FC2ブログ

コンウェイ・スチュワートの小さな万年筆、DINKIE

八重樫選手、見せてくれました。素晴らしい試合を見せてくださったことを感謝しつつ、早くダメージが癒えることを祈っています。
 
さて、今日は荷物が届いていただのですが、ずっとボクシングを見ていたため、開封が遅れてしまいました。
 
届いたのはこのコンウェイ・スチュワート社の万年筆です。なんでも1950年代の製品なのだとか。
 
 

 
 
私は先月末から万年筆を持ち始めたばかりの、初心者中の初心者なのですが、恐れ多くもビンテージ品に手を出してしまいました。
 
この綺麗なブルーとレバーフィラーの組み合わせに魅せられてしまったのです。
 
それにしてもいざ現物を手にすると、あまりに小さく、華奢で、また経年変化もあるでしょうから、壊してしまわないかとドキドキします。
 
どのくらい小さいかというと・・。
 
 

 
 
このくらいです(分からんわ!)。
 
DINKIEが一番釣れそうに見えてしまう私は、やはり永遠の初心者に違いありません。
 
そういえば、ペンシル・ペンシルっていうルアー、ありましたね。
スポンサーサイト



コメント

コメント(2)
No title
カッタウェイ 様。

お久しぶりです。
とてもブルーのカラーリングが美しい万年筆ですね。
1950年代のモノとは思えないくらい状態もキレイですね。
サイズ感…へドンルアーとの比較画像は非常に分かりやすいです(笑)

私、筆記用具に関しては 1980年代のゼブラうるしシャーボを中学三年生から40才を過ぎた現在でも使用しております。

ペンシルペンシル…懐かしいですね。
指の形をしたペンシルベイトのUB(指)というペンシルベイトもありましたよね。マニキュアを塗ったバージョンと塗っていないバージョンがありましたが、私が昔買ったのはマニキュアバージョンです。

Sonny

2014/09/07 21:19 URL 編集返信
No title
Sonny様、お久しぶりです。この万年筆、まだ使えるかどうか不安でしたが、どうやらインクも吸い込んでくれたようで、ためし書きでドラえもんを書くことができました。

シャーボって昔懐かしい名前だと思っていたら、今でも販売されていることを最近文具店で知りました。80年代当時から同じペンを使い続けていらっしゃるのは尊敬+羨ましいです。

指ペンシル、そういえば目にしたことがあるような・・。当時はドッグXやらサミーやらに夢中になっていたのでスルーしておりましたが、今思うと、魚影豊かだったあの頃に、もっと遊び心のあるルアーを投げておけばよかったです。

カッタウェイ

2014/09/07 22:01 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

カテゴリ

検索フォーム

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
400位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
服飾
5位
サブジャンルランキングを見る>>