰りました。
 
私は渋滞は大の苦手です。ウルトラ警備隊のポインターのように空中浮遊して脱出するか、マッハ号のように障害物(ゾウ)をジャンプで避けながら前進できればいいのにと思わずにはいられません。
 
 
 
【カブトムシについて】
子供の頃、カブトムシの飼育はしょっちゅうやりましたが、幼虫を長期間飼育したことはありませんでした。
 
思えば、カブトムシは一生の8割くらいは幼虫として過ごすのだから、この姿こそカブトムシの標準形態といえなくもありません。
 

 
カブトムシは夏になるとどこからともなく現れて、秋になると恐竜のように絶滅するイメージでしたが、当然のことながら一年中どこかで(土の中ですが)生息しているのだということが実感できたこの冬でありました。
 
  
【ブラシ掛けについて】
ようやく本格的に暖かくなってきたので、低体温人間の私も冬服を着なくなりました。
 
衣替えの前に、風にあてながらひたすらブラシをかけます。パンツは、裏返してシームに付着したホコリを落とすのですが、これがなかなか大変でして、結局1着だけでギブアップしました。
 

 
 
本当はこんなことばかりでなく、釣りに行きたいです。思えば生まれて初めてブラックバスを釣ったのも3月後半のこんなうららかな日でした。
 
ミリオネア4HMとアブのアトム。釣り場(名古屋の猫ケ洞池)で大はしゃぎして、釣り場で出会った中学生に「こいつに釣らせたのが間違いだ」と言われたものでした。
 
ビギナーズ・ラックはその後の趣味人生を大きく左右します。私のビギナーズ・ラックが競馬やパチンコで炸裂しなくて幸いでした。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

カテゴリ

検索フォーム

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
195位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
服飾
3位
サブジャンルランキングを見る>>