FC2ブログ

今のまま、あの頃に戻りたくなる歌(ELOのチケット・トゥ・ザ・ムーン)

若い頃は大好きだったのに、年齢を重ねると魅力を感じなくなる曲は少なくありません。
 
反対に、当時は何とも思わなかった曲が、この年になって聴くと涙を誘うことも少なからずあります。
 
学生時代から好きだったELO(エレクトリック・ライト・オーケストラ)の後期のアルバム「タイム」に収録されていた「チケット・トゥ・ザ・ムーン」が私にとってのそんな曲の一つです。
 
特に泣けるのは、歌詞です。
 
YAHOOブログが歌詞の転載OKになったとのことなので、恐る恐る・・・。洋楽の対訳もOKなのでしょうか?
 
ELOのアルバム「タイム」より「チケット・トゥ・ザ・ムーン」(対訳:竹内邦愛)
 
「古き良き80年代を思い出してごらん
 今ほど物事が複雑じゃなかった頃を
 もう一度あそこに戻りたい
 きっとすべてがあのままだろう」
 
私がこの歌詞を初めて目にしたのは、発売(81年)よりずっと後の87年頃でしたが、「何を言ってるんだろう?」という感じでした。
 
「80年代も十分に複雑だよ」と。
 
しかし。時は流れまくって2014年ともなると、この言葉は重くのしかかるのです。
 
世の中が進化して複雑になって、悪いことばかり起こったわけではありません。むしろ良いことのほうが多いかもしれません。
 
それでも、なんだかこの歌詞が胸を締め付けてくるのは、80年代が私にとって最も長い(主観的に)10年間であったためかもしれません。
 
90年代はそれなりに長く変化に富み充実しておりましたが、2000年代は今でも「え、終わったの?」という感じですし、いわんや2010年代に至っては「いつの間に半分過ぎとるんじゃい!」と叫びだしたくなります。
 
そうして、心はあの懐かしい80年代にと飛んでしまうわけですが、当時の自分にそのまま戻りたいとは思いません。水も飲まずに炎天下でサーキット・トレーニングをやらされるのはごめんです。
 
今持っているもの(物だけでなく家族とか色々)を手放さずに、あの時代に戻れるなら、戻ってみたい。
 
この曲を聞くと、そんな自分勝手な望みが湧きあがってきますが、戻ったらやはり2014年が良かったと思うに相違ありません。
 
それとも、懐古趣味が炸裂して、今度は60年代に戻りたくなるでしょうか?(生まれていないけれど)
 
 
【80年代と比べて良くなったと思う点】
1)タバコの害が少なくなったこと
※もと喫煙者のくせに、最近では歩きたばこの人とすれ違うだけでイラッとしてしまいます。寛容さが低下しているようです。
 
2)学校の治外法権ぶりが改善されているらしいこと
弊害も出ているようですが、当時の学校の荒れっぷりを思うと基本的には良いことだと思います。
 
3)探し物が容易に見つかること。
自動販売タイムマシン(ネットオークション等)のおかげです。
 
【80年代と比べて悪くなったと思う点】
今晩、寝ながら考えてみます。
 
 
スポンサーサイト



コメント

コメント(2)
No title
ホント、、素晴らしい歌詞ですね、、笑
自分ももう2000年代のことなど何も記憶がありません、、、その代わり80年代前半の知識だけが異様に増えてって、、実にアンバランスです、、、。

baja9631

2014/09/07 22:41 URL 編集返信
No title
baja師匠は分かってくださると思っておりました。

2000年代っていつ終わりましたっけ・・?始まるときは、Y2K問題とかで拘束されたので覚えているんですが、その後のことはもう・・。

私もネットのお蔭で80年代前半の「そうだったのか!」という知識が増えており、2010年代の知識がまるで頭に入ってきません。

カッタウェイ

2014/09/07 22:47 URL 編集返信
コメント投稿
非公開コメント

カテゴリ

検索フォーム

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
480位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
服飾
5位
サブジャンルランキングを見る>>