FC2ブログ

華麗なるフォックスのホワイト・フランネル(トラウザーズ完成編)

昨年の6月に個人輸入したフォックス社のホワイト・フランネルが、ようやくトラウザーズ(パンツ)となって戻ってきました。
 
ただし、オビのフックの取り付け方やサイドアジャスターの形状にミスがあり、着用後(秋)に修正してもらうこととなってしまいました。
 
なかなか、一回で伝言ゲームを成功させることは難しいです。
 

 
真後ろです。今回はフタ付きにしてみました。できれば、リーバイスのステッチのようなもう少し曲線が強い(M-422Aのフラップのような)フタにしたかったのですが、イラストを描いたものの縫製工場で無視されてしまった模様です。
 
サスペンダー釦は、いつも内側に付けてもらうのですが、今回は後ろだけ外付けにしてみました。
 
※このサスペンダー釦は、以前に昇天したケント&カーウェンの遺品にサンドペーパーをかけたリサイクル品です。こんまりさん、予備のボタンもたまには役に立つのです。
 

 
サイドからです。オビの持ち出し部分には、手でかがって取り付けるタイプのフックを2個付けていただくよう要望したのですが、先っちょ折り曲げ方式と同様に埋め込まれてしまいました(秋に摘出・縫合予定)。
 
サイドアジャスターの形状、長さが要望と異なっていたので、これも直していただく予定です。前は短く、後ろは長くというのが、外見も実用上もベストだと私は勝手に信じています。
 

 
フォックスの織りネーム。私は生地を1.5mしか買わなかったので織りネームは付いてきませんでしたが、友人がコート用に生地を取り寄せたところ、色違いで2種類の織りネームが付いていたため、お願いして1枚頂戴したものです。
 
ここの織りネームは、キツネが鎮座していて、なかなか可愛らしいです。
 

 
透け対策・汗染み対策として、裾までグルリと裏地をめぐらせています。これまでにも膝裏まで、あるいは足首上まで、裏地を一周させたことはありますが、裾まで完全に裏地を貼ったことは初めてです。
 
生地のミミにはネームが入れられておらず、501XXのように赤耳が付いておりました。
 
肝心の履き心地ですが、仮縫いを入れただけあって(最初は白いからやらない予定だった)、大変良好です。
 
真っ白だとかなり目立ちそうですが、フォックスがいうところのクリケット・ホワイト(エクリュとでもいうのでしょうか・・早い話が、生成りです。)ですので、それほどコスプレっぽくはならないで済みそうです。
 
ホワイト・フランネルのトラウザーズが欲しいと言い出してから5年以上、生地を見つけてから1年近く経って、ようやく現物を手にすることができました。
 
どれほど汚れやすく、どれほど厄介な素材であるか、これからゆっくり検証したいと思います。
 
同行者には「カレーうどんは食べられないね」と言われましたが、私はカレーはうどんやナンにかけるものではなく、誰が何といおうとご飯にかけるものだと信じているので、カレーがかかることだけはなさそうです。
 
 
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメント(2)
No title
おろしたてのグリーンのカットソーでカレーうどんを食べ、早速汚してしまった私を許して下さい。私はそういう訳で白はなるべく着ないようにしているのですが、
「今年の春は白が大流行」
とファッション雑誌に書いてあるので心配です。

chargeup2003

2014/04/06 20:27 URL 編集返信
No title
chargeupさん、カレーうどんは本当にハネやすいですよね。おろしたてだとショックは大きそうです。今年の春は白が大流行・・誰がどこで流行を決めているのか分かりませんが、カレーうどん屋さんの客足が鈍らないかと余計な心配をしてしまいます。

カッタウェイ

2014/04/06 20:31 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

カテゴリ

検索フォーム

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
195位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
服飾
3位
サブジャンルランキングを見る>>